銀行預金を相続する際に絶対知っておくべき6つのポイント

銀行預金のお金を相続する場合、何が必要かご存知ですか?
何もしなくても、勝手にお金が自分の口座に振り込まれると思われてないですか?
銀行今回の記事では、下記の条件を前提に説明していきます。

《家族構成》

  • 子供

の2人家族

1、銀行預金の相続って何?

銀行 口座 残高

父が死亡し、子どもが財産を全て相続したとします。その際に、父名義の銀行預金を子供が相続することとなります。
この際に、いままで父名義だったものを、子供名義に変更しなければなりません。

 銀行預金の相続とは、銀行預金の名義を変更することです。

2、名義変更に必要なこととは?

名義変更するためには、父名義の銀行預金は解約し、子供の口座へ振り込む必要があります。父が預金していた銀行の支店の窓口で相談すれば、相続手続きを行ってくれます。
あらかじめ、銀行の支店に電話をし、要件を伝えてから銀行に行って手続きすべきでしょう。何も連絡することなく銀行の窓口にいってしまうと、対応が悪い場合があります。

名義変更の手続きは、銀行が戸籍謄本や印鑑証明書などを細かくにチェックするため、約1週間程度の時間がかかります。

3、名義変更手続きに必要な書類とは?

  • 被相続人の出生から死亡までの戸籍謄本
  • 相続人全員の戸籍謄本(発行から3か月以内のもの)
  • 相続人全員の印鑑証明書(発行から3か月以内のもの)
  • 被相続人の預金通帳キャッシュカード
  • 遺産分割協議書(不要なケースもある)
  • 預金名義変更依頼書(相続人全員の署名、実印が必要)

名義変更に必要な書類は、銀行によって多少異なる部分もありますので、支店に訪問する前に一度確認してから行くべきでしょう。

預金名義変更依頼書に、相続人全員が署名、実印が必要となります。
相続人が1人であれば、簡単に記載が終わりますが、相続人が複数いる場合で、かつ、遠くにお住まいの場合には、署名、実印を集めるのに時間がかかってしまうでしょう。

【注意点1】

相続人が複数いる場合には、自分の分(法定相続分)だけ先に、振り込んで欲しいという依頼もあるようですが、基本的に銀行では、法定相続分だけの解約には対応してくれませんので、ご注意ください。

 

【注意点2】

遺産分割協議がまとまらない場合には、銀行預金の相続ができないことがあります。遺産分割協議でモメるケースは実務上の多いので、モメた場合には、銀行預金の相続に時間がかかることは覚えておきましょう。

 

4、なんで遺産分割協議がまとまらないと銀行預金の相続が出来ないのか?

裁判

 銀行は、遺産分割協議がまとまるか、調停、審判で決着がつくまでは、銀行口座の相続はできません。

 その理由は、銀行が相続の争いに巻き込まれたくないからです。

【ポイント】

 遺産分割協議が終了するまで、自分の口座にお金は入ってこないと覚えておきましょう!

 相続人が1人であれば、モメる心配はなし。しかし、相続人が1人だと思っていても複数いる可能性もあるので、早めに誰が相続人なのかを確認しておくべきでしょう。

5、銀行預金の名義変更を代行してもらうにはどうすればよいのか?

手続きは時間がかかるし面倒だ!と考える方も多いかと思います。相続税の申告を税理士に依頼しているのであれば、銀行預金の名義変更手続きもセットで依頼するとよいでしょう。
相続専門の税理士事務所では、行政書士や、司法書士とチームを組んでワンセットサービスを行っているところも多いです。
そのため、相続税の申告を依頼する税理士に代行について聞いてみましょう。
また、銀行預金の名義変更以外にも、必要な手続き(戸籍収集、相続財産の調査、保険の手続き、遺産分割協議書作成など)が複数あるため、全てまとめて依頼する方が多いです。

6、銀行預金の名義変更はいつまでにやればよいのか?もし手続きしないとどうなるの?

(1)いつまでに名義変更が必要?

名義変更は、期限が決まっているわけではありません。遺産分割協議が終了しているのであれば、いつ行っても大丈夫です。
忘れる可能性があるので、早めに手続が必要にはなるでしょう。

(2)名義変更手続きをしないとどうなるの?

銀行預金の名義変更をせず、放置しても、預金がなくなることはありません。日本には、放置された預金が数百億円あるそうです。
ご自身でやろうとすると、面倒で後回しにしてしまい、しばらく期間が経つと忘れてしまいます。
お金を払ってでも、早めに専門家に依頼して名義変更しておくべきでしょう。

【ポイント】

いまのところ法律上は、何年放置してもなくなることは、ありません。放置していると心当たりがある方は確認すべきでしょう。

まとめ

銀行預金の相続は、戸籍の収集や、相続人全員の署名、押印が必要となるため手間がかかるでしょう。
手間がかかるため、放置した結果、日本には、数百億円の放置された預金があります。
忘れてしまうリスクもありますので、お金を払って、全ての手続きをやってもらった方がよいのではないでしょうか。

相続税や贈与税のことでお悩みですか?

その悩み相続の専門家に相談して解消しませんか?


全国どこでも対応可能!

創業90余年の信頼と実績をもとに経験豊富な税理士・司法書士が対応致します。


【 相 続 相 談 窓 口 】

freecall_tujihongou

電話をかける



-辻・本郷 全国相続申告センター-



相続情報ラボ | 相続専門の税理士が監修する税金お悩み解決サイトの購読はfacebookが便利です。




Twitter・RSSでも購読できます。

コメント

コメントはこちらから

*