多すぎて選べない!?不動産査定サイトの比較ポイントは?

不動産査定を複数の不動産会社に一括で査定依頼できる、不動産査定サイトを利用している人が増えています。しかし、その数は主要なものでも30以上あり、1つ1つ見ていくのには時間がかかりそうです。一体、どのようなポイントで選べばよいのでしょうか?

今回の記事では、良質な不動産査定サイトの比較ポイントをご紹介します。

当サイトでは、不動産査定会社ランキングの記事も配信しておりますので、是非ご参照してみてください。

不動産査定サービスを相続専門の税理士が厳選!ランキング2016

1、取引実績がある不動産会社数

取引実績がある不動産会社数とは、その不動産査定サイトが過去に取引をした実績がある不動産会社の数を指します。取引が多いということは、それだけ売却のデータを持っているということになります。取引実績数は多ければ多いほど、信用性の高い売却額を提示してくれるでしょう。

 

不動産査定サイトと不動産会社の関係は以下のようになっています。

          ※仲介※

あなた  →  オンライン不動産査定サイト  →  不動産会社

  (査定を依頼)

 

不動産査定サイトは、あなたと不動産会社の仲介役です。最近、保険でもこのように複数の保険会社と連携している保険相談窓口がありますよね。それと似たようなイメージです。

不動産査定サイトをいくつか見ていて、どちらのサイトで査定を依頼しようかと迷った際は、取引実績数が多い会社を選びましょう。取引実績数に自信のあるサイトであれば「全国1000社以上の優良会社から選択できます!」などと、トップページに明記されています。

2、いつから運営されているサイトなのか(歴史があるか)

不動産査定サイトはすぐに査定を依頼でき、とても便利な反面、店舗という実態がありません。誰もが知っている大手の会社でないと、どんな会社が運営しているのか?と気になりますよね。サイトの信頼性の一つの目安は、いつから運営されているサイトなのか、という点です。サイトの運営年数は、だいたいトップページの一番下にある運営会社をクリックすると、設立年数が確認できます。会社の設立とサイト運営スタートにズレがある場合もありますが、参考にはなるでしょう。オンライン不動産査定サイトが登場したのは、比較的最近で、2000年に入ってからいくつか登場し、ここ5~6年でそのサイト数が急増しました。そのため、2000年代前半に開設されていれば、かなり昔から運営している歴史あるサイト、とみてよいでしょう。

3、査定申し込みの入力画面は簡単か

とりあえず、だいたいの売却予想額を知りたいだけだから、自分の名前や住所は教えたくないし、できるだけ簡単に済ませたい。こんな方が多いため、現在人気の不動産査定サイトの簡易査定(=机上査定とも呼ばれます)の最初の入力欄は非常にシンプルに出来ています。不動産所在地の都道府県や郵便番号などの所在地の情報のみを入力すればいいのです。もう少し情報が必要なサイトでも、他に築年数や面積の入力で済む場合がほとんどです。入力後にクリックすると、もう少し必要な情報(物件の種類、土地面積、間取りなど)の入力欄が現れます。全部で15項目前後の入力で、1分程度で完了します。

もし、簡易査定と思って見ているサイトなのに名前や住所も入力する必要があれば、それは書類郵送の依頼ではないですか?または、訪問や電話相談依頼のフォームではないですか?確認してみましょう。申し込み入力欄に不要な項目がないサイトは、消費者の手間を考慮した良心的なサイトといえるでしょう。

4、キャンペーンはあるか

不動産査定サイトでは、サイトを通じて成約をすると商品券がもらえたりするキャンペーンをおこなっているものもあります。取引実績数やサイトの見栄え、そして運営年数が同じくらいのサイトを比較しているのであれば、キャンペーンを行っている不動産査定サイトを是非選びましょう。キャンペーンを行うことにより、営業に力をいれている会社なのだと判断できますし、成約すればプレゼントももらえます。どうせなら、売却するついでに得しちゃいましょう。

5、査定依頼する不動産会社は選べるか

不動産査定サイトの中には、依頼する側が希望条件を出して営業担当者が不動産会社を紹介・提示する、といったスタイルのサイトも多くあります。私は、この不動産会社かこの不動産会社がよい、というこだわりがある方は、前もって、希望の不動産会社があることを不動産査定サイト側に伝えましょう。

6、簡易査定、訪問査定を選択できるか

良質なサイトはたいてい簡易査定か訪問査定を選択できるようになっています。とりあえずだいたいの値段を知りたい、時間がないという方は、まずは簡易査定を選択しましょう。より正確な売却額を知りたい方は、訪問査定に進みましょう。良い営業担当者であるか、実際に会うことでジャッジできます。不動産会社としては、早くお客様と接触し、契約を取り付けたいので、とにかく訪問査定を推してくるサイトも中にはあります。訪問査定を依頼した方には、プレゼントがある、というサイトもあるほどです。しかし、大切な不動産の売却です。ご自身のスケジュールや考えに基づき、簡易査定を依頼するのか、訪問査定を依頼するのか、選択できるサイトが良質なサイトと言えるでしょう。

まとめ

今回は、複数ある不動産査定サイトを比較するポイントをご紹介致しました。取引実績が多く、運営年数が長めで、査定申し込みの入力欄がシンプルなことなどが良質サイトの条件でした。是非、ご自身の不動産査定の際にご参考になさって頂ければと思います。

『査定会社により500万円の違いも!』 税理士が選ぶ不動産査定注目サービス

こんなお悩みとニーズを簡単に解決!


 



  • 査定価格を比較して最高価格や相場が知りたい!

  • 査定額が後で変わるという嫌な経験をした・・・

  • 実際の相続に備えて「どの会社が高いか」を知っておきたい!

  • 複数の査定会社を競わせて好条件を引き出したい。


NTTデータグループ運営の安心の不動産一括査定サイト!


査定件数累計20万件突破!信頼度抜群の16年の実績!


【相続のプロが好んでお客様に勧めるHOME4Uのサービス】 


NTTデータグループの不動産売却サイト【HOME4U】公式サイトはこちら


 -本サイト監修の税理士事務所情報-


辻・本郷 税理士法人


 


【相続専門の税理士がおすすめする不動産査定ランキング】


不動産売却に便利な一括査定サイト。


しかし30を超えるサービスがあり、 どのサービスがよいかわかりにくいのも事実です。


下記ではそんな一括査定サイトの特長をご紹介しています。


⇒不動産査定会社のメリット・デメリットはこちらから。


相続情報ラボ | 相続専門の税理士が監修する税金お悩み解決サイトの購読はfacebookが便利です。




Twitter・RSSでも購読できます。

コメント