今のうちに知っておきたい!親族の通夜・告別式の服装とNGマナー

マナー

親族の通夜と告別式ではいろいろと気を使わなければいけないことが多いのですが、何を着用するのかもその中のひとつです。通夜や告別式での服装にも正式なマナーがあり、最低限のマナーを知っておかなければ自分だけではなく親族も恥をかくことになります。今回は、通夜・告別式での服装と気をつけなければいけないマナーについて紹介していきます。

1、喪服と黒のスーツの違いは?

通夜や告別式で喪服ではなく黒のスーツを着用している方を時々見かけますが、単に黒色のスーツというだけでは喪服の代わりにはなりません。喪服と黒のスーツは一見同じように見えるかもしれませんが、喪服は光沢がない生地で深い黒色をしています。一方、黒のスーツは喪服と比べると薄い黒色で光沢があり、特に屋外に出た時にはその生地の質や色合いの違いがよくわかり恥ずかしい思いをすることになります。

2、親族のお通夜・告別式の服装は?

喪服には格式の高い順に正喪服、準喪服、略喪服の3種類があり、葬儀での自分の立場や弔事の種類によってどの喪服を着用するかが変わってきます。基本的に親族は弔問客より格が上の喪服を着用します。ここでいう親族というのは、一般的には3親等までを指しています。

(1)通夜での親族の喪服

・男性

準喪服であるブラックスーツを着用します。黒無地のシングルスーツまたはダブルスーツどちらでもかまいません。レギュラーカラーの白いワイシャツに黒無地で光沢のないネクタイ、そして靴下と靴も黒です。靴は光沢がなく金具の付いていないものにします。

・女性

準喪服である黒のスーツやワンピースを着用します。スーツの場合は、インナーも黒で統一します。夏でも長袖で黒のストッキング、また靴も黒で光沢のないシンプルなデザインにします。準喪服は、派手にならない程度であればレースやリボンなどのデザインのあるものでも可です。

(2)葬儀・告別式での親族の喪服は?

・男性

正式には正喪服を着用します。洋装の場合は、モーニングコートに黒いベスト、レギュラーカラーの白いシャツ、黒とグレーの細いストライプのズボン、それに黒のネクタイと靴下、靴とすべて黒で統一します。和装の場合は、黒紋付羽織袴になります。紋付と羽織は黒の羽二重、家紋は背中と両袖、両胸の五つ紋のものを着用します。しかし、近年では男性の和装はほとんど見ることがなく、社葬以外の一般葬ではブラックスーツを着用するのが一般的となっています。

・女性

洋装の場合、ブラックフォーマルとも言われています。光沢のない黒無地のワンピースやスーツ、アンサンブルで、準喪服と違うのは装飾のない襟元の詰まったできるだけシンプルなデザインにするということです。袖丈は夏でも長袖で、スカート丈は膝が隠れる長さ、またはくるぶし丈などなるべく肌の露出を抑えます。

和装の場合は、五つ紋の黒無地の着物で黒の帯揚げと帯締め、黒無地の名古屋帯、そして長襦袢と半襟は白になります。足袋は白、草履は黒で光沢のない布製にしましょう。

 3、学生や子ども、赤ちゃんの服装は?

制服があれば制服を着用します。制服であれば、もしネクタイなどが多少明るい色であっても大丈夫です。制服がない場合は黒やグレー、白、紺色などの地味な色の洋服を選び、靴下や靴は黒にします。赤ちゃんの場合は真っ黒なベビー服はなかなかありませんので、白やベージュ、グレーなど薄い控えめな色を着用します。子どもであっても、派手な色の髪飾りなどは避けましょう。

 4、よくあるやってはいけないマナーは?

(1)服装について

男性の場合、ネクタイピンやカフスはつけないようにします。また、意外と油断してしまうのがベルトです。ベルトのバックル部分が金色など目立つものや、爬虫類の革ベルトはNGです。また「平服で構いません」と言われた時に、平服を普段着のことと勘違いしてカジュアルな服装で行くことがないようにしましょう。できるだけ黒やグレーの落ち着いた服装を着用してください。

(2)靴について

男性も女性も色が黒であっても派手なデザインはNGです。女性のパンプスは、ヒールは3センチから5センチで安定感のある太めのヒールを選び、歩いた時にコツコツとヒールの音ができるだけしないものにします。

(3)バックについて

男性の場合、お数珠やハンカチ、ふくさに包んだ香典などはスーツのポケットに入れて基本手ぶらです。女性の場合は、黒無地の布製のバックで金具など飾りが付いたものや光沢のあるエナメル素材はNGです。また革やクロコダイルの型押しなど殺生を連想させるものもNGなので気をつけましょう。

(4)アクセサリーについて

男性も女性も指輪は結婚指輪のみで、その他の光る素材や派手な色のアクセサリー類は身につけないようにします。パールのネックレスも二連以上は「不幸が重なる」という意味に考えられるので避けましょう。派手なネイルは落としてお化粧も控えめなナチュラルメイクにします。

 まとめ

喪服さえあればと思って安心していてもベルトや靴、バックなどにもマナーがあり、その時になって焦っても準備が間に合わないことがあります。大人として常識のある正しい身だしなみを知って、いざという時のために事前に準備をしておきましょう。

必要最低限に絞ったお葬式をご検討中の方は、是非ご覧ください!

こんな方にオススメです!

    • 葬式費用を抑えたい
    • 付き合いのあるお坊さんがいないので、お坊さんに紹介料を払いたくない
    • 追加料金なしで葬儀をあげたい

シンプルなお葬式 格安葬儀


相続情報ラボ | 相続専門の税理士が監修する税金お悩み解決サイトの購読はfacebookが便利です。




Twitter・RSSでも購読できます。

コメント