閉眼供養って何?しなければいけない供養なの?

一生のうちに一度あるかないかの閉眼供養。あまり聞き慣れない言葉かもしれません。しかし、現代の住宅事情や核家族化、少子化といった社会問題によりお墓や仏壇を承継するのが難しくなり、お墓や仏壇の引っ越し、または処分せざるを得ない人たちが増えてきています。それに伴い、少しずつ閉眼供養という言葉も聞かれるようになってきました。今回は、閉眼供養の基礎知識についてお伝えします。 

1、閉眼供養とは?

魂

お墓やお仏壇、位牌などは最初に開眼供養をしているのでご先祖様の魂が宿っていると言われています。そのために、そのお墓やお仏壇、位牌などを別の場所に移動させたり、処分または修理やリフォームをしたりする時には、その宿っている魂を抜き取ることが必要になります。その魂を抜き取るために僧侶に読経をしてもらうことを、閉眼供養といいます。魂が入っている祭祀財産を動かしたりゴミとして処分したりすることは気持ちの良いことではありませんし、ご先祖様の魂に安らかに過ごしてもらうためにも必要な儀式です。閉眼供養をすることで魂が抜かれて、ただの「もの」になりますので安心して処分や移動を行うことができるようになります。

閉眼供養は宗派や地域によって呼び方はいろいろで、「魂抜き(たましいぬき・こんぬき)」「性根抜き(しょうねぬき)」などとも呼ばれています。

お墓の引越し(移動)の無料相談をする

2、閉眼供養後のお墓や仏壇、処分する場合どんな方法があるの?

閉眼供養が終わったらお墓や仏壇を処分する事ができるようになりますが、お墓と仏壇でそれぞれ処分の仕方は違ってきます。

(1)お墓の場合

閉眼供養を行うことでただの石になりますので、石材店や専門業者に撤去をしてもらいます。その後、墓石は許可を得ている廃棄物業者が引取り産業廃棄物扱いになりますが、リサイクルされることもあります。業者によっては不法投棄をする悪徳な業者もありますので、どのように処理されたかがわかるマニフェストを発行してもらえるか事前に確認すると安心です。

(2)仏壇の場合

仏壇や位牌も閉眼供養を行うことによって魂は抜けますので、粗大ごみとして処分することができます。それでもなんとなく粗大ごみに出すのは気が引けるという方は、お寺や仏具店に相談をしてみてください。お寺によっては、閉眼供養の後そのまま引き取って浄火によって燃やす「お焚きあげ」をしてくれるところもあります。またほとんどの仏具店は、仏壇の処分や引取りをしています。中には、閉眼供養から処分までを任せることができるところもあります。

3、閉眼供養を行う時の注意点

ルール

閉眼供養を行うということは、これまで代々引き継がれてきたお墓や仏壇などの祭祀財産を処分、または移動するということなので、自分一人の問題ではなくなってきます。後々、トラブルが起きないように家族や親族に「なぜ閉眼供養の必要があるのか」ということを説明して同意を得ることが大切です。同意を得たらお寺に閉眼供養の依頼をしますが、お寺の宗派や地域によってやり方の違いがありますので菩提寺に、もし菩提寺が近くにはない場合は同じ宗派のお寺に相談をするようにします。また、閉眼供養は通常家族のみで行われ喪服を着る必要はありませんが、派手な服装やTシャツなどラフすぎる服装は避け、落ち着いた色合いの服装にしましょう。

お墓の引越し(移動)の無料相談をする

まとめ 

閉眼供養は必ずやらなければいけないという決まりがあるわけではありませんが、仏様やご先祖様を大切に思う気持ちがあるのなら、やはり閉眼供養はするべき大切な供養ではないでしょうか。閉眼供養は通常家族や親族のみで行います。ご家族が集まってご先祖様や故人の思い出話をしたり感謝をしたりする時間は、きっとかけがえのない時間となるでしょう

「実家のお墓が気になっているけど、
遠くてなかなか行けない…」
そんな方にこそ相談してほしい。

その悩み「お墓のお引越し(墓じまい)」をして解消しませんか?


全国どこでも対応可能!

創業50年の実績をもとに経験豊富な専任担当が対応致します。

【お墓のお引越し(墓じまい)相談窓口】

freedial

電話をかける



-株式会社ニチリョク-



相続情報ラボ | 相続専門の税理士が監修する税金お悩み解決サイトの購読はfacebookが便利です。




Twitter・RSSでも購読できます。

コメント

コメントはこちらから

*