代襲相続できるけど、遺留分はない?代襲相続と遺留分の注意点を理解しよう。

代襲相続できるけど、遺留分はない?代襲相続と遺留分の注意点を理解しよう。

本来相続する予定だった人が先に亡くなってしまった場合、その子が変わりに財産を相続することを代襲相続と言います。この代襲相続は、遺留分も相続人の立場によって変化します。

今回は、代襲相続と遺留分の注意点についてまとめておきます。

代襲相続できるけど、遺留分はない?代襲相続と遺留分の注意点を理解しよう。

1.代襲相続と遺留分とは

(1)代襲相続とは

本来相続する予定だった人がすでに亡くなっている場合、その相続する権利がさらに子や孫に受け継がれることを言います。配偶者以外で第1順位が子どもですので、子どもがすでに亡くなっている場合は、子どもの子、つまり孫に、子も孫もなくなっている場合、ひ孫に相続する権利が受け継がれていきます。

第1順位、第2順位のどちらも亡くなっていて、第3順位である兄弟姉妹も亡くなっている場合は、兄弟姉妹の子供である甥っ子・姪っ子が相続する権利を引き継ぐということも可能です。この場合も代襲相続となります。

代襲相続って何?代わりに貰える代襲相続の基礎知識

(2)遺留分とは

遺産相続の基本は、被相続人の意思を尊重するため、遺言書がある場合は遺言書の内容が優先となります。しかし、遺言書の内容によっては、残された遺族が全く財産を相続できないという事も考えられます。そうならない為に、最低限相続できる財産を保証することを民法で規定しています。この最低限相続できる財産割合を遺留分と呼びます。

遺留分が保証されている人は、被相続人の「配偶者」「子ども」「父母」までとなっています。相続人の順位で言うと、配偶者を除く、第1順位、第2順位までとなります。

相続発生前に絶対に覚えておきたい『遺留分』の知識

2.代襲相続ができるけど、遺留分がない人

(1)遺留分の計算について

遺留分については、以下のように計算されます。

代襲相続できるけど、遺留分はない?代襲相続と遺留分の注意点を理解しよう。

代襲相続の遺留分の計算は、基本的には、被代襲者の割合と同じになります。代襲者が数名いる場合は、人数で割って計算する形です。

(2)甥っ子・姪っ子には遺留分はない

・代襲相続の説明部分で、甥っ子・姪っ子への代襲相続が出来ることを記載しました。

・遺留分の説明部分では「配偶者」「子」「父母」までと記載しました。

・遺留分の計算部分では代襲相続の遺留分計算は被代襲者の割合と同じと記載しました。

つまり、第3順位の方には遺留分がありません。第3順位は被相続人の兄弟姉妹となり、兄弟姉妹の子である、姪っ子・甥っ子が代襲相続をしたとしても、兄弟姉妹に遺留分が無いので甥っ子・姪っ子にも遺留分はないという事になります。

3.代襲相続と遺留分まとめ

1と2の内容を図にまとめてみます。

代襲相続できるけど、遺留分はない?代襲相続と遺留分の注意点を理解しよう。

まとめ

代襲相続が発生した場合、遺留分がどうなるのかという部分がややこしく、勘違いしてしまう事があります。代襲相続が出来る範囲と遺留分がある範囲には違いがある事と、その範囲を理解しておくことが大切です。



【相続放棄】と、【相続税の申告】で、専門としている事務所が異なります。
相続情報ラボでは、それぞれをもっとも得意としている事務所のみをご紹介しておりますので、悩み・疑問がありましたら下記のご連絡先にお気軽にご連絡ください。