贈与契約書には、いくらの印紙を貼ればよいのか?

相続対策のために、生前贈与する方を多いのではないでしょうか?贈与をする際には、贈与契約書を作成すべきですが、その贈与契約書には、印紙を貼る必要があるのでしょうか?貼る必要があるのであれば、いくらの印紙を貼れば良いのでしょうか?

《贈与契約書に貼る印紙の金額はいくら?》

レトロなポスト

(1)現金や株式など、不動産以外の贈与を行う場合

印紙を貼る必要はありません。

(2)不動産の贈与を行う場合

一律200円の印紙を貼ります。

※注意点

注意2

不動産の贈与を行う場合には、200円の印紙を貼りますが、贈与契約書の記載方法によっては、印紙の金額が増加する可能性があります。

印紙は、贈与契約書に記載された契約金額によって貼る印紙の金額が異なります。そのため、○○円の建物を贈与したなどと記載した場合には、200円の印紙では不足してしまいます。

しかし、土地や建物の贈与をする際に金額を記載しなければ200円の印紙を貼っておけば足ります。不動産を贈与する際に贈与契約書を作成する際は、金額は書かない方が良いでしょう。

まとめ

不動産の贈与を行い、贈与契約書の作成する際は、贈与する不動産の金額は記載しないということです。いくらの不動産を贈与したか記載すると印紙の金額が増加しますので、ご注意ください。

《関連記事》

贈与契約書を作成する際の注意点を知りたい方は、下記サイトをご参照ください。

贈与契約書を作成する際の注意点【雛形付】

相続税や贈与税のことでお悩みですか?

その悩み相続の専門家に相談して解消しませんか?


全国どこでも対応可能!

創業90余年の信頼と実績をもとに経験豊富な税理士・司法書士が対応致します。


【 相 続 相 談 窓 口 】

freecall_tujihongou

電話をかける



-辻・本郷 全国相続申告センター-



相続情報ラボ | 相続専門の税理士が監修する税金お悩み解決サイトの購読はfacebookが便利です。




Twitter・RSSでも購読できます。

コメント

コメントはこちらから

*