へそくりしている奥様必見!へそくりは相続税の課税対象になる?

相続 へそくり

夫が死亡し、専業主婦をしていた妻が持っていたへそくりが相続財産として相続税の対象になってしまうことがあることをご存知でしょうか?へそくりをしている方は、必ずチェックをして頂きたい記事ですので、是非ご覧ください。

1,専業主婦のへそくりが、なぜ相続税の対象になるのか?

ひみつ

 法律上では、夫婦のお金は、夫婦それぞれの財産となります。言い方を変えれば、結婚後『夫が稼いだお金は、夫の財産』、『妻が稼いだお金は妻の財産』となります。どちらのものか判断が難しい場合には、二人のものという考え方になっております。

 では、専業主婦の家庭ではどのような状況になるのでしょうか?

サラリーマンの夫と専業主婦の妻がいた場合、稼いでいるのは、夫になりますので、妻がへそくりしていたとしても、そのお金は、夫のものとみなされてしまうことがあります。

つまり、夫が死亡した場合、へそくりは、夫の財産とみなされてしまうことから、へそくりも相続税の課税対象となってきます。

【ここまでのポイント】

結婚後、専業主婦の妻が一生懸命ためたへそくりは、法律上は、夫の財産となります。

夫が死亡した場合、妻のへそくりも相続税の課税対象になる。

このへそくりを『名義預金』と呼びます。

このへそくり以外にも、妻名義の預金も名義預金と呼びます。

2、名義預金とは?

名義預金とは、親族に名義を借りて預金をしているに過ぎない預金のことを言います。

税務調査の際には下記のようなやりとりで名義預金とみなされてしまいます。

 たとえば、税務署の職員に相続時一緒に住んでいた妻の通帳を全部見られたとします。(通帳を隠して見せなかったとしても、税務署は調べられますのでご注意ください)また、へそくりが見つかってしまった場合も同様に税務署職員に指摘されます。

税務署職員「奥様って、働いていました?」

あなた    「専業主婦でした」

税務署職員「奥様の通帳には、5,000万円も残高があり、さらにへそくりで1,000万円もあるのですがこれはどのように稼いだのですか?」

あなた  「生活費として主人からもらって、貯めました。」

税務署職員「では、この合計6,000万円はご主人の相続財産になりますので、相続税を支払ってください」

つまり、この6,000万円を奥様の名義を借りて、ご主人が貯めたものとみなされます。

これを『名義預金』と呼ぶのです。

上記のような会話を税務署職員とすることが実務上頻繁にあります。

お金は奥様が少しづつ貯めたにもかかわらず、夫名義の預金となります。妻の名義の銀行口座であっても、それは形式で、実質的には夫のものだったとみなされてしまうのです。納得出来ない部分がありますよね?

納得出来ない方が多いので、裁判になることもあるのですが、このようなケースでは、ほとんど勝てない裁判だと言われています

【ここまでのポイント】

名義預金と判定された場合には、相続税の課税対象となります。

 

3、妻のへそくりが、名義預金にならないようにする方法とは?

証拠を押さえる 袋に入れる

(1)証拠があれば、名義預金にはならない!

名義預金ではない!と主張するためには、証拠が必要になります。証拠があれば、名義預金になりません。ではどのような証拠を作ればよいのでしょうか?

(2)へそくりを名義預金としないための証拠作りの方法とは?

へそくりとは、夫に内緒で貯めたお金のことですが、内緒で貯めるのが問題です。夫から生活費にプラスでお小遣いをもらう方法をとりましょう。お小遣いをもらう方法のことを贈与と呼びますが、贈与であれば1年間で110万円まで贈与税なしで夫のお金を妻に移行することができます。

贈与時の注意点は、下記を参照ください。

暦年贈与に絡む5つの論点とは?

まとめ

専業主婦が貯めたへそくりは、何も対策を取らなければ相続税の課税対象になる可能性があります。しかし、前もって対策をしておくことで、税金を発生させることなく、夫から妻へ財産を移転させることができます。相続税を取られないように対策を取っておきましょう。

相続税や贈与税のことでお悩みですか?

その悩み相続の専門家に相談して解消しませんか?


全国どこでも対応可能!

創業90余年の信頼と実績をもとに経験豊富な税理士・司法書士が対応致します。


【 相 続 相 談 窓 口 】

freecall_tujihongou

電話をかける



-辻・本郷 全国相続申告センター-



相続情報ラボ | 相続専門の税理士が監修する税金お悩み解決サイトの購読はfacebookが便利です。




Twitter・RSSでも購読できます。

コメント

コメントはこちらから

*