相続対策として生命保険が有効と聞きましたが、具体的にどのように有効なのですか?

相続対策として生命保険が有効と聞きましたが、具体的にどのように有効なのですか?
相続対策として生命保険が有効と聞きましたが、具体的にどのように有効なのですか?

よくある質問 相続対策で生命保険を使う方法があると言われていますが、具体的にはどのように節税することができるのですか?

回答

生命保険には、「相続税の非課税枠」「スムーズな遺産分割ができる」という2つのメリットがあります。

まず生命保険の1つめのメリット「相続税の非課税枠」を活用すれば、単純に現金を相続するよりも相続税を安くすることができます。

そして生命保険には「スムーズな遺産分割ができる」というメリットがあるため、土地や建物、株式などの分割しづらい財産がいくつもあるときに、スムーズな遺産分割を実現する方法となってくれます。

それでは、それぞれのメリットを具体的に解説していきます。

回答の解説①:相続税の非課税枠とは

相続税の非課税枠とは、生命保険の死亡保険金を受け取っても【一定額までは相続税がかからない】という制度のことです。

どれくらいの金額までなら相続税がかからないのかという実際の非課税枠は、相続人の人数によって異なります。相続税の非課税枠は、500万円×法定相続人の人数で求めることになるからです。人数によって変動する非課税枠は、以下のようになります。

・法定相続人が1人なら500万円

・法定相続人が2人なら1,000万円

・法定相続人が3人なら1,500万円

・法定相続人が4人なら2,000万円

たとえば、妻と子ども2人の合計3人が法定相続人でそれぞれの受け取った死亡保険金が700万円だったとしましょう。

法定相続人が3人の非課税枠は1,500万円です。

3人が受け取った死亡保険金の合計額2,100万円(=700万円×3人)から非課税枠1,500万円を引いた残りの600万円が、相続税の課税対象となります。この場合は1人につき200万円が各人の課税金額として加算されます。

結果として【現金で700万円を受け取るよりも生命保険で700万円を受け取ったほうが500万円分課税対象から減額させることができる】ということになります。

また、生命保険の契約者と受取人を同一人物にしておけば、相続税ではなく所得税として課税されます。自分で掛けた保険を自分で受け取ることになるからです。相続税は一律の税額で計算されますが、所得税であれば一時所得の特別控除額などを利用して節税効果が大きくなるメリットを受けることができます。

詳しくは下記サイトでご確認ください。

夫が亡くなり生命保険の死亡保険金を受け取りました。相続税の支払いはありますか?

回答の解説②:分割しづらい財産を分ける時にも有効

生命保険は、分割しづらい財産を分けるときにスムーズな遺産分割を実現してくれます。なぜなら、銀行口座の預金は遺産分割協議が終わるまで現金にすることはできませんが、生命保険の場合は遺産分割協議が終わらなくても受け取ることができるからです。

分割しづらい土地や建物、株式などの財産が多い場合は、

・すぐに売却することができない

・特定の相続人に有利な遺産分割になってしまう

というデメリットが発生しがちです。

分割しづらい遺産であるため、特定の相続人に相続財産が偏ってしまうことも考えられます。

しかし生命保険ならすぐに受け取ることができるため、【代償分割の代償金】として活用することができるようになります。

代償分割については、下記サイトをご参照ください。

分割出来ない相続財産どうする?代償分割という方法が! 

また、相続財産のほとんどが土地や建物などになってしまう場合は、相続税が支払えないという事態に陥ってしまう可能性が高くなります。

売却しようとしてもすぐに買い手が見つかるとは限らないため、延滞税などのペナルティを受けることになってしまいます。しかし生命保険があれば、【相続税をスムーズに支払うことができる】ようになります。

このように生命保険があれば、

・相続税を安くすることができる

・スムーズに遺産分割することができる

という2つのメリットを受けることができるのです。



【相続放棄】と、【相続税の申告】で、専門としている事務所が異なります。
相続情報ラボでは、それぞれをもっとも得意としている事務所のみをご紹介しておりますので、悩み・疑問がありましたら下記のご連絡先にお気軽にご連絡ください。