夫婦で一通の遺言を作成しようと思いますが、法律上問題になるのか?

夫婦で一通の遺言を作成しようと思いますが、法律上問題になるのか?

夫婦で一通の遺言を作成できますか?というご質問がまれにありますが、夫婦で一通でも法律上問題ないのでしょうか?

夫婦で一通の遺言を作成しようと思いますが、法律上問題になるのか?

よくある質問 夫婦で一通の遺言は作成できる?

夫婦で一緒に遺言書を作ることはできるのでしょうか。例えば、夫が先に死んだら妻に、妻が先に死んだら夫に、というように、共同で遺言書を作ることはできるのでしょうか。

回答

遺言は二人以上で同一のものを作成できません。

結論からいうと、夫婦で一通の遺言書を作成することはできません。夫婦に限らず、二人以上で一通の遺言書を作成した場合は全て無効になってしまいます。

回答の解説① 民法第975条で取り決められている

民法では、遺言の作成の方法について様々な決まりが定めており、その決まりに一つでも違反すると遺言は無効になるとされています。

遺言の作成の方式を厳格にすることで偽造や変造を防止し、遺言者の遺産の処分に対する真意を確保しようとするという考え方に基づいています。

そのため、遺言は要式行為であると言われています。

そして、その一環として、民法975条は、「遺言は、二人以上の者が同一の証書ですることができない。」と定めており、夫婦に限らず、複数の者が一通の遺言書で遺言を残すことを禁止しています。

これは、複数の者が一緒に遺言書を作成すると、ある者の遺言に他人の意思が影響してしまう可能性があることから、これを防止する趣旨によるものと考えられています。

また、複数の者が一緒に遺言書を作成することを認めると、遺言の撤回や効力発生時期等について複雑な法律関係を生じさせてしまうという観点からも、共同で遺言を作成することが禁じられているのです。

回答の解説② 一通ではなく、別々の遺言書であれば作成できる

仲の良いご夫婦が一緒に遺言を作成したいと考えられることは不自然なことではありません。

ただ、前述のように、「一通」の遺言書で遺言を行うと無効になってしまいます。

ですから、同じ紙に連名で名前を記載したり、押印したりするのは避けなければなりません。

ご夫婦で一緒に遺言を作成されたい場合は、ご夫婦が相談された上で、別々の用紙にそれぞれが遺言の内容を記載して遺言書を作成されるとよいでしょう。

最高裁判所の判例では、別々の用紙にそれぞれが自分の名義で遺言書を作成して、それを綴っただけで容易に切り離すことができた場合の事例において、民法975条が禁止する共同遺言にあたらないと判断したもの(最判平成5年10月19日)があります。

しかし、より安全を図るのであれば、夫婦で相談して遺言を作ったとしても、遺言書を別々に作成し、別々に封に入れて保管しておくべきといえます。