火葬の後は何がある?火葬後から納骨までの流れ

火葬の後は何がある?火葬後から納骨までの流れ

お通夜から葬儀・告別式と緊張の時間が続き、火葬まで終わるとほっと一安心できるのではないでしょうか。しかし、火葬が終わって火葬場をあとにした後もまだ行わなければいけないことがあります。今回は、火葬後から納骨までの流れを順番に紹介していきます。 
火葬の後は何がある?火葬後から納骨までの流れ

火葬の後は何がある?火葬後から納骨までの流れ

1、お清め

会葬御礼の挨拶状に、お清めの塩と書かれた小さな袋がついています。地域や宗派によって異なりますが、葬儀や火葬場から戻ってきた時に胸、背中、足元にお清めの塩をふりかける習慣があります。これは、家の中に不浄を入れないためと言われています。しかし近年では、仏教では「死は穢れではない」という本来の宗旨に基づいてお清めは必要ないという考えになってきています。お清めをするのかしないのかは、自分の考えや気持ちで決めてかまいません。

2、後飾り祭壇に安置

火葬を行って遺骨を持ち帰るまでに、後飾り祭壇の準備をしておきます。後飾り祭壇とは、一度持ち帰った遺骨と位牌、遺影を四十九日法要または納骨の日まで安置する祭壇のことで、後壇、中陰壇(ちゅういんだん)などとも呼ばれます。一般的には二段または三段の祭壇に白い布をかけて三具足とお供え物を供えますが、ほとんどは葬儀社が準備をしてくれます。仏壇がある場合は仏壇の前に置き、ない場合は部屋の西か北側に置きます。

3、還骨法要と初七日法要

火葬後に持ち帰った遺骨と位牌、遺影を後飾り祭壇に安置して還骨法要を行いますが、現在ではほとんどの方が初七日法要と兼ねて行うようになっています。

・初七日法要とは?

故人が亡くなった日から数えて7日ごとに計7回の法要があります。この49日間を中陰(ちゅういん)と呼び、その最初の7日目の法要が初七日法要です。本来なら故人が亡くなった日から7日目に行うのが初七日法要ですが、遠方から葬儀に来ている親族の負担や仕事の関係などで7日後に再度集まることが難しいことを考えて、今では葬儀当日に行うのが一般的で「繰り上げ初七日法要」ともいわれています。

・繰り上げ初七日法要の流れ

(1)遺骨を安置した後飾り祭壇の前に集まる

(2)僧侶読経

(3)喪主から順番に焼香

(4)喪主の挨拶

火葬の後は何がある?火葬後から納骨までの流れ

4、精進落としの流れ

繰り上げ初七日法要が終わったら、精進落としの案内をします。精進落としはもともと四十九日法要のあとのお斎(おとき)のことでしたが、今では繰り上げ初七日法要が済んだあと、僧侶や参列者へ感謝の気持ちを込めてもてなす席として設けられています。

(1)着席

上座から僧侶、世話役代表が着席し、遺族は末席に着席します。

(2)喪主より挨拶

(3)会食

法事など故人を悼んで杯を捧げる時は、乾杯ではなく献杯という言葉を使います。献杯の発声は、故人と縁や付き合いの深かった人に依頼します。献杯をする時は、杯を静かに少しだけあげて静かに唱和します。宗派によっては献杯を行わない場合もあります。遺族は、参列者の一人ひとりにお酌をしながらまわり、感謝の気持ちを伝えます。

5、四十九日法要当日まで

故人が亡くなって7日ごとに行われる法要を忌日法要と言います。

・忌日法要

初七日(しょなのか)亡くなった日を1日目として7日目

二七日(ふたなのか)亡くなった日を1日目として14日目

三七日(みなのか)亡くなった日を1日目として21日目

四七日(よなのか)亡くなった日を1日目として28日目

五七日(いつなのか)三十五日亡くなった日を1日目として35日目

六七日(むなのか)亡くなった日を1日目として42日目

七七日(なななのか)四十九日亡くなった日を1日目として49日目

初七日、二七日、三七日、四七日、五七日(三十五日)、六七日は中陰法要といわれています。二七日から六七日までの法要は遺族のみで後飾り祭壇の前に座り、お線香をあげて供養します。

6、四十九日法要の流れ

満中陰となる七七日(四十九日)の日を忌明けとし、家族や親族、故人と関わりの深かった人たちを招いて法要を行います。一般的には四十九日法要と言います。ちょうど四十九日目に合わせて日取りを決めるのは難しいので、直前の土・日曜日など参加者が集まりやすい日で決めると良いでしょう。

(1)着席

(2)僧侶入場

仏壇の前に故人の遺骨、位牌を置き、その前に僧侶が着席します。その後ろに施主が座り、前から故人と血縁の濃い順に座ります。

(3)僧侶読経

(4)施主から順番に焼香

(5)法話

(6)僧侶退場

7、納骨式

一般的には、四十九日法要のあとに納骨をします。お墓に供花、供物、焼香の準備をします。埋葬許可証が必要となりますので忘れないようにしましょう。

(1)施主挨拶

(2)骨壷をカロートへ

墓地の場合は石材店の方にカロートの蓋を開けてもらい、納骨をします。

納骨堂の場合は、決められた場所に納骨をします。

(3)僧侶読経

(4)施主から順番に焼香

8、四十九日法要・納骨後のお斎(おとき)

一般的には四十九日法要・納骨の後、僧侶と参加者を招いてお斎と呼ばれる会食を行います。

火葬の後は何がある?火葬後から納骨までの流れ

まとめ

宗派や地域によって異なりますが、火葬後から納骨までの一般的な流れを紹介しました。落ち着く間もなく納骨まで進んでいきますが、どういった流れがあるのかを知っておくだけでも心の負担は軽くなるでしょう。
火葬の後は何がある?火葬後から納骨までの流れ



【相続放棄】と、【相続税の申告】で、専門としている事務所が異なります。
相続情報ラボでは、それぞれをもっとも得意としている事務所のみをご紹介しておりますので、悩み・疑問がありましたら下記のご連絡先にお気軽にご連絡ください。