贈与契約書を作成する際の注意点【雛形付】

贈与契約書

自分で贈与契約書を作成してみようとお考えの方も多いのではないでしょうか。自分で作る際には、注意点を覚えておく必要がありますので、作成する前に一度読んで下さい。雛形もありますので参照ください。

1.贈与契約書を作る際の注意点

注意

(1)贈与契約そのものが税務署に否認される可能性がある?

贈与税は、一人が1月1日から12月31日までの間に取得した財産の合計額から基礎控除額の110万円を差し引いた残りの金額に対してかかります。

取得財産合計 - 110万円=課税価額

 

よって、1年間に贈与された額の合計が110万円以下であれば贈与税はかからず、本来的には申告も不要となります。
しかし、毎年、同じ時期に同じ金額を継続的に贈与している場合には、最初からまとまった金額を贈与するつもりだったとみなされてしまう可能性があります。
つまり、贈与契約そのものが税務署に否認される可能性があるのです。
税務署に否認された場合には「最初からまとまったお金を贈与するつもりだった」と判定されてしまい、多額の贈与税が取られることがあるのです。

仮に10年間毎年110万円を贈与したとします。1年間に110万円まで非課税なので本来であれば贈与税はかからないのですが、この10年間の贈与契約そのものが否認された場合には、最初からまとまった金額を贈与するつもりだったとみなされ1,100万円を一括で贈与したこととなってしまい、

(1,100万円-110万円)× 税率-控除額

この分だけ贈与税を納めることになってしまう可能性があります。
あくまでも税務署に否認されたときの考え方ではありますが、このリスクを無くすためにも贈与契約書を作っておくことをオススメします。
贈与契約書さえ作成しておけば、確実に贈与した証拠となるため、税務署に贈与契約そのものが否認されることはなくなります。

(2)贈与契約書の記載事項に不足があれば、税務署に否認される可能性も?

税務署に贈与契約を否認されないためにも、下記の5つの内容は必ず記載してください。

  • いつ贈与するか
  • 誰に贈与するか
  • 何を贈与するか
  • 贈与する条件は
  • 贈与する方法は

2.贈与契約書のひな形を見てみよう!

(1)未成年への贈与を行う場合の贈与契約書のひな形

<贈与契約書の記載例>

贈与契約書

贈与者○○を甲とし、受贈者○○を乙として、甲乙間において次の通り贈与契約を締結した。
第1条 甲は、乙に対して、現金◯◯万円を贈与することを約し、乙はこれを承諾した。
第2条 甲は、当該財産を平成◯◯年◯◯日までに乙の指定口座に振り込むものとする。
以上の契約を証するため本書を作成し、署名捺印のうえ、各自その1通を保有する。
                             平成◯◯年◯月◯日
                          甲(住所)××市△△町◯番地
                            (氏名)        印
                          乙(住所)××市△△町◯番地
                            (氏名)        印
甲の親権者(住所)××市△△町◯番地
                            (氏名)        印
                          乙の親権者(住所)××市△△町◯番地
                            (氏名)        印

(2)未成年者以外への贈与を行う場合の贈与契約書のひな形
<贈与契約書の記載例>
贈与契約書

贈与者○○を甲とし、受贈者○○を乙として、甲乙間において次の通り贈与契約を締結した。
第1条 甲は、乙に対して、現金◯◯万円を贈与することを約し、乙はこれを承諾した。
以上の契約を証するため本書を作成し、署名捺印のうえ、各自その1通を保有する。
                             平成◯◯年◯月◯日
                          甲(住所)××市△△町◯番地
                            (氏名)        印
                          乙(住所)××市△△町◯番地
                            (氏名)        印

3.贈与契約書に印紙を貼る必要はあるのか?

贈与するものによって印紙を貼る必要があるか、ないかが異なりますので注意が必要です。

(1)現金や株式を贈与する場合

印紙を貼る必要はありません。

(2)不動産(土地や建物など)を贈与する場合

200円の印紙を貼る必要があります。
印紙を貼る際の注意点として、印紙は、記載された契約金額によって貼る印紙の金額が異なります。そのため、○○円の建物を贈与したなどと記載した場合には、200円の印紙では不足してしまいます。
しかし、土地や建物の贈与をする際に金額を記載しなければ200円の印紙を貼っておけば足ります。不動産を贈与する際に贈与契約書を作成する際は、金額は書かない方が良いでしょう。

《参考 不動産を贈与する際の贈与契約書の雛形》

贈与契約書

贈与者○○を甲とし、受贈者○○を乙として、甲乙間において次の通り贈与契約を締結した。

第1条 甲は、乙に対して、下記の財産を乙に贈与することを約し、乙はこれを承諾した。
(1)宅地   所在 〇〇市△丁目✕✕番地〇〇
   地番   〇〇
   地目   ○○
   地積   〇〇〇〇平方メートル
(2)建物   所在 〇〇市△丁目✕✕番地〇〇
   家屋番号 ○○
   種類   ○○
   構造   ○○
   床面積  〇〇〇〇平方メートル
以上の契約を証するため本書を作成し、署名捺印のうえ、各自その1通を保有する。
                             平成◯◯年◯月◯日
                          甲(住所)××市△△町◯番地
                            (氏名)        印
                          乙(住所)××市△△町◯番地
                            (氏名)        印

4.贈与契約書の印鑑は実印と認印どちらで押す必要があるのか?

認印でも問題ありません。

まとめ

贈与契約書を作成する上での注意点をご理解頂けたでしょうか?贈与する際に、毎回作成するのは手間かと思いますが、税務署に贈与契約そのものを否認されないためにも大事な契約書となりますので、贈与を検討されている方は覚えておきましょう。贈与契約書は、一度作成すれば、毎年利用できるので、2回目以降の贈与は楽に作成することが出来るでしょう。
【関連記事】

相続税や贈与税のことでお悩みですか?

その悩み相続の専門家に相談して解消しませんか?


全国どこでも対応可能!

創業90余年の信頼と実績をもとに経験豊富な税理士・司法書士が対応致します。


【 相 続 相 談 窓 口 】

freecall_tujihongou

電話をかける



-辻・本郷 全国相続申告センター-



相続情報ラボ | 相続専門の税理士が監修する税金お悩み解決サイトの購読はfacebookが便利です。




Twitter・RSSでも購読できます。

コメント

コメントはこちらから

*