永代供養墓を選んだ時、手元にある位牌はどうなる?気になる費用は?

核家族化や少子化、非婚化が進む中、永代供養墓といった新しいカタチのお墓を考える方が増えてきました。

ここでは、永代供養墓を選んだ場合、手元にある位牌はどうしたらいいのか、また、その時に費用はどのくらいかかるのかといった疑問についてお伝えします。

1、位牌(いはい)とは?

葬儀の時に用いられる白木の位牌は「仮位牌」と呼ばれ四十九日法要までの仮の位牌で、その法要の時までに「本位牌」を用意し、開眼供養(魂入れ)を行います。その後、本位牌は故人の霊をお祀りする象徴とされ、位牌が故人そのものであるという考えのもと仏壇に安置されて引き継がれていきます。

ただし、位牌を必要としない宗派もあり、必ず必要とされるわけではありません。

2、永代供養墓にする場合、位牌はどうしたらいいの?

「承継者がいない」

「子どもに負担をかけたくない」

などの理由で代供養墓にすることを考えた時、それまで引き継いできた位牌はどうしたらいいのかという問題がでてきます。

まずは、永代供養墓でお世話になるお寺や霊園に相談をしてみましょう。一般的には、お焚き上げ(たきあげ)をする、または、お寺に預かってもらう方法があります。この二つの方法について簡単に説明していきます。

お墓の引越し(移動)の無料相談をする

3、お焚き上げとは?その費用の相場は?

まずお焚き上げをするということについてですが、閉眼供養(魂抜き)を行った後に燃やしてもらうことをお焚き上げと言います。一般的にはお寺にお願いすることが最も多いのですが、お寺によってはお焚き上げを行わない場合もありますので、その時は仏具店に相談してみましょう。
費用は宗派やお寺によっても違ってきますので一概には言えませんが、相場は1000円~1万円くらいとなっています。

4、位牌の永代供養墓とは?その費用の相場は?

もう一つの方法の位牌をお寺に預かってもらうということですが、永代供養墓の需要の高まりとともに位牌の永代供養を行っているお寺も増えてきています。これは、永代供養墓と同じように承継者がいなくても供養の心配がなく、年間管理料も不要になりますのでご家族の負担もありません。

その際、位牌を位牌堂にそのまま預かるお寺もあれば、お焚き上げをして灰を供養塔に埋葬する場合もあります。
費用はお寺の考え方や供養の内容(年1回、月1回など)、形式などによっても違ってきますので一概にいくらというのは難しくなってきますが、お焚き上げ後の灰を供養塔に埋葬する場合は約3万円、位牌をそのまま位牌堂に預ける場合は15~30万円くらいだと言われています。

まとめ

位牌は故人やご先祖と向き合える大切なものですから、永代供養墓を選ぶ場合もご遺骨と同じように位牌も粗末にならないようにしなければいけません。気になることはお寺や霊園に相談をして、納得した上でどうするのかを決めましょう。

お墓の引越し(移動)の無料相談をする

必要最低限に絞ったお葬式をご検討中の方は、是非ご覧ください!

こんな方にオススメです!

    • 葬式費用を抑えたい
    • 付き合いのあるお坊さんがいないので、お坊さんに紹介料を払いたくない
    • 追加料金なしで葬儀をあげたい

シンプルなお葬式 格安葬儀


相続情報ラボ | 相続専門の税理士が監修する税金お悩み解決サイトの購読はfacebookが便利です。




Twitter・RSSでも購読できます。

コメント

コメントはこちらから

*