代襲相続って何?代わりに貰える代襲相続の基礎知識

代襲相続って何?代わりに貰える代襲相続の基礎知識

代襲相続という言葉を検索した方は、別のサイトや本を読んでいる際に『代襲相続』というワードが出てきて意味がわからなくて検索したのではないでしょうか?
代襲相続とはざっくり言えば子や孫が財産を相続することです。子や孫が相続することは可能ですが、要件を満たす必要がありますので、その要件をしっかりと理解する必要があるでしょう。

代襲相続を理解するためには『相続人』という言葉を理解することが必要ですので、まずは『相続人』について説明し、その後に、『代襲相続』に絡んでくるであろうすべての内容をご説明させて頂きます。

代襲相続って何?代わりに貰える代襲相続の基礎知識

1.相続人とは?

誰が相続人になるのか?

(1)被相続人(死亡した方)の配偶者は常に相続人(相続する人)となります。

  例えば、

  • 夫が亡くなった場合には妻が必ず相続人となります。
  • 妻が亡くなった場合には夫が必ず相続人となります。

  ※内縁の妻や離婚した前の妻は相続人にはなりませんので注意してください。 

(2)配偶者以外の相続人は以下の順位によって決まります。

代襲相続って何?代わりに貰える代襲相続の基礎知識第1順位

死亡した人の子供

その子供が既に死亡しているときは、その子供の直系卑属(子供や孫など)が相続人となります。
子供も孫もいるときは、子供が相続します。
子供がすでに死亡しており、孫がいる場合には、孫が相続します。(これを代襲相続と呼びます)

第2順位

死亡した人の直系尊属(父母や祖父母など)

第1順位の人がいないときは第2順位の方が相続人となります。
第1順位の方がいる場合には、第2順位の方は相続できません。
父母も祖父母もいる場合は、死亡した人により近い世代である父母の方を優先します。

第3順位

 死亡した人の兄弟姉妹

第1順位の人も第2順位の人もいないとき第3順位の方が相続人となります。
第1順位、第2順位の方がいる場合には、第3順位の方は相続できません。
 その兄弟姉妹が既に死亡しているときは、その人の子供(甥っ子、姪っ子)が相続人となります。(これを代襲相続と呼びます)
※第3順位の代襲(下の世代に引き継ぐこと)は1度のみとなるため、甥っ子、姪っ子に子供がいた場合でも代襲はされません。
 

 注意点としては、相続を放棄した人は初めから相続人でなかったものとされます。
 また、内縁関係の人は、相続人に含まれません。
 内縁関係の人とは、法律上の正式な夫婦と認められない男女の関係がある方を指します。
 
相続人については
でより詳しく説明しております。ご参照ください。

2.代襲相続とは?

 代襲相続とは、相続する人が死亡しているときに、その相続する権利がさらに子・孫などに受け継がれることを言います。 
 配偶者以外で、第1順位の相続人が子供です。その子供がすでに死亡している場合には、子供の子、つまり孫がいれば相続人は孫となります。
子も孫も死亡していれば、ひ孫に相続する権利は受け継がれます。

代襲相続って何?代わりに貰える代襲相続の基礎知識
※上記のケースでは、子が死亡しており、相続できないため、子の代わりに孫が相続します。これを「代襲相続」と呼びます。 

3.甥っ子、姪っ子にも相続する権利が発生することがあるのか?

 相続人として第1順位である子や、第2順位である親のどちらも死亡しているときは、第3順位の兄弟姉妹が法定相続人(相続財産をもらう権利がある人)となります。
しかし、兄弟姉妹も亡くなっている場合で、その兄弟姉妹の子供である、甥っ子や姪っ子がいる場合には相続する権利が兄弟姉妹から引き継がれていきます。
兄弟姉妹の代わりに、甥っ子、姪っ子が相続する権利を引き継ぐので、これも「代襲相続」と呼びます。

甥っ子や姪っ子が亡くなっており、その子供がいる場合は相続する権利は引き継がれることはありません。

第3順位である兄弟姉妹の代襲(下の世代に引き継ぐこと)は1度のみとなるため、甥っ子、姪っ子に子供がいた場合でも代襲はされません。

4.孫が代襲相続人となった場合、いくらの相続財産をもらう権利があるのか?

例)被相続人(夫)の財産3,000万円、相続人(妻・子)2名(内1名(子)は被相続人よりも先に死亡)、子には1名の子供(孫)がいる。よって全部で相続する人は妻、孫の2名(うち代襲相続人1名)このように本来、子が受け取る権利があった相続分を子の子供である孫が受取ることが出来ます。

代襲相続って何?代わりに貰える代襲相続の基礎知識

5.甥っ子や姪っ子が代襲相続人となった場合いくら相続財産をもらう権利があるのか?

例)被相続人(夫)の財産4,000万円、相続人(妻・兄)2名(内1名(兄)は被相続人よりも先に死亡)、兄には1名の子供(おいっ子)がいる。よって全部で相続する人は妻、甥っ子の2名(甥っ子が代襲相続人)このように本来、兄が受け取る権利があった相続分を兄の子供であるおいっ子が受取ることが出来ます。

代襲相続って何?代わりに貰える代襲相続の基礎知識

6.代襲相続の相続放棄時の注意点

では、子供が相続放棄をした場合には、孫に代襲相続されるのでしょうか?

相続放棄をした場合、代襲相続は適用されません。もし、子が相続放棄している場合には、孫に相続する権利が移ることはありません。

7.代襲相続人は基礎控除の算定に含まれるか?

 代襲相続人も、法定相続人の数に含まれます。

相続税の計算では、相続財産から基礎控除額等を控除した金額をもって税金計算をします。

この基礎控除は、 平成27年1月1日以降、

「 3,000万円 + (600万円×法定相続人の数) 」

で求めます。

仮に相続する人が代襲相続人の孫のみであれば、基礎控除額は

3,000万円+600万円×1人=3,600万円

となります。

まとめ

 代襲相続での基礎知識を簡単にまとめさせて頂きました。代襲相続によって思いもよらない方が相続する権利を得ることもあるのです。
実務上も頻繁に代襲相続人が登場しますので、しっかりと代襲相続の内容を理解しておくことが必要となるでしょう!


【相続放棄】と、【相続税の申告】で、専門としている事務所が異なります。
相続情報ラボでは、それぞれをもっとも得意としている事務所のみをご紹介しておりますので、悩み・疑問がありましたら下記のご連絡先にお気軽にご連絡ください。