相続の「単純承認」とは?気を付けたい「法定単純承認」のワナ

相続の「単純承認」とは?気を付けたい「法定単純承認」のワナ

相続をする場合、その方法の1つとして「単純承認」があります。その名の通り、「相続をすることを単純に承認する事」とイメージはつきますが、単純承認は実際「単純」ではなく、様々なケースが見受けられます。

今回の記事では、相続における単純承認についての概要とよくある事例についてご紹介していきたいと思います。

相続の「単純承認」とは?気を付けたい「法定単純承認」のワナ

 1.単純承認とは

①単純承認・限定承認・相続放棄の違い

「単純承認」は、民法で定められている法律用語です。

その意味ですが、被相続人が亡くなった時に相続人が「私は〇〇さんの財産を相続します」と意思表示することを指します。

これに対し、「相続したくない」と意思表示することを「相続放棄」と呼びます。
相続の「単純承認」とは?気を付けたい「法定単純承認」のワナ  ここで気になるのは、「単純」という言葉です。

相続人にある権利が、相続を「する」「しない」の2択であるのであれば、「承認」と「放棄」でよいではないか、と思いませんか?

 相続には、相続を「する」と「しない」だけではなく、「一部する」という3つ目の選択肢もあるのです。これを「限定承認」と呼びます。「お買い物と床拭きのお手伝いをしてくれたら、おこづかいあげるわよ。」とお母さんから子供が言われたとします。「床拭きはイヤだけど、お買い物ならする。」これも、一種の限定承認です。

 相続の「単純承認」とは?気を付けたい「法定単純承認」のワナ

限定承認は何故あるのでしょうか?答えは、相続人を守るためです。

被相続人(=亡くなった人)が多額の現金を持っており一切の借金もなく、相続人がトクするケースだけとは限りません。

相続人は「〇〇については承認できないけど、〇〇については承認します」といったように条件をつけて承認をすることができるのです。このように条件をつけることを、専門用語で「留保」と呼びます。

単純承認は、留保をつけず原則通りの相続を受け入れるという相続人の意思表示を指します。

②単純承認の手続き

相続の「単純承認」とは?気を付けたい「法定単純承認」のワナ

相続放棄や限定承認の場合と比べ、単純承認の手続きは非常に簡単です。

相続人が相続を知った日から3か月経過すると、自動的に単純承認をしたとみなされます。

 「相続を知った日」とは少々分かりにくい言葉ですが、相続人が被相続人の死亡を知った日のことです。長期の旅行などで死亡を知ることができなかった場合は、帰国後に初めて被相続人の死を知らされた日となります。

単純承認をすると、被相続人に借金があった場合も含めて相続しなくてはいけない義務が発生しますので、注意が必要です。被相続人が亡くなってから3か月の間に迅速に借金があるか調べる事は簡単ではありません。

そのため生前にエンディングノートや遺言を作成し、被相続人の財産や意思を明らかにするという準備をする方が増えています。

③法定単純承認とは

相続の「単純承認」とは?気を付けたい「法定単純承認」のワナ

法定単純承認とは、法律として単純承認が成立したことを指します。

被相続人が亡くなってから3か月の間に、相続人が「相続します」と意思表示すればいいのですが、相続人が行方不明などの場合で意思表示が確認できないケースもあります。

 そこで、以下のケースに該当した場合は法定単純承認として、法律で単純承認したということにしようね、と決められています。

<民法第921条>

(1)相続人が相続財産の全部または一部を処分したとき

具体的には家屋の取り壊しや預貯金の解約・払い戻しなどのケースが挙げられます。

 例えば、相続人が「つぶれかけの家屋が相続財産としてあるが、相続すると固定資産税の支払いで負担が増えて困る。」と家屋を勝手に取り壊してしまった、などの事例も多数寄せられています。また、夫が被相続人で相続人である妻が夫の口座を全て払い戻ししてしまった場合も問題です。相続するのは、まず遺産分割協議という話し合いをしてからでないと財産は相続できません。

 このため、事前に夫の口座を払い戻してしまった妻は、夫の相続を単純承認したとみなされ法定単純承認と扱われます。

 しかし、相続人が被相続人の財産を使ってもよいケースも一部あります。例えば、妻が夫の葬儀や墓石購入のために夫の口座から預金を引き出して精算した場合は、法定単純承認にはなりません。

(2)相続人が相続を知った日から3か月以内に限定承認または相続放棄をしなかった

前述した通り、相続には「単純承認」、「限定承認」、そして「相続放棄」の3種があります。期間内に、3種のうちの2種類(限定承認と相続放棄)を選択しなかったので、必然的に残りの1種類(=単純承認)になる、という考え方です。

※相続放棄や、限定承認についての詳細は、下記サイトをご参照ください。

知らなきゃ大損に!?相続放棄7つのポイント

限定承認で絶対に相続したい資産を守る方法!!

(3)相続人が限定承認または相続放棄をした後であっても、相続財産の全部もしくは一部を隠蔽し、これを消費し、または悪意で相続財産の目録中に記載しなかったとき

 相続の「単純承認」とは?気を付けたい「法定単純承認」のワナ

これに関しては、こんなケースが挙げられます。例えば被相続人である父が亡くなり、母も他界していたとしましょう。そして、父の財産を3人の子供が相続すると仮定します。

父と同居していた姉は、他の兄弟よりも父の介護をしていたので勝手に財産を一部隠してしまいました。この場合、姉は法定単純承認をしたとみなされます。

2.単純承認の注意点

単純承認は、被相続人の財産も負債も全て受け入れるという意思表示です。

このため、被相続人に借金がある場合、単純承認をすると相続人が借金の支払いをしなくてはいけなくなるのです。

 単純承認をする、または法定単純承認にならないよう、相続が相続人の負担にならないよう、まずは被相続人の財産を負債含め正確に把握することが重要です。

借金が数十万円の場合はまだ支払い可能ですが、数千万円の借金をしていた場合、シャレにならないです。人は見かけでは借金がいくらあるかわかりません。

住宅ローンの場合は、契約人が死亡した場合はこれ以上ローンを支払わなくてよいという団体信用生命保険にほとんどの人が加入しています。そのため、「旦那の住宅ローンが払えないから、相続放棄!」と即決断する事はやめましょう。 

クレジットカードや銀行での借り入れがあるかどうかは、

全国銀行協会のホームページ

CICホームページ

JICCホームページ

で問い合わせる事ができます。

まとめ

いかがでしたか?単純承認は負債も含め承認するという意思表示なので、事前に被相続人に借金があるか確認することが重要です。また、単純承認をするつもりでないのに、結果的に単純承認となってしまう「法定単純承認」にも注意が必要です。

関連論点をまとめておきますので、気になる記事をご確認ください。

被相続人の過払い金も請求できる!?相続放棄の前に過払い金の確認をしよう。



【相続放棄】と、【相続税の申告】で、専門としている事務所が異なります。
相続情報ラボでは、それぞれをもっとも得意としている事務所のみをご紹介しておりますので、悩み・疑問がありましたら下記のご連絡先にお気軽にご連絡ください。