マンションの住み替えを損せず行うために必要な知識をご紹介

shutterstock_363364610

マンションの住み替えをする場合、現在保有しているマンションを1円でも高く売却し、今までよりも良いマンションに引っ越ししたいですよね?

マンションの住み替えを損せず行うためには、2つのポイントがあります。

  • ポイント1 1円でも高く売却する
  • ポイント2 購入を先に行うか、売却を先に行うかで、それぞれメリット、デメリットがある

上記2つのポイントを押さえつつ、皆さまがマンションの住み替えを損せず行うための知識をご紹介してきます。

 1、1円でも高く保有しているマンションを売却するためのノウハウ

 まず、マンションを売却するのであれば、不動産査定サイトを利用することをオススメします。

(1)不動産査定サイトをオススメする理由①

不動産査定サイトを利用せず、不動産業者を利用した場合、業者によって査定方法が異なってしまいます。査定方法が異なるということは、査定額が高い可能性もあれば、低い可能性もあるのです。一か八かで売却してしまうと損してしまう可能性があるため、いきなり不動産業者に査定してもらうことはせず、不動産査定サイトを利用するべきでしょう。

(2)不動産査定サイトをオススメする理由②

不動産査定サイトを利用せず、不動産業者を利用した場合には、担当者によっても査定額が異なってしまいます。担当者次第で変わってしまうというリスクを負わないためにも不動産査定サイトを利用するべきでしょう。

2、不動産査定サイトの最も効果的な利用方法とは?

不動産査定サイトを利用した場合、そのサイトの提携先が数社査定してくれます。

不動産査定サイトによって、提携先が異なるため、2社以上の不動産査定サイトを利用し、査定してもらうことで、最も高額で売却できる可能性が高まります。

3、どこの不動産査定サイトがおすすめなのか?

オススメの不動産査定サイトは、4社あります。

 マンション.navi

screenshot_2016_11_24

マンションの一括査定では、わずか45秒で簡単に査定が可能です。
全国の分譲マンションをほぼ網羅したマンション売却・買取・賃貸査定サイトのため、 安心して査定を申し込めます

マンション.naviのオススメ理由

  • マンション売却に強い!
  • 全国対応可能で、最大9社の査定が比較可能
  • 2,500店舗から厳選して紹介してもらえる
  • 全国の優良企業から査定会社を厳選してもらえる
  • わずか45秒で完結

公式サイト

 イエイ

不動産売却査定ならイエイ

不動産査定サイトでおすすめするののが、『イエイ』です。

誕生してから10年以上経過しており、日本でもっとも多い数から売却価格を徹底比較できる不動産査定サイトです。

イエイのオススメ理由

  • イエイは利用者が多く、300万人以上の利用実績!!
  • 全国対応可能で、最大6社の査定を即日取り寄せることが可能
  • 24時間無料相談を実施
  • 大手不動産会社が数多く参加しているので安心!
  • 提携先が約1,000社あるのであなたにピッタリの提携先をご紹介してくれます

公式サイト

 HOME4U

不動産査定ならHOME4u

次に不動産売却査定サイトでオススメなのが、『HOME4U』です。その豊富な売却価格や査定価格のデータを生かし、分析することが同社の強みです。

HOME4Uのオススメ理由

  • NTTデータが運営しているから安心!
  • HOME4Uは査定件数15万件以上
  • 24時間無料相談を実施
  • 約500社と提携している実績のあるサイト 

公式サイト

 オウチーノ

家を売る不動産売却査定はオウチーノ

次に不動産売却査定サイトでオススメなのが、『オウチーノ』です。オウチーノのオススメ理由

  • オウチーノは上場しており、査定件数多数あります。
  • 全国対応可能で、3社の査定をとることが可能
  • 約350社と提携している実績のある不動産売却サイトです。

公式サイト

4、スムーズな住み替えを行うためには、仲介業者の選定が大事!?

マンションの住み替えをする場合には、マンションの売却と購入のそれぞれを行わなければなりません。

このときに良い仲介業者を選ぶポイントをご紹介します!

(1)ポイント1 仲介業者には、得意分野がある!

仲介業務を行う際に、大きく分けると2つの分野があります。

①分野1 マンションの住み替え(買い替え)

②分野2 マンションの売却

売却のみを得意としている業者の場合、買い替えローンの情報や、不動産の売却損が出た場合の税務上の有利な方法を把握していない可能性があります。

そのため、仲介業者に、住み替え(買い替え)が得意かどうかをしっかり確認しておくべきでしょう。

あまり住み替えの件数をこなしたことがない業者は絶対に選ぶべきではないです。

(2)ポイント2 売却物件を多数取り扱っている仲介業者を選定すべき!

マンションの住み替えで最も難しいのが、マンションを売却することです。売却物件を多数取り扱っている仲介業者であれば、購入希望者からの問い合わせの数も多いことが予想できるため、マンション売却をスムーズに行うことができる可能性が高いといえるでしょう。

(3)ポイント3 仲介業者の担当者をチェックする!

担当者が、お客様に親身になって対応してくれるかどうかで、状況が変わってしまうと言えます。

良い担当者を見極めるためには、以下をチェックしてください。

  • お客様の話をしっかり聞き、理解した上で、アドバイスをしてくれているか
  • 住み替えのスケジュールをしっかり聞いてくれるか
  • 対応は丁寧で迅速か
  • 自己主張は強くないか

こちらの4つを確認してみてください。

5、購入と売却はどちらを先行させるのが理想!?

皆さまの状況によって、購入を先行させた方が場合と、売却を先行させた方がよい場合があります。それぞれのメリットとデメリットをご紹介し、どんな方に適した方法なのかをご紹介していきます。

(1)購入を先行させる場合のメリット・デメリット

①メリット

・先に購入する場合には、時間を気にせず物件を探すことができる

・購入し、引っ越してから、売却する流れとなるので、購入するまでの仮住まいを用意する必要がないため、無駄なコストが発生しない。

②デメリット

・住宅ローンを組んで、先行して購入した場合、二重のローンとなってします

・状況によっては、新しいマンションを購入するための住宅ローンが通りにくい

・融資を受けられず、住み替えができないこともある

・二重のローンとなるため、売却を急ぎ、安く買いたたかれる可能性がある

(2)売却を先行させる場合のメリット・デメリット

①メリット

・売却した後で、すでにいくら預金があるのかを正確に把握できるため、物件を購入した場合の将来のシミュレーションがしやすい

・焦って購入する必要がない

②デメリット

・すでに家を売却していることから、購入するまでの仮の住まいの費用が発生する

・借りの住まいへの引っ越し費用が発生する

(3)購入と売却が同時の場合のメリットデメリット

①メリット

・仮の住まいを契約する必要がないので無駄な費用は発生しない

②デメリット

・売却も購入も同時を意識しすぎると、焦ってしまい損する可能性もある

・売却購入の手続きをまとめて実施するため、体力的にきつい

6、購入を先行させた方がよい方はどんなタイプの人?

・すでに住宅ローンを完済している

・住宅ローンの残債を完済できる財産を保有している

・人気物件で、悩んでいたら、物件を購入できない状況

上記に該当している場合には、購入を先行させても問題はないでしょう。

7、売却を先行させた方がよい方はどんなタイプの人?

・1円でも高くマンションを売却したい

・将来の資金計画を明確にしておきたい

・二重のローンを負担した場合に、生活する余裕がない

上記に該当している場合には、売却を先行させた方がよいといえるでしょう。

まとめ

マンションの住み替えをご検討中の方が、この記事で損をせずに住み替え終了することができれば、幸いでございます。

マンションの査定をしてもらうなら、マンション査定専門の会社を利用すべき!

こんな方にオススメです!

  • 不動産を売却したい!
  • 地元の不動産会社は信用できない・・・
  • 実際の相続に備えて「どの会社で不動産を売却すると高額で売却できるか」を知っておきたい!
  • マンション売却を得意にしている会社に依頼したい!

【相続のプロが好んでお客様にオススメするマンション.naviのサービス】


相続情報ラボ | 相続専門の税理士が監修する税金お悩み解決サイトの購読はfacebookが便利です。




Twitter・RSSでも購読できます。

コメント