親が生命保険に入っています。受取人を親自身で契約しています。この場合、生命保険も相続に含まれる?

親が生命保険に入っています。受取人を親自身で契約しています。この場合、生命保険も相続に含まれる?
親が生命保険に入っています。受取人を親自身で契約しています。この場合、生命保険も相続に含まれる?

よくある質問 親の財産について。親が加入している生命保険の受取人が親自身の場合、相続に含まれますか?

回答

相続財産となります。

生命保険の死亡保険金を親自身が受け取るということは一般的には考えられませんが、生命保険の入院保険金の受取人が親自身に設定されているときにこのような相続が起こることがあります。

生命保険の受取人が親自身であるときそれは親の財産となるため、相続財産として相続人で遺産分割することになります。

回答の解説①:生命保険の受取人が誰かということがポイント

相続財産となるかどうかは【生命保険の受取人が誰になっているか】ということがポイントになります。

受取人によってどのように相続するのかを、以下3つの具体事例で解説していきます。

・受取人が親自身

・受取人が特定の人物

・受取人が相続人全員

<受取人が親自身>

受取人が親自身になっている場合は、前述したとおり相続財産となります。相続人で遺産分割する場合は、

・指定相続分

・法定相続分

などの割合で分割するのが一般的です。

指定相続分とは遺言で定められた割合であり、法定相続分とは法律で定められた割合のことをいいます。遺言書や遺言などで相続分が指定されている場合は指定相続分で分割することになります。

しかし急逝した場合などで指定されていない場合は、法定相続分で分割することになります。

<受取人が特定の人物>

仮に受取人が親自身ではなく特定の人物になっている場合は、その人だけの財産となります。

そのため、相続人全員で分割する必要はありません。

しかし、他にこれといった遺産もなく生命保険だけが特定の相続人に指定されており特段の事情があるような場合は、「特別受益」として相続財産となることもあります。

しかし一般的には、特定の人物だけの財産として考えておけば問題ありません。

<受取人が相続人全員>

受取人が概括的に相続人となっている場合は、相続財産とはなりません。

各相続人が死亡保険金を請求することができるだけでなく、相続財産として組み込むには無理があると考えられるからです。

生命保険の約款で割合が定められていなければ、前述した指定相続分か法定相続分を用いて死亡保険金を分けることになります。

回答の解説②:受取人が被相続人でない場合は受取人固有の財産となる

つまり、【受取人が被相続人でない場合は受取人固有の財産】になるのが原則です。

受取人固有の財産となるため、遺産分割協議を行なう必要はありません。ただしあまりにも不公平な相続となる場合は、例外として特別受益になることもあります。



【相続放棄】と、【相続税の申告】で、専門としている事務所が異なります。
相続情報ラボでは、それぞれをもっとも得意としている事務所のみをご紹介しておりますので、悩み・疑問がありましたら下記のご連絡先にお気軽にご連絡ください。