ずっと管理してくれる?増えている永代供養墓の種類と相場

近年、お寺や霊園が永代に渡って供養・管理をしてくれる「永代供養墓」に関心が集まっています。
今では永代供養墓も多種多様の形式があり、お墓の選択肢も広がってきました。

今回は、永代供養墓の種類や相場についてお話をしていきたいと思います。

1.多様化する永代供養墓、なぜ今なのか?

これまでのお墓は、「○○家之墓」「○○家先祖代々之墓」と記されている代々引き継がれてきた家墓が一般的なお墓のスタイルでした。

しかし、少子化や核家族化、非婚化などの社会現象が「お墓の承継者がいない」「子どもはいるが遠くにいるためお墓を受け継ぐことができない」といったようなお墓の承継者問題へと発展し、自分のお墓や夫婦のお墓について考えなければならない状況となってきました。

また、お墓にあまりお金をかけたくない、お寺との関係が負担に感じるなど宗教やお墓に対する価値観や意識の変化も起きてきています。
その結果、自分たちのお墓についてのどうしたらいいのかという悩みを抱える人達が増え、悩みを解消するために永代供養墓の需要が増えてきました。

このような時代の変化に応じて、利用者のニーズに応えるべくお墓のスタイルも少しずつ多様化しています。今では、種類も増えてきたことで自分に合ったお墓を選ぶことができるようになってきました。

2.ニーズに合わせて選べる永代供養墓の種類について

(1)合祀型(合同墓、共同墓)

最も多く見られる合祀型は、合同墓、共同墓などとも呼ばれて血縁関係のない人たちがひとつのカロートに合祀されるタイプです。

納骨方法は、骨壷から遺骨を出して他の方の遺骨と一緒に合祀されるパターンと最初の一定期間は骨壷で納骨され、その後、骨壷から出されて他の方の遺骨と合祀されるパターンがあります。

合祀型を選んだ場合、もし他の場所に遺骨を移したいと思っても取り出すことができないことがあります。

(2)個別型(個人墓、夫婦墓、家族墓)

個別型には、個人墓、夫婦墓、家族墓があります。個人墓は、一般墓と同じようにお墓を建ててカロートに納骨しますが、一人だけで入るお墓で単独墓とも呼ばれています。

夫婦墓と家族墓も個人墓と同様で、お墓を建てます。子どもがいなかったり最初から他人と合祀されることに抵抗が合ったりする方に個別型を希望する方が多いです。

しかしながら、個別型の永代供養墓だからといって永久にそのまま個別に安置してもらえるとは限らず、ほとんどの場合は、十三回忌、十七回忌、三十三回忌までといったように一定期間を過ぎたら合祀されますので期間の確認が必要です。

(3)納骨堂

また、永代供養の納骨堂も人気が高まってきています。形式はロッカー式や仏壇型、骨壷が自動的に搬送されてくるカード式など多種多様です。
詳しくは承継者がいないお墓はどうなる?屋内のお墓(納骨堂)とは?をご覧ください。

3.永代供養墓にかかる費用の内訳は?

永代供養墓の費用には、永代使用料、永代供養料、管理料があります。
永代使用料とは、土地を永代に渡って使用するための料金です。
よく「お墓を買った」という言い方をしますが、その土地を買ったことにはならず、その土地を管理しているお寺や霊園に土地を借りているという事なので、人に貸したり転売したりすることはできません。

永代供養料とは、承継者がいなくても代わりにお寺や霊園が永代に渡って供養をしてくれることに対する料金です。

そして管理料とは、墓地全体の整備や手入れ、休憩所などの共有部分の清掃や維持、メンテナンスなどを行うための料金です。その他に、納骨者名を墓誌に彫る場合は刻字料がかかります。これらの料金の支払い方法は、一括での先払いが一般的です。
そのため、最初にある程度のまとまったお金が必要になりますが、その後に管理費やお布施などの費用を一切払うことはなくなるので、家族や子ども達の負担はなくなります。

4.永代供養墓の費用の相場は?

永代供養墓は、一般墓に比べたら安くなることがほとんどですが、その費用はまちまちです。
3万円というところもあれば100万円を超えるところもあります。その理由は、永代供養墓にはいくつもの種類があり、お寺や霊園によって供養の方法や契約内容は違ってきますので、当然費用についてはかなりの幅がでてくるからです。
このように、それぞれのケースによって費用に大きく差がでてくるので、一概に相場はいくらとは言うのは難しくなります。相場はあくまでも目安として参考にしていただいて、ご自分でお寺や霊園に確認をすることが必要になります。

永代供養墓の中で費用が安くなるのは、最初から他の方の遺骨と一緒に納骨される合祀墓でだいたい8万円から20万円が相場と言われています。
一定期間骨壷で納骨される場合は期間の長さにもよりますが、だいたい30万円から50万円くらいだと言われています。
個別型になると墓石を建てることになり、墓石の大きさにもよりますが、その分の土地スペースが必要になるので、料金も高くなって100万円を超えることがあります。
納骨堂の場合は、相場は50万円からと言われていますが、30万円以下というところもあり、タイプによって違ってきます。

まとめ

永代供養墓は、今後もますます需要が高まると考えられています。
お墓は自分がずっと眠る大切な場所となりますので、お墓の環境や供養、規約内容をしっかり確認をし、納得をした上で自分に合ったお墓を選ぶようにしてほしいと思います。

<文責:相続情報ラボ>

もし、今のお墓が遠くてお困りの方は、お墓の引っ越し(改葬)を検討してみてはいかがでしょうか?
お墓の引越し(移動)について詳しくはこちら

■関連記事
お墓の引っ越し(移動)するために必要な全知識
お墓を購入する上で知っておくべき3つのポイント
お墓や、仏壇を生前に購入するだけで、節税対策に!?
あなたのお宅のお墓は相続発生時どうなるのか?

お墓のことがわからない・どこに相談すればよいの?お墓にまつわる疑問、お気軽にご相談ください

【全国対応】安心、明朗価格のお墓カタログ通販!



  • 追加料金一切なし

  • お墓ディレクター・プロのサポート

  • 地元職人のアフターサポート

  • 全国対応!出張費0円!


全国どこでも対応可能!


墓石専門30年の実績をもとに経験豊富な専任担当が対応致します。


お墓まごころ価格.Com


相続情報ラボ | 相続専門の税理士が監修する税金お悩み解決サイトの購読はfacebookが便利です。




Twitter・RSSでも購読できます。

コメント

コメントはこちらから

*