お墓を受け継いだ時にやるべき手続きってどんなこと?

お墓を受け継いだ時にやるべき手続きってどんなこと?

代々受け継がれてきたお墓は、よほどの事情がない限りまた次の世代へと受け継がれていきます。もし、お墓を受け継ぐことになったら何をしなければいけないのか?これは必要にせまられてから初めて考える人が多いようです。ここでは、お墓を受け継ぐことによって発生する義務や手続きなど、また知っておくと役に立つ知識についてお伝えします。 

お墓を受け継いだ時にやるべき手続きってどんなこと?お墓を受け継いだ時にやるべき手続きってどんなこと?

お墓を受け継いだ時にやるべき手続きってどんなこと?

1、承継とは?

お墓を受け継ぐことを「承継」と言います。一般的には長男または家を継ぐ人がお墓を受け継ぐものだというイメージがあると思いますが、実は、どの立場の人が受け継がなければいけないという法的な決まりがあるわけではなく、お嫁に行って姓が変わった娘でも、まったくの他人でも承継者になることは可能です。
承継者を遺言書または生前に口頭で指定されている場合はその内容に従いますが、指定がない場合はその地方や家に伝わる慣習に従うことが一般的です。
もし承継者がスムーズに決まらない場合は、家庭裁判所で決定されます。また親族以外が承継する場合、承継者として問題がないかの審査をする霊園もあり、その結果不適当だと判断されることもあります。
墓地・霊園によっては、承継者は家族のみという条件のあるところもありますので、他人が承継者になる可能性がある場合は事前に確認をすることが必要です。

2、承継の手続きとかかる費用は?

お墓の承継者になったら、まず墓地の管理者に連絡を入れて墓地使用規則に基づき名義変更の手続きが必要になります。

≪手続きに必要な書類≫

  1. 承継使用申請書
  2. 申請者の実印とその印鑑登録証
  3. 使用者と申請者の続柄が確認できる戸籍謄本
  4. 永代使用許可証の原本
  5. 誓約書

他に、遺言で承継者の指定があった場合はその遺言書、承継者の指定がなく協議で決まった場合は協議者全員の署名捺印入りの「協議成立確認書」などを提出しなければいけない場合もあります。必要な書類については墓地・霊園によって異なりますので事前に確認をして書類の準備をするようにしてください。

名義変更にかかわる手数料は墓地によって異なりますが、公営墓地の場合は3,000円以内、民営墓地の場合は5,000~10,000円くらいです。寺院境内の墓地の場合は、名義変更手数料のほかにお布施を包む場合もあります。

3、承継者がやるべきこととは?

承継者は、改葬や分骨、親族がお墓に入りたいなどの申し出があった場合などの、お墓や遺骨に関する決定権を持つことになります。また、先祖の供養を営んだり墓地の清掃や維持をするための管理料を支払ったりする義務が発生してきます。もし、お寺のお墓を受け継ぐ場合は、お寺の行事への参加や寺院維持のための寄付など檀家としての義務も引き継ぐことになります。これらの義務は法的義務ではありませんが、もし管理費の未納が数年間続いたり連絡が取れなくなったりした場合、強制的にお墓は撤去されご先祖の遺骨は無縁仏として祀られるという最悪なことにもなりかねません。もし、どうしてもお墓の承継が難しくなってしまったら、無縁墓や無縁仏になる前にご家族と対策を相談するようにしましょう。

4、承継した時、相続税はどうなる?

お墓や仏壇、位牌、家系図などは「祭祀財産」と呼ばれ相続財産とは別のものになります。そのため相続税の対象にはならないので、お墓を承継しても相続税はかかりません。また、お墓を承継することによって墓地の永代使用権を引き継ぐことになりますが、永代使用権はその土地を買ったのではなく借りている権利となりますので、不動産所得税や固定資産税もかかりません。

まとめ

お墓を守ってご先祖さまとの繋がりを大切にしていくことは、とても意味のあることです。承継者になった方は、そのお墓をまた次の世代へと繋げていくという責任があり負担に感じることもあるかもしれませんが、ご先祖様に感謝しながらしっかりと受け継いでいきましょう。今回の記事で、引き継いだ際になにが必要なのかをご理解いただければ幸いです。

もし、お墓が遠くてお困りの方は、お墓の引っ越し(移動)を検討してみませんか?詳しくは下記のページでご説明しておりますので、ご覧ください。
お墓を受け継いだ時にやるべき手続きってどんなこと?お墓を受け継いだ時にやるべき手続きってどんなこと?



【相続放棄】と、【相続税の申告】で、専門としている事務所が異なります。
相続情報ラボでは、それぞれをもっとも得意としている事務所のみをご紹介しておりますので、悩み・疑問がありましたら下記のご連絡先にお気軽にご連絡ください。