死亡届の記載事項証明書(死亡届の写し)を請求する方法

死亡届写し

遺族年金などを請求する場合には、『死亡届の写し(死亡届の記載事項証明書)』がなければなりません。
そのため、今回は、死亡届の写しを請求する方法をご紹介していきます。

1.死亡届の写し(死亡届の記載事項証明書)を請求するには?

 死亡届の写しは、原則として非公開となっております。

そのため、特別な理由がなければ公開されることはありません。

しかし、特別な理由があれば、一定の利害関係者に対してのみ公開することが認められております。

【特別な理由とは?】

  • 遺族基礎年金の請求
  • 遺族厚生年金の請求
  • 遺族共済年金の請求
  • 郵便局簡易保険の死亡保険金(郵便局の民営化前の契約で証書上の保険金額が100万円を超えるもの)を請求

上記のような事が、特別な理由に該当します。

いずれの場合であっても、年金証書や簡易保険証書など、死亡者の氏名、証書内容がわかる疎明資料を提示することで、死亡届の写しを請求することができます。

【注意点】

特別な理由がなければ公開することができないため、以下の場合には公開できません。

  • 会社へ提出するために、死亡届の写しを交付して欲しい
  • 民間の保険会社の保険の受給手続きを行うために、死亡届の写しを交付して欲しい
このような理由では、『死亡届の写し』の公開はできません。
『死亡届の写し』の代わりに、病院の死亡診断書等で対応することになります。

2.死亡届の写しを請求できる方とは?

誰 who

  • 死亡届の届出人で、かつ、『特別な事由』がある方
  • 死亡者の親族等の利害関係人であって、かつ、『特別な事由』がある方

※代理人の場合は、委任状が必須

※利害関係人とは、六親等内の血族、配偶者、三親等内の姻族となります。

少し表現が難しいので、親族であれば、請求できるとイメージを持っておくとよいでしょう。

【特別な事由とは?】

  • 郵便局の簡易生命保険の請求(保険金受取人である。)
  • 遺族年金の請求(受取人である)
  • 国民年金の請求(受取人である)
  • 厚生年金の請求(受取人である)
  • 共済年金の請求(受取人である)

3.死亡届の写しはどこに請求すればよいのか?

死亡届の届出先

または

届出当事者の本籍地の市町村役場

上記のどちらかでご請求し、『死亡届の写し』を取得してください。

【注意点1】

死亡届を提出した市町村が、死亡した方の本籍地である場合は、提出日から約1ヶ月は市町村で保管します。
そのため、当該市町村で取得することができます。
しかし、約1ヶ月を超える場合には、申請窓口が、管轄法務局になります。

【注意点2】

死亡した方の本籍が届出した市町村と異なる場合は、届出された市町村で死亡届の写しを約1年間保管します。
そのため、1年間は、当該市町村で取得することができます。
しかし、約1年を超える場合には、申請窓口が、死亡した方の本籍地を管轄する法務局になります。

4.死亡届の写しを請求する際に必要なものとは?

パスポート

  • 簡易保険証書、年金証書や遺族年金請求書など受取人であることがわかるもの。
  • 窓口に来られる方の本人確認書類(免許証、住基カード、パスポート等)
  • 戸籍(利害関係人であることを証明するもの)
  • 委任状(代理人が請求する場合)

5.死亡届の写しを請求するための手数料は?

手数料 1通 350円

まとめ

死亡届の写しは、ざっくり言えば保険や年金を請求する際に必要になります。
不安な点は、役所の窓口に電話で確認してから訪問することをオススメします。

相続税や贈与税のことでお悩みですか?

その悩み相続の専門家に相談して解消しませんか?


全国どこでも対応可能!

創業90余年の信頼と実績をもとに経験豊富な税理士・司法書士が対応致します。


【 相 続 相 談 窓 口 】

freecall_tujihongou

電話をかける



-辻・本郷 全国相続申告センター-



相続情報ラボ | 相続専門の税理士が監修する税金お悩み解決サイトの購読はfacebookが便利です。




Twitter・RSSでも購読できます。

コメント

コメントはこちらから

*