夫が亡くなり受取人である私が死亡保険金を受け取りました。子供は1人います。相続税は?

夫が亡くなり受取人である私が死亡保険金を受け取りました。子供は1人います。相続税は?
夫が亡くなり受取人である私が死亡保険金を受け取りました。子供は1人います。相続税は?

質問 夫が亡くなり受取人である私が死亡保険金1000万円を受け取りました。子供は一人います。相続税はかかりますか?

回答

死亡保険金だけで計算すれば、相続税はかかりません。

保険料負担者=夫、被保険者=夫、受取人=妻である生命保険契約において、夫の死によって発生した保険金は、そもそも相続財産ではありません。保険金請求権は妻固有の権利だからです。しかし、相続税の課税対象にはなります。そのため、死亡保険金は「みなし相続財産」といわれています。

ただし、死亡保険金には「遺族の生活保障」という大きな目的があるため、一定の金額が非課税となります。ですので、子供が一人いる妻が1,000万円の死亡保険金を受け取る場合、相続税はかかりません。その理由を以下で説明します。

回答の解説①:相続人の非課税枠は500万円x法定相続人

相続人が死亡保険金を受け取る場合、「500万円×法定相続人の数」の計算式で算出される金額が非課税となります。

子供が一人いる妻が死亡保険金を受け取る場合の非課税額は、以下の通りになります。

500万円×法定相続人2名(妻、子供)=1,000万円

つまり、このケースでは全額非課税ということになります。

なお、例えば子供が相続放棄した場合も子供を法定相続人の数に含むため、非課税額は変わりません。他に、養子がいる場合は注意が必要です。養子は、実子がいる場合1名まで、実子がいない場合は2名まで法定相続人の数に含むことができます。

ただし、上記非課税の適用は、相続人が死亡保険金を受け取った場合に限ります。相続人以外の人が取得した場合、非課税の適用はなく、全額課税対象となります。

回答の解説②:不動産や預金なども財産として合算する

 相続税は、死亡保険金も含め、不動産や預金などの相続した財産をすべて合算した上で計算されます。被相続人に債務があった場合は負債金額に応じて控除されますし、相続人がお通夜、告別式などの葬式費用を負担した場合、遺産の総額から控除することができます。

 遺産総額−(債務控除+葬式費用+死亡保険金非課税金額)=課税価格

 この課税価格からさらに基礎控除を差し引いた金額が、課税遺産総額となり、法定相続人の間で相続した割合に応じて按分し、それぞれが納税の義務を負います。

 課税価格−基礎控除額(3,000万円+600万円×法定相続人の数)=課税遺産総額

 ただし、配偶者の相続税額が次のいずれか多い金額までは、相続税がかかりません。

(1)1億6,000万円 

(2)配偶者の法定相続分相当額



【相続放棄】と、【相続税の申告】で、専門としている事務所が異なります。
相続情報ラボでは、それぞれをもっとも得意としている事務所のみをご紹介しておりますので、悩み・疑問がありましたら下記のご連絡先にお気軽にご連絡ください。