遺品整理と形見分けは慎重に!その方法と注意点は?

葬儀が終わり落ち着いた頃にやらなければいけないことのひとつに、遺品の整理と形見分けがあります。すぐには遺品に手をつける気持ちになれないでしょうが、いつかは整理しなければなりません。今回は、遺品整理や形見分けを行う方法と気をつけるべきポイントなどをお伝えします。

1.遺品整理・形見分けのタイミングは?

故人が生前に使っていた衣類や家具、日用品などを遺品と言いますが、遺品は故人の思い出が詰まったものなので、遺品整理は精神的にとても辛い作業となります。悲しみが癒えない時に遺品の整理を無理に急いでする必要はありませんが、いつまでも目の前に遺品を置いておくことは悲しみを引きずることにもなります。

遺品整理をすることで心の整理に繋がるという人も多いですから、精神的に少し余裕がでてきたら遺品整理にとりかかりましょう。ただし、故人が賃貸物件に1人で住んでいた場合は、家賃も発生しますのでなるべく早く整理を始めたほうがよいでしょう。

2.遺品整理の方法は?

(1)遺族がする場合

遺品整理は処分するものと残しておくもの、そして形見分けするものに仕分けしていきます。まずは、貴重品や残しておくべきもの、形見になるものを大切に保管します。まだ使用できる家電製品や家具などは、使う人がいなければリサイクルショップに売却することもできます。大型のものだったり運べなかったりする場合は、引き取りにきてもらえるリサイクルショップもあるので確認してみましょう。

そのほか処分するものは種類によって分類し集積場に出しますが、地域によって回収のルールが違ってきますので適切な方法で処分します。自分で地域のゴミ処理センターへ直接持ち込む事もできます。

(2)業者に依頼する場合

遺品整理はご遺族の方が行うことが望ましいのですが、さまざまな理由でそれができない場合もあります。そういった場合、遺品整理を行ってくれる業者にお願いすることになりますが、業者の中には悪徳業者もいます。

また料金体系は業者によって大きく変わってくる場合がありますので、数社に見積もりを出してもらいサービス内容を確認してどこの業者にするか決めましょう。
トラブルが起きないように、全てを業者に任せるのではなく貴金属や残しておくべき大切な物は事前にご遺族の方で保管しておくことをおすすめします。

3.遺品整理を行う時の注意点

(1)遺言はあるのかどうかを確認する

遺品整理を始める前に、まず遺言書の有無を確認します。

正式な手続きで書かれている遺言書は法的な効力を持っていますので、遺品に関しての記述があればそれに基づいて行わなければいけません。もし、故人がエンディングノートなど意思や希望を書いているものがあれば、できるだけ故人の気持ちを尊重しましょう。

(2)家族や親族に確認を

後々家族、親族から「勝手に処分した」と不満の声があがったり、あらぬ疑いをかけられたりといったトラブルが起こらないように遺品整理を始める時には、必ず家族、親族に連絡をしてください。

(3)迷ったらしばらく保管しておく

処分するか迷ってしまって判断がつかない場合は、とりあえず処分するのはやめておきます。処分した後に後悔しても戻ってきません。そこで迷ったものを入れる保管箱を作っておくと作業がスムーズに進みます。それから1年、2年たった時にもう1度見直して処分するか残しておくか判断しましょう。

故人の手帳や日記帳、住所録、仕事関係の書類などは後で必要になる可能性があります。すぐに処分せずにまとめて数年は保存しておきましょう。

(4)ひとりで行う場合は遺産分割協議書を

相続人が一人ではなく数人いる場合は、相続人全員で遺品整理を行うのが良いでしょう。全員で遺品整理をすることが難しい場合は、トラブルを回避するために事前に遺産分割協議を行い、その結果を遺産分割協議書として残しておきます。

4.形見分けの方法

故人が大切にしていた品物を、故人と縁の深かった親族や友人などに渡すことを形見分けと言います。渡す品物については衣類や書物、装飾品など特に決まりはありません。まずは、誰に何を贈るのかを決めますが、渡した相手に喜んでもらえるように相手の年齢や趣味趣向を考慮して選ぶと良いでしょう。目上の人に贈るのは失礼にあたるとされていますが、本人が喜んで受け取ってくれる関係だったり形見分けの申し出があったりした場合は問題ありません。故人からの遺言があれば、故人の希望に従って形見分けをします。

5.形見分けを渡す時の注意点

(1)先方に確認してから渡す

形見分けの品物は、汚れや傷みがひどいものや古いものは先方からの希望がない限りは贈らないようにします。

贈る時は衣類ならクリーニングに出し、小物類は汚れを取り除いてきれいにしてから渡します。

(2)軽く包む程度にする

形見分けはプレゼントではないので、箱に入れたりきれいに包装をしたりせずにそのまま渡します。包みたい場合は、半紙や奉書紙で軽く包む程度にしましょう。

(3)贈与税がかかるケースもあるので注意

形見分けの遺品の中には、美術品や貴金属、高級ブランド品など贈与税の対象になる高価なものもあるので、相手の負担にならないように気をつけましょう。贈与された財産の合計が110万円を超えると課税の対象になります。

まとめ

遺品整理は、後になって処分したことを後悔したり身内の中でトラブルが起きたりすることもあるので慎重に行わなければいけない作業になります。一人で判断せずに家族や親族と相談しながら、故人の大切な思い出の品物を整理していきましょう。

必要最低限に絞ったお葬式をご検討中の方は、是非ご覧ください!

こんな方にオススメです!

    • 葬式費用を抑えたい
    • 付き合いのあるお坊さんがいないので、お坊さんに紹介料を払いたくない
    • 追加料金なしで葬儀をあげたい

シンプルなお葬式 格安葬儀


相続情報ラボ | 相続専門の税理士が監修する税金お悩み解決サイトの購読はfacebookが便利です。




Twitter・RSSでも購読できます。

コメント