改葬の時に聞く「離檀料」とは?トラブルを回避する方法は?

トラブル回避

高齢化や少子化、地方の過疎化などを背景に、お墓の管理ができなくなるケースが増えていています。そのためにお墓の引っ越しと呼ばれる「改葬」をする人が増えてきていますが、お寺にあるお墓を改装する場合、「離檀料」という思いもよらない問題に直面することがあります。

今回は、その離檀料について、またトラブルに巻き込まれないための知っておくべき知識についてお伝えします。 

1、そもそも離檀料って何?

お墓の引っ越しと言われる「改葬」をする時に、離檀料という言葉を耳にすることがあります。
改葬の手続きには、「埋葬許可証」「受入証明書」「改葬許可証」などの書類が必要になりますが、このうちの埋葬許可証は墓地の管理者が発行するものなので、寺院墓地にお墓がある場合はお寺の住職の署名捺印がある埋葬証明書が必要になります。その書類の発行をお願いした時に、お寺側から「離檀料」と呼ばれるお布施を請求されることがあります。
お墓の引越し(改葬)をするということは、檀家を離れるということを意味し、もともと檀家をやめる時にそれまでお世話になった感謝の気持ちとしてお布施を包んでいた習慣があり、それを近年「離檀料」と呼ぶようになりました。

2、離檀料をめぐるトラブルの理由

本来ならお布施はお気持ちでと言われるものですが、近年、高額な離檀料を要求されたということでのトラブルが増えてきています。
これまで収めるべき管理料の支払いが滞っていたなどの理由もないのにこういったトラブルに巻き込まれた場合、大きく分けると2つの理由が考えられます。

まず、お寺にとって檀家を失うことはお布施や寄付がなくなるということになるので、収入源が減りお寺の経営状況に影響するからということで離檀料を要求されるケースです。
そしてもうひとつは、先祖代々からお世話になってきているお寺に対して、相談をせずに改葬の話を決めていきなり離檀することを伝えた場合もトラブルが発生しやすくなります。

3、離檀料を払わなければ、改葬はできないの?

ここでもし、離檀料を払わなければ改葬に必要な「埋葬許可証」を発行しないと言われたら、高額な離檀料で納得がいかなくても支払うしかないのかという疑問がでてきます。

一般的には、お気持ちでと言われる離檀料ですが、中には、改葬を申し出たらいきなり数百万から一千万円以上の高額な離檀料を請求されたという話もあります。
しかし、信教の自由は憲法で認められており離檀料に法的な根拠はありません。納得のいかない法外な金額を請求された場合、話し合いで解決することが一番望ましいのですが、もし解決ができそうになければ、行政書士や弁護士などの専門機関に相談をすることをおすすめします。

4、トラブルにならないためには?

これまでお世話になってきたお寺との関係が、最後になって悪くなってしまうことは気持ちのいいものではありません。
お寺もそれを望んでいたわけではなく、いきなり檀家を離れると言われて気分を害してしまい、適切な対応ができなくなってしまったというパターンが意外に多いというのも事実です。ですから改葬を考えた時は、まず「なぜ改葬をしなければいけないのか」という理由を前もって住職に説明をして相談に乗ってもらうことから話をすすめていきましょう。
お寺側も事情がきちんとわかれば、スムーズに手続きにも協力をしてくれるでしょう。

また、先祖代々のお墓の供養をしていただいてきたという感謝の気持ちをきちんと言葉に表すことも大切です。中には、「離檀料はいりません」という寺院もありますが、これまでお世話になってきたお礼としてできる範囲のお気持ちでお布施を渡すことは、マナーとして大事なことです。

まとめ

ご先祖様を大事にしたいという思いで行う改葬ですから、問題なくスムーズにこれまでお世話になったお寺から新しい場所に移りたいと誰もが考えることでしょう。
誠心誠意事情を説明し気持ちよく理解してもらえるように、早めにお寺に相談をするようにしてください。

お墓の引越し(移動)の無料相談をする

「実家のお墓が気になっているけど、
遠くてなかなか行けない…」
そんな方にこそ相談してほしい。

その悩み「お墓のお引越し(墓じまい)」をして解消しませんか?


全国どこでも対応可能!

創業50年の実績をもとに経験豊富な専任担当が対応致します。

【お墓のお引越し(墓じまい)相談窓口】

freedial

電話をかける



-株式会社ニチリョク-



相続情報ラボ | 相続専門の税理士が監修する税金お悩み解決サイトの購読はfacebookが便利です。




Twitter・RSSでも購読できます。

コメント

コメントはこちらから

*