相続時精算課税制度は、孫も利用出来るようになりました!

相続時 精算課税制度

相続時精算課税制度は平成27年1月1日より、改正がありました。
以前は、基本的には孫は利用出来ませんでしたが、この改正により孫も対象となりました。
今回どのような改正があったのかを簡単にご説明させて頂きます。

1.相続時精算課税制度は、孫も対象になりました。

遺産 相続 孫

平成27年1月1日から改正によって適用要件に変更がありました。

変更点は、『贈与者(あげる人)』と『受贈者(もらう人)』それぞれにあります。

変更点は赤字で記載しておきます。

(1)贈与者(あげる人)の変更点

【改正前】

・贈与をした年の1月1日において65歳以上の方

【改正後】

・贈与をした年の1月1日において60歳以上の方

改正により、贈与者は、以前に比べ5年早く利用出来るようになりました。

(2)受贈者(もらう人)の変更点

【改正前】

・贈与を受けた年の1月1日において20歳以上の方

・贈与を受けた時において贈与者の推定相続人

【改正後】

・贈与を受けた年の1月1日において20歳以上の方

・贈与を受けた時において贈与者の推定相続人及び

※推定相続人とは、現在まだ亡くなった方がいなければ相続する人は出てこないので、相続人はいないはずです。
よって、仮に亡くなったことを前提に考えた相続人のことを推定相続人と記載しております。『推定』を取って考えても理解する上では問題ないでしょう。

相続人については、「5分でわかる!相続する人(相続人)って誰?」をご覧ください。

《注意点》

改正前は、代襲相続の場合にのみ、孫も適用出来ましたが、改正後は、代襲相続を考慮することなく、対象者に孫が追加されました。

2.受贈者が孫の場合の取り扱い

贈与をした年の1月1日において60歳以上の方が、孫に贈与した場合、2,500万円までは贈与税は発生しません。

贈与時に孫が支払う贈与税は、

(贈与された額-2,500万円)×20%

この算式により、孫の支払う贈与税を求めます。

相続時精算課税制度を利用した場合には、税率は一律20%となります。

孫が相続時精算課税制度を選択した場合、相続時に相続人になるか否かに関わらず、相続税の計算を行う対象となってしまいます。
相続時精算課税制度を利用した場合には、相続時に足し戻して計算をしなければならないため、その際に、相続税が発生した場合には相続税額が2割加算されます。
(孫が相続する場合には、相続税が2割加算となります) 

3.相続税額の2割加算の対象になる人とは?

家族 笑顔

相続時精算課税に係る贈与によって財産を取得した人が、被相続人の一親等の血族(代襲相続人となった孫(直系卑属)を含みます。)及び配偶者以外の人である場合には、その人の相続税額にその相続税額の2割に相当する金額が加算されます。

例えば、以下の方は相続税額の2割加算の対象になります。

(1)  被相続人から相続又は遺贈により財産を取得した人で、被相続人の配偶者、父母、子ではない人(例示:被相続人の兄弟姉妹や、おい、めいとして相続人となった人)

(2)  被相続人の養子として相続人となった人で、その被相続人の孫でもある人のうち、代襲相続人にはなっていない人

 

文章だと難しく感じるかもしれませんが、孫(代襲相続した孫は除きます)は2割加算の対象になると理解しておきましょう。

4.相続時精算課税制度を利用して孫に土地を贈与することはできるか?

相続時精算課税制度は、お金を贈与しても良いですし、土地を贈与しても問題ありません。
土地を贈与するときには、その時の評価額を贈与することとなりますので、贈与するときの評価額が2,500万円未満であれば、贈与時に贈与税は発生しません。

《注意点》

相続時精算課税制度を選択した場合には、相続時に足し戻しますが、足し戻す金額は、贈与時の評価額となります。
そのため、例えば、土地の贈与時の評価額は2,500万円、相続時の評価額が2,000万円だった場合には、2,000万円は利用せず、2,500万円を使って相続税が計算されますので、この例のケースでは損するでしょう。
将来評価額が下がりそうなものは、相続時精算課税制度を利用する場合難しい判断が必要になるでしょう。

まとめ

相続時精算課税制度を孫が利用する場合、代襲相続した孫か、代襲相続ではない孫かで取り扱いが変わってきますので注意が必要でしょう。
また、相続時精算課税制度を土地などの資産で贈与する場合に、相続税に足し戻して計算する際に、贈与時の評価額で計算されるため、贈与時よりも、相続時の方が、価値が下がりそうであれば、相続時精算課税制度を選択するかを再度検討した方が良いでしょう。

相続時精算課税制度の記事は、下記の記事にも記載しておりますので、ご覧ください。

■関連記事

 ・相続時精算課税制度を簡単にご説明致します!

 ・相続時精算課税制度の6つのメリット8つのデメリット

生前に財産分与を受けたい方はご相談ください!

・ 会社の事業資金が早めに欲しい    


 ・ 借金返済するためにお金を早めに欲しい 


・ 財産を有効活用したい        


上記に該当する方は、相続時精算課税制度の利用をオススメします。


相続のプロが最適な方法をご紹介致します。


全国どこでも対応可能!

創業90余年の信頼と実績をもとに経験豊富な税理士・司法書士が対応致します。


【 相 続 相 談 窓 口 】

freecall_tujihongou

電話をかける



-辻・本郷 全国相続申告センター-



相続情報ラボ | 相続専門の税理士が監修する税金お悩み解決サイトの購読はfacebookが便利です。




Twitter・RSSでも購読できます。

コメント

    コメントはこちらから

    *