お腹の赤ちゃん(胎児)でも相続する権利ってあるの?

お腹の赤ちゃん(胎児)でも相続する権利ってあるの?

お腹に赤ちゃんがいる状態で、配偶者が亡くなってしまった場合には、まだ生まれていない赤ちゃんに相続する権利はあるのでしょうか?今回の記事では、胎児に相続する権利があるのかをご説明していきます。

 

お腹の赤ちゃん(胎児)でも相続する権利ってあるの?

1、お腹にいる赤ちゃん(胎児)でも相続できる

妊娠

お腹にいる赤ちゃん(胎児)は、まだ生まれていないのですが、両親が死亡した場合、その財産を相続することができます。

上記内容は、

民法886条

1、胎児は、相続については、既に生まれたものとみなす。

と記載されているため、相続することができるのです。

2、胎児は、相続人になる

 相続人(相続する人)の決定には、ルールがあります。そのルールをご説明致します。

相続人はどのように決めるかを簡単にご説明致します。

(1)被相続人の配偶者は常に相続人となります。 

相続人は、亡くなった人から財産を取得する権利を有する人のことです。

被相続人は、財産を残して亡くなった人のことです。

例えば、夫が亡くなった場合には妻が必ず相続人となります。妻が亡くなった場合には夫が必ず相続人となります。
つまり、被相続人に配偶者がいる場合は、配偶者と次に説明する「順位の高い相続人」で財産を分けることになります。

※注意点としては、戸籍上、入籍していることが要件です。よって、内縁の妻や離婚した前の妻は相続人にはなりません。  

(2)配偶者以外の相続人は以下の順位によって決まります。

相続人 順位

1順位

死亡した人の子供

その子供が既に死亡しているときは、その子供の直系卑属(子供や孫など)が相続人となります。

子供も孫もいるときは、子供が相続します。

胎児も、民法886で、すでに生まれたものとみなす。と記載されているため、子供としてカウントしていきますので、第一順位の相続人となります。

 

第2順位、第3順位は今回は割愛しますが、詳しくは、

5分でわかる!相続する人(相続人)って誰?

上記サイトをご参照ください。

3、胎児の相続分はいくら?

お金 贈与

 相続分とは、いくら財産をもらう権利があるのかということです。相続する人(民法で定められた相続人)が誰になるかによって、その割合も異なってきます。

表でまとめましたのでご覧ください。

[相続人の構成と相続分]

相続人の構成

相続人

法定相続分

備    考

配偶者と子

配偶者

 1/2 

配偶者は常に相続人。この構成では1/2が相続分

 1/2 

子全員で1/2。
(例)子が3人の場合1人あたり 1/6 = 1/2×1/3

配偶者と
直系尊属

(父・母)

配偶者

 2/3 

配偶者は常に相続人。この構成では2/3が相続分

直系尊属

 1/3 

両親で1/3。
(例)父母ともに健在であれば1人あたり 1/6 = 1/3 ×1/2

配偶者と
兄弟姉妹

配偶者

 3/4 

配偶者は常に相続人。 この構成では3/4が相続分

兄弟姉妹

 1/4 

兄弟全員で1/4。 
(例)兄弟2人の場合1人あたり1/8 = 1/4×1/2

具体的には次の通りとなります。

配偶者のみで第1~3順位まで誰もいない場合

配偶者がすべて取得します。

配偶者と第1順位(子または孫)

配偶者が2分の1、第1順位の方が2分の1

配偶者がいない場合、第1順位(子または孫)の方がすべて取得します。

 

胎児も生まれたこととみなすと決まっていることから、子供とみなされます。そのため、胎児がいる場合には、2分の1を使って計算します。

(例)配偶者と、子供1人、胎児1人の場合には、

胎児は、1/2×1/2=1/4

が相続分となります。

③以降の内容は、割愛させて頂きますので、詳しくは、

相続分を知らないと本来の取り分が貰えない可能性も!?

をご参照ください。

4、胎児がいるときは、どのように遺産を分割すればよいのか?

 相続財産は、①誰が②どの資産を③いくらもらうのか

を確定していくために、遺産を分割する協議(遺産分割協議)を行わなければなりません。

未成年者には、代理人をつけることで、遺産分割協議を行うことができます。胎児も同様に代理人をつけることで、遺産分割協議を行うことが可能となります。

5、胎児がいる時に離婚してしまった場合の相続はどうなるのか?

例を使ってご紹介致します。

【登場人物】

離婚した妻

離婚した妻のお腹の中の赤ちゃん

夫が、離婚してから死亡した場合、妻は離婚していれば、配偶者ではなくなりますので、離婚した妻は相続人にはなりません。

お腹の中の赤ちゃんは、生まれたものとみなすため、夫の子供とみなされますので、胎児は相続人となります。

 

まとめ

お腹の中にいる赤ちゃん(胎児)は、まだ生まれてきていないのですが、法律で生まれたものとみなすとの考えがあるため、相続することができる!と覚えておきましょう。

 



【相続放棄】と、【相続税の申告】で、専門としている事務所が異なります。
相続情報ラボでは、それぞれをもっとも得意としている事務所のみをご紹介しておりますので、悩み・疑問がありましたら下記のご連絡先にお気軽にご連絡ください。