お葬式の費用で知ってトクする?5つのこと

お葬式の費用で知ってトクする?5つのこと

「お葬式っていくらいくらいで出来るのだろう?」

「葬式の費用が健康保険からもらえるってホント?」
「お葬式の費用を準備するには?」

人生にそう何度も経験しないであろう葬式の費用について、知ってトクする情報などをまとめましたので、ご覧ください。
お葬式の費用で知ってトクする?5つのこと

お葬式の費用で知ってトクする?5つのこと

1.葬式費用の相場はいくら?

 

「葬式費用」といっても、「どの程度の規模(人数)で行うのか?」「どのような形式にするのか?」によって大きく異なります。

葬儀に必要な費用としては主に「葬儀一式(葬式自体の費用)」「寺院費用(お布施等)」「接待飲食費」の3つがあります。
これら3つを合わせた総額は、全国平均は189万円というアンケート結果が出ております。
しかし、あくまでも平均であり、式自体の規模や地域によっても差がありますので、参考程度に考えた方が良さそうです。
詳しくは下記の関連記事をご覧ください。

<葬式費用の平均>
 
葬儀費用一式
飲食接待費
寺院費用
葬儀費用 総額
全国
122.2万円
33.9万円
44.6万円
188.9万円
出典:財団法人日本消費者協会 第10回「葬儀についてのアンケート調査」平成26年1月より
 
■関連記事
葬式費用の相場いくらか知ってますか?

2.葬式を行うと貰えるお金もある

(1)香典収入で葬儀費用の負担が少なくなる

直葬(通夜・告別式を行わない場合)を除いて、一般的な葬儀を行った場合、参列者から香典を頂くことが多いかと思います。

香典を頂いた場合、返礼品を用意したり、参列して頂いた方への飲食接待費が必要となるため、「頂いた香典の金額=負担が減る金額」ではありません。

しかし、頂いた金額によっては、費用を差し引いてもプラスになることもあり、その分は葬儀社への支払いに充てられる場合もあります。

費用を抑えたいからといって、最初から「葬式はやらない」と、決めるのではなく、収支のバランスを考えたうえで決めるのが良いでしょう。

香典収入がどれくらい見込めるかは下記の記事も参考にしてみてください。

(2)健康保険から葬式費用がもらえる

故人の方が健康保険に加入していた場合、加入していた健康保険に申請をすることによって葬式費用の一部として給付金を受け取ることが出来ます。

この給付金の呼び方は健康保険によって異なり、「埋葬料」、「埋葬費」、「葬祭費」などと呼ばれています。

給付金額はそれぞれの健康保険によって異なりますが、おおよそ1万円~5万円程度です。

また、全国健康保険組合(協会けんぽ)の加入者に関しては、被保険者の家族が亡くなった場合でも、申請をすることで給付金を受け取ることが出来ます。

申告の期限や手続きなど、詳しくは下記の記事をご覧ください。

お葬式の費用で知ってトクする?5つのことお葬式の費用で知ってトクする?5つのこと
■関連記事
葬式費用がもらえる?健康保険から出る埋葬料(葬祭費)とは?

3.葬式費用はいつ、どうやって払う?

(1)支払い方法は現金一括払いだけではない

「1.葬式費用の相場はいくら?」で葬式費用の全国平均相場が、約189万円というお話をしました。
葬式費用は、一般的に葬儀を行って1週間~10日前後で現金での支払いが多いです。
しかし、金額が大きいだけにすぐに用意できないという方もいらっしゃるかと思います。
現金以外にも分割払いやクレジットカードで支払いができる葬儀社もあります。

■関連記事
葬式費用がない!?葬式費用の補助金をご存知ですか?

(2)葬式費用を事前に準備したい

また、「まだ先のことだけど、事前に葬式費用を準備しておきたい」という方もいらっしゃるかと思います。
そんな方には「葬儀保険」で準備するという方法もあります。

一般的な生命保険のように医師の診断書の必要もなく、保険会社によっては80歳まで加入できます。
また、保険金の支払いが迅速で、保険金の請求の必要書類が保険会社に到着後、翌営業日には支払ってくれるという会社もあり、
いざという時の支払いにも安心ですね。

詳しくは下記の記事をご覧ください。

■関連記事
葬式代を準備したい方にぴったり!葬儀保険をご存知ですか?
葬儀費用を事前に準備!互助会とは?

4.葬式費用を保険でもらったら相続税はかかるのか?

故人の方が契約していた「生命保険」や「葬儀保険」の保険金を受け取った場合、受け取った保険金は相続財産となるのでしょうか?
また、「生命保険」を支払った場合、所得税が安くなる「所得控除」の対象となりますが、「葬儀保険」も同様に所得控除の対象となるのか?
気になる方もいらっしゃるのではないでしょうか?
「気になる」という方は下記の記事をご覧ください。

■関連記事
葬式費用は、相続税を安くすることができるのか?
葬式代を準備したい方にぴったり!葬儀保険をご存知ですか?

5.ペット葬儀の費用は?

ペットも人間と同様に葬式を行うことができます。
費用は、動物の大きさや種類によって異なります。
詳しくは下記の記事をご覧ください。

■関連記事
ペットの葬儀ってあるの?
ペット好き必見!自分の死後も世話をしてくれる「ペットのための信託」

お葬式の費用で知ってトクする?5つのことお葬式の費用で知ってトクする?5つのこと

まとめ

葬式費用に関してご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?
「すぐに葬儀を行う」という方も、「これからの為に準備しておきたい」という方にも参考になれば幸いです。

(文責:相続情報ラボ)

お墓の引越し(移動)の無料相談をする



【相続放棄】と、【相続税の申告】で、専門としている事務所が異なります。
相続情報ラボでは、それぞれをもっとも得意としている事務所のみをご紹介しておりますので、悩み・疑問がありましたら下記のご連絡先にお気軽にご連絡ください。