相続放棄しても生命保険はもらえるって本当!?

相続放棄 保険

相続放棄をしていると、何も受け取れないとお考えの方も多いのではないでしょうか?
本来、相続放棄をすれば、何も受け取れなくなりますが、生命保険金(死亡保険金)は受取ることが出来るのです。
つまり、被相続人(亡くなった方)が債務超過で、借金を変わりに返済したくないため相続放棄をしたとしても、死亡保険金だけは受け取れるということになります。知らない方も多いと思いますので、是非ご覧ください。

1.相続放棄をしても生命保険は受取ることが可能!?

契約者と被保険者が同じ場合には、死亡保険金は相続財産ではなく、保険金の受取人、固有の財産となります。
たとえば死亡保険を以下の通り契約していたとします。
【例】
契約者(保険料負担者)
被保険者
死亡保険金受取人

死亡保険金は、妻の固有の財産となるため、死亡した夫の財産ではありません。そのため、妻は相続を放棄しても死亡保険金を受け取ることが可能です。

《注意点》
死亡保険金は、『みなし相続財産』として相続税の課税対象になります。相続放棄をしたのであれば、死亡保険金のみが相続税の課税対象になるということを理解しておきましょう。

2.相続放棄をしても、受け取れる生命保険金にかかる税金とは?

受け取った生命保険金(死亡保険金)には、相続税が発生します。
相続税を計算する際に必要なことをご説明していきます。

(1)死亡保険金には非課税枠がある?

【例1】相続人が「妻」と「子」の2人で、子が相続放棄をした場合
<死亡保険の契約内容>
契約者(保険料負担者)
被保険者
死亡保険金受取人

被保険者でもある夫が死亡し、死亡保険金5,000万円を、保険金受取人である妻が受け取りました。このときに、子は相続放棄をしました。その際、相続税を計算する際の注意点は?

上記1でご説明しましたが、死亡保険金は、相続税の対象となります。そのため、妻が受け取った死亡保険金は相続税の課税対象となります。
しかし、死亡保険金5,000万円全額が課税の対象とはなりません。なぜなら、生命保険には、死亡保険金の非課税という特典があるのです。

なぜ非課税の特典があるのかというと、死亡保険金が、残された遺族の生活保障という役割を持っているため一定の死亡保険金が非課税とされています。
では、非課税となる金額はいくらでしょうか?

(2)死亡保険金はいくらが非課税になるのか?

死亡保険金の非課税額は次の式で求めます。

500万円 ×  法定相続人※の人数

法定相続人が、妻と子の2人の場合には、1,000万円(=500万円×2人) となります。

※「法定相続人」とは相続税法第19条の3において、「相続の放棄があった場合には、その放棄がなかったものとした場合における相続人」と規定されています。
つまり、「法定相続人の数」は相続の放棄をした人がいる場合であっても、その放棄がないとした場合の相続人の数を言います。

したがって、死亡保険金の非課税金額計算上の法定相続人数には相続を放棄した方も含みます。

【例2】相続人が、妻のみで、妻が相続放棄をした場合
<死亡保険の契約内容>
契約者(保険料負担者)
被保険者
死亡保険金受取人

相続を放棄した場合は、法定相続人にはなりますが、相続人とはみなされません。
そのため、生命保険金の非課税金額の適用を受けることはできません。

妻は相続放棄しており、相続人とみなされないため、生命保険の非課税金額が適用出来ません。

したがって、死亡保険金全額が相続税の対象となります。

<注意点>
『法定相続人』という言葉と、『相続人』という言葉は、意味が違います。

「法定相続人」とは

相続税法第19条の3において、「相続の放棄があった場合には、その放棄がなかったものとした場合における相続人」と規定されています。

「相続人」とは

相続を放棄した者及び相続権を失った者を除いた者となります。(相続税法第3条)
例えば、被相続人(亡くなった方)の親族が子供と親であった場合、法定相続人は子供となります。
その子供が放棄をした場合には、子供は相続人ではなくなり、親が相続人となります。しかし、法定相続人となるのは子供となります。
つまり、「法定相続人の数」は相続の放棄をした人があっても、その放棄がなかったものとした場合の相続人の数を言います。
難しいので、相続の放棄がなければ基本的に相続人も法定相続人も同じものだと考えておいて問題ないでしょう!

(3)相続放棄をした場合の生命保険はいくら税金がかかるのか?

契約者(保険料負担者)
被保険者
死亡保険金受取人

上記の場合で、相続人が妻のみだったとします。夫が債務超過だったため、相続放棄しましたが、死亡保険金を3,600万円取得しました。相続税を計算する際に、相続放棄をした方は、保険金の非課税制度は利用出来ませんが、基礎控除は利用できるため、

3,600万円(死亡保険金)-3,600万円(基礎控除)=0

よって、課税されません。

相続税の基礎控除額は「3,000万円+600万円×法定相続人数」で計算します。

法定相続人が、今回は、妻のみであるため

3,000万円+600万円×1人=3,600万円

となります。

<ポイントのまとめ>

  • 相続放棄をした人は、生命保険金の非課税制度は適用できない
  • 相続放棄をした本人は非課税の適用を受けられませんが、非課税金額を計算する際の「法定相続人」の人数には相続放棄をした人も含める
  • 相続放棄をした方でも、基礎控除は適用される

保険の相談をプロにお願いしたい方はこちら

まとめ

相続放棄をしても生命保険(死亡保険金)を受取ることが出来るということをご理解頂けたでしょうか?被相続人が債務超過の場合、相続放棄をする方が多いと思いますが、相続放棄をしても死亡保険金は受取ることが出来るということをあまり理解していない方も多いので、覚えておくとよいでしょう。

相続放棄自体よくわからないという方は、「相続放棄しないと親の借金が自分の借金になってしまうかも?」をご覧ください。

相続放棄の期限は3ヶ月以内です!

手続したいが自分でやるのはハードルが高い
手続きで失敗したくない         
相続争いに巻き込まれたくない      
相続放棄の期限を過ぎてしまった     

1つでもあてはまる方は、今すぐ相続放棄の専門家にご相談ください。

全国どこでも対応可能!
経験豊富な相続放棄専門の司法書士が対応致します。

【 相 続 放 棄 相 談 窓 口 】
東京相続放棄センター

電話をかける

-東京 相続放棄相談センター(運営:なかむら司法オフィス)-


相続情報ラボ | 相続専門の税理士が監修する税金お悩み解決サイトの購読はfacebookが便利です。




Twitter・RSSでも購読できます。

コメント

    コメントはこちらから

    *