一戸建て住宅の「土地」を選ぶ際は何に気をつければよい?土地選びのチェックポイント!

土地

一戸建て住宅は「土地」の資産価値があることが大きな魅力ですが、だからこそ土地選びは慎重に行わなければならないといえます。

では、土地選びのチェックポイントを見ていきましょう。 

1、地盤は強いかどうか?

東日本大震災、熊本地震などで、急速に注目されてきたのが「地震に耐えられるか」ということです。いくら建物がしっかりしていても、その基礎になる「地盤」が緩かったら論外です。

外形上、何の問題もなかったとしても、以前沼地であったなど水分の多い状態だった場合や、埋め立てによって造られた土地は元々の地盤が緩いことも十分考えられます。そのため現状だけでなく、その土地の沿革まで調べたうえで土地選びをしなくてはならないのです。

2、接道がしっかりしているか

建築基準法によって土地と道路の関係が決められています。「建築物の敷地は、幅員4m以上の道路に2m以上接しなければならない」という、いわゆる「接道義務」と呼ばれるものです。これを満たしていなければ思った通りの建物が建てられないというトラブルもありえますし、土地を売却する際もこのことが妨げになったり、土地の価値が大幅に下がったりすることもあります。

3、「用途地域」が何になっているか

用途地域とは、街並みの外観を整えたり、計画性を持った街づくりをしたりするために都市計画法で決められたルールのことです。

「このエリアは住宅しか作れない」、「工場しか作れない」などの決まりが存在するのです。ほとんど2階建ての一戸建てが並ぶような住宅地は「第一種低層住居専用地域」であることが多いです。

「第一種低層住居専用地域」のエリアは建築物の高さなども厳しく制限されていることから、周辺に景観や日当たりを損ねるような建物が建つリスクがないといえます。

4、将来的に周辺環境がどうなるか

現在の状態で問題がなくても、将来的に大きな道路が通る可能性や区画整理の予定があったり、日当たりを阻害するような建物が建ったりする可能性がある場所は避けた方が良いでしょう。特に都市計画については完成するまでに数年という期間を要するため、立ち退きを迫られる可能性もあるからです。もちろん、すべてを予測することは不可能ですが、計画が決定しているものについては市役所の都市計画課に問い合わせることで確認できます。

まとめ

土地を選ぶ基準としては、通勤通学などの立地面も気になるでしょうが、それ以上に土地の持つスペックがとても大切です。特に地盤が強いかどうかという点は命にも関わる問題になってきますから、補強の有無など不安な点は役所や業者にしっかりと確認しましょう。

『査定会社により500万円の違いも!』 税理士が選ぶ不動産査定注目サービス

こんなお悩みとニーズを簡単に解決!

 

  • 地元の不動産会社は信用できない・・・
  • 査定額が後で変わるという嫌な経験をした・・・
  • 実際の相続に備えて「どの会社が高いか」を知っておきたい!
  • 複数の査定会社を競わせて好条件を引き出したい。

中立的なIT企業が運営する『一括査定依頼サービス(無料)』でのコンペが常識化。
不動産査定を1~3社だけに依頼するつもりなら、相手の思う壺!今すぐ一括査定

【相続のプロが好んでお客様に勧めるイエイのサービス】

freedial

 

-本サイト監修の税理士事務所情報-

辻・本郷 税理士法人


相続情報ラボ | 相続専門の税理士が監修する税金お悩み解決サイトの購読はfacebookが便利です。




Twitter・RSSでも購読できます。

コメント