自筆証書遺言の4つのポイント

直筆証書遺言
遺言には、『自筆証書遺言』と『公正証書遺言』の2つが存在しております。自分一人で作成したいという方は『自筆証書遺言』を作成することができます。
今回の記事では、『自筆証書遺言』をメインにご説明させて頂きます。

1.自筆証書遺言と公正証書遺言の違いは?

 

 
長所
短所

公正証書遺言

①法律のプロである「公証人」の関与があるため、形式面でのミスによる遺言の無効はない。
 ②公証役場が遺言の原本を保管するため、紛失や改ざんのおそれがない。
 ③死亡後に、遺言を家庭裁判所へ持っていく必要がなく、手続きを早く行うことが可能。
①公証人手数料が発生するため、遺言の作成費用がかかる。
 ②作成する際には、公証人のほか、証人2名の立ち合いが必要になるため、遺言の内容について秘密にはならない。

自筆証書遺言

①自分で遺言を作成できるので、基本的に費用はかからない 
②誰からも関与を受けずに遺言を作ることができるので、隠しておけば秘密を保てる
 
①自分で書いているので無効になりやすい。
 ②自分自身で遺言を保管しなければならないため、紛失してしまう恐れや発見されない恐れ、さらには捨てられる可能性もある。
 ③亡くなった後に、その遺言を遺族が家庭裁判所に持っていき「検認」という手続きをしなければならないため、手続きまでに時間がかかる。

2.自筆証書遺言の要件とは?

(1)すべて手書きで記載する

 自筆証書遺言は、自筆(手書き)が要件となっています。よって、パソコンで作成したものは無効となります。
直筆でなければならない理由としては、手書きで記載することによって、遺言を作成する方の意思を反映させることを目的としているためです。

(2)日付を記載する

 自筆証書遺言は何度でも書き直すことが可能です。実務上も遺言書が数通見つかることもあります。
もし、2通以上見つかってしまった場合は、後に書いたものが優先されます。2通以上の遺言書が発見され日付が書いていない場合には無効となってしまいます。

(3)署名する

 戸籍のとおりに署名してください。

(4)押印する

 実印で押印してください。

(5)土地・建物は登記簿の記載通りに書く

 土地や建物については、『神奈川県〇〇市〇〇町◯丁目◯番地 宅地 100㎡』のように登記簿通りに記載してください。

(6)財産を渡す文言は、『遺贈する』ではなく、『相続させる』と記載する

 誰に何を相続されるのかを明確に記載してください。
※内容が不完全、文章が不明、形式不備がある場合には、遺言が無効となってしまい遺族間で紛争が起こることがありますので、記載する際には注意が必要です。

3.自筆証書遺言の書き方の文例

遺言書

第1条 遺言者は、遺言者の所有する下記の不動産を、妻 鈴木 邦子(昭和40年1月2日生)に相続させる。
 (1)所在 神奈川県横浜市荏田町
    地番 10番10
    地目 宅地
    地積 100.25平方メートル
 (2)所在 神奈川県横浜市江田町10番地10
    家屋番号 10番の10
    種類 居宅
    構造 木造瓦葺弐階建
    床面積
     壱階 60.12平方メートル
     弐階 53.34平方メートル
第2条 遺言者は、○○銀行に対する遺言者名義の下記預金債権を次男鈴木二郎(昭和60年10月3日生)に相続させる。
 (1)通常預金
    記号 12345
    番号 12345678
 (2)定期預金
    記号 11145
    番号 11111123
第3条 遺言者は、前2条記載の財産を除く遺言者の有する不動産、預貯金、現金その他一切の財産を、長男鈴木一雄(昭和61年9月1日生)に相続させる。
 
平成27年4月29日
住所 神奈川県横浜市江田町10番地10
遺言者  鈴木 正男 印

※ 誰に相続財産を渡すかで多少書き方が異なります。ネットで『自筆証書遺言 記載例』と検索すると例がたくさん出てきますで、検索してみてください。

4.自筆証書遺言で必要となる『検認』とは?

自筆証書遺言は家庭裁判所で『検認』手続きが必要です。(公正証書遺言は『検認』手続きは不要です。)検認とは、 遺言書の内容を確認し、遺言書の偽造等を防止するための手続きです。
 
手続きは次のような手順で行います。
まずは、遺言を書いた人の生まれてから亡くなるまでの連続した戸籍を集めて、相続人を確定します。それから、その相続人の住民票を集めて住所を確定させてから、裁判所に持っていかなければなりません。(これがかなり手間です。)
    ↓
次に、検認の申請書を出して受付してもらいます。
    ↓
数日後、家庭裁判所から、「○月□日の△時に家庭裁判所の××号室で、遺言書の開封と検認の手続きを行います」と書かれた、通知書が相続人全員に送られてきます。
    ↓
検認の日の当日、遺言書を持っている人が裁判所に持って行き、ようやく開けることが出来ます。
 
申し立てしてから、その遺言書の検認を行うまで、家庭裁判所の込み具合にもよりますが、1ヵ月から2ヵ月かかることもあります。

家庭裁判所から、遺言を開ける日の手紙が来ますが、別に全員が出席しなくても構いません。欠席した人は、家庭裁判所に言えば、後日遺言書のコピーをもらうことが出来ます。

しかし大きな問題があります。

せっかく検認を受けた遺言書も、使えない場合もあるのです。

検認の手続きは、有効か無効かを判断するものではなく、ただ、こんな遺言書がありますよということを証明する手続きだからです。
書かれいている内容が有効か無効かを争う場合は、別に裁判をして、その遺言書が有効であるという判決をもらわなければなりません。
この遺言書は無理やり書かされたものだとか、あのときはボケていたとか、この遺言の検認のときに、親族間でゲンカが起きることがよくあります。
要するに、自分で書く遺言書は、作るのは簡単ですが、使うのは本当に大変です。

まとめ

今回は、『自筆証書遺言』について詳しくご説明させて頂きました。自分で書く遺言書の『自筆証書遺言』は、作るのは簡単ですが、使うのは本当に大変です。遺族のことも考えるのであれば『公正証書遺言』を作成すべきでしょう。もちろん専門家に頼む必要があるのでお金はかかってしまいますが、このお金をケチることで遺族が大変な思いをすることになりますよ。
関連記事を記載しておきますので、ご参照ください。

69,800円で公正証書遺言作成を頼める!?

こんな方にオススメです!

      • 安く遺言書を作成したい
      • 遺言の相談をしながら、相続対策についても相談したい
      • 近くで、遺言や、相続対策の相談できる方がいない

相続ドットコム


相続情報ラボ | 相続専門の税理士が監修する税金お悩み解決サイトの購読はfacebookが便利です。




Twitter・RSSでも購読できます。

コメント

    コメントはこちらから

    *