相続登記はいつまでにする必要があるの?期限はある?

相続登記はいつまでにする必要があるの?期限はある?

不動産を持っていた方が亡くなり、その不動産を相続人が相続した場合には、基本的に、相続登記(不動産の名義変更)を行う必要があります。今回は、相続登記の期限についてご紹介していきます。

相続登記はいつまでにする必要があるの?期限はある?

1、相続登記(不動産の名義変更)はしなければいけないの?

死亡届

不動産の名義変更は、しておいたほうがよいのですが、義務ではありません。

義務ではないため、何もせず放置していたとしても罰金が発生することもありません。

実務上も相続登記しない方も多数いらっしゃるのが現状です。

【ポイント】

相続登記は、法律上、義務ではないため、いつまでに相続登記しなければならないという決まりはない。

つまり、相続登記には、期限はありません。

実務上、相続登記していない方が意外と多い

 

2、相続登記しないことによる5つのデメリットとは?

相続税 払えない

(1)相続登記をしないデメリット1

相続登記しなければ、第3者にその不動産が自分のものであることを証明できないため、不動産を売却することができない

(2)相続登記をしないデメリット2

相続登記しなければ、第3者にその不動産が自分のものであることを証明できないため、不動産を担保に提供することができない

(3)相続登記をしないデメリット3

仮に長期間経過してから相続登記を依頼する場合、すぐに相続登記した場合に比べ費用が高くなる可能性がある

(4)相続登記をしないデメリット4

すぐに相続登記せず、長期間経過後に相続登記をしようとした場合に、相続登記ができない可能性がある

(5)相続登記をしないデメリット5

相続登記しなかったことで、他の相続人が勝手に不動産を売却してしまう可能性がある。

3、相続登記するための費用は?

 相続登記は、数万円を支払うことで依頼することが可能です。司法書士にご相談することをオススメします。上記2でも記載したように、すぐに依頼すれば数万円で済むにもかかわらず、長期間経過した後に相続登記をした場合には、数十万円になっている可能性もあります。そのため、相続登記に期限はありませんが、早めにやっておくことをオススメします。

まとめ

相続登記の期限をご理解頂けたでしょうか?相続登記をしないことで、争いが発生する可能性がありますので、すぐに相続登記することをオススメ致します。



【相続放棄】と、【相続税の申告】で、専門としている事務所が異なります。
相続情報ラボでは、それぞれをもっとも得意としている事務所のみをご紹介しておりますので、悩み・疑問がありましたら下記のご連絡先にお気軽にご連絡ください。