マイナンバースタートで、すべての資産を把握される時代に?

 2016年よりマイナンバー制度がスタートしていきますが、銀行預金や郵便貯金にもマイナンバーが利用されることが検討されています。預貯金にまでマイナンバーが利用されるとどのようなリスクがあるのでしょうか?

1、預貯金まで管理される時代が到来する!?

通帳

国税通則法が改正されたことにより、金融機関では、預貯金の情報をマイナンバーで検索できる状態に管理するシステムを構築しなければならなくなりました。

預貯金にまでマイナンバーが利用されると検索すれば、預貯金情報をすべて見られてしまうのです。

2、なぜ預貯金にまでマイナンバー制度を導入するのか?

所得税や相続税の申告漏れを簡単に把握できるようにするために、預貯金にまでマイナンバー制度を導入することを検討しているようです。

3、預貯金にマイナンバー制度を導入するのはいつから?

卓上カレンダー

  • 2018年1月から任意でマイナンバーを告知
  • 2021年を目処にマイナンバーの登録義務化を検討

という発表がされております。まだ決定事項ではありませんが、2021年に預貯金のマイナンバーの登録を義務化するであろうと噂されております。

 つまり、2021年から国に預貯金すべてを検索キーワンクリックするだけで把握されてしまう時代が来るのです。怖い時代ですね。延期されればよいのですが。。。

4、マイナンバーによって、海外資産まで把握可能に?

 マイナンバー導入後に、5,000万円超の国外財産を保有する方が提出する国外財産調書にマイナンバーが付される予定です。

 現在は、12月31日において、国外財産が5,000万円超保有している方は、その年の翌年3月15日までに、住所地の所轄税務署に『国外財産調書』を提出することとなっております。
この国外財産調書にマイナンバーを記載することとなれば、検索キーをワンクリックするだけで、国外財産まで把握できてしまう時代が到来してしまうのです。

参照元:税務署資料

まとめ

マイナンバー制度によって、課税逃れをさせない仕組みを国は作成中です。特に影響を受けるのが富裕層の方でしょう。
富裕層の方は、富裕層を専門にしている税理士さんと情報交換しながら、節税するように対策することをオススメします。

節税対策をするかしなかで納税額に大きな違いが出てくることでしょう。

相続税や贈与税のことでお悩みですか?

その悩み相続の専門家に相談して解消しませんか?


全国どこでも対応可能!

創業90余年の信頼と実績をもとに経験豊富な税理士・司法書士が対応致します。


【 相 続 相 談 窓 口 】

freecall_tujihongou

電話をかける



-辻・本郷 全国相続申告センター-



相続情報ラボ | 相続専門の税理士が監修する税金お悩み解決サイトの購読はfacebookが便利です。




Twitter・RSSでも購読できます。

コメント

コメントはこちらから

*