ふるさと納税の仕組みを理解し、ふるさと納税してみよう!!

ふるさと納税

ふるさと納税をやってみたいという方は多いのではないでしょうか?
ふるさと納税の「仕組み」や、「ふるさと納税はすべきか?」それとも「すべきではないのか?」を簡単にご説明させて頂きます。

1.ふるさと納税って何?

ふるさと

ふるさと納税とは、自治体への寄付金のことを指します。ふるさと納税をすると、それぞれの自治体から特産品や特典が寄付(納税)したお礼として送られてきます。自治体によって、特産品や特典が異なり、とても高価なものを送ってくれる自治体もあります。

ふるさとに貢献できて、美味しいものやお礼の品をもらえる制度が「ふるさと納税制度」です。
「ふるさと」と呼ばれていることから、ご自身の実家がある地域に寄付をすると想像される方も多いようですが、この制度の「ふるさと」とは、みなさんが縁もゆかりもない場所への寄付も対象となります。つまり、生まれ故郷への寄付でなくて良いので、どこに寄付しても問題ありません。

2.ふるさと納税の2015年の改正点とは

2015年4月にふるさと納税が改正されました。改正点は大きく分けると2点です。

(1)確定申告が不要に?

確定申告義務がない給与所得者に限り、年間に5自治体までの寄附(ふるさと納税)であれば、寄附ごとに申請書を寄附自治体に郵送することで確定申告が不要となりました。

【注意点】
申告は不要となりましたが、確定申告に代わる申告書の提出が必要となりましたのでご注意ください。

(2)住民税控除額が2倍に?

ふるさと納税に係る税額控除額の限度額が住民税の1割から2割に拡充されました。

【注意点】
控除限度額が2倍に改正されたわけではありませんのでご注意ください。

3.ふるさと納税の仕組みは?

しくみ

地方公共団体への寄付をすると、「特定寄付金」に該当します。
「特定寄付金」は所得税で所得控除、住民税で税額控除として控除を受けることができます。
さらにこの住民税の税額控除額を計算する際に特例控除額として、加算されるのがいわゆる「ふるさと納税」の部分です。
この特例控除額を計算する際に、今までは住民税の額の1割が限度額とされていましたが、平成27年からはこれが2割とされました。
また、平成27年分の住民税の計算より、所得税の確定申告が不要な方(給与所得者等)は、確定申告の代わりに『寄附金税額控除に係る申告特例申請書』を寄附先自治体へ提出することで、住民税の約2割が住民税から控除されます。よって、確定申告が不要な方は、ふるさと納税を利用しても、確定申告をする必要がありません。

4.寄附金税額控除に係る申告特例申請書を書いてみよう!

(1)申請書の書式

寄附金税額控除に係る申告特例申請書

(2)寄附金税額控除に係る申告特例申請書の記入例

寄附金税額控除に係る申告特例申請書 記載例

上記(1)と(2)のPDFを印刷して頂ければ、簡単に寄付金税額控除に係る申告特例申請書を作成することが出来ます。

5.寄付(ふるさと納税)の仕方は?

感謝する ありがとう

ふるさと納税のポータルサイトはいくつかありますが、今回はふるさとチョイスを例にご紹介します。

(1)寄付(ふるさと納税)したい自治体や事業を選ぶ

選択肢が非常に多いため、好きな地域や、今度行ってみたい場所で選んでも良いかもしれませんね。

(2)申し込みをする

申込は各自治体のホームページから、申込フォーム、申込用紙のメール送信、申込用紙FAX、お電話など様々な申し込み方法があります。自治体ホームページに詳しく記載がありますので、ご確認ください。
申込から控除までの流れ
こちらのサイトに登録すると、好きなものを選んだ後にお申込みページに進むことが出来ますので、簡単にお申込みができます。

(3)確定申告をする

住民税等の税額控除を受けるためには寄付したことを示す証明書が必須となります。絶対に無くさないように、寄付後に送られてくる証明書は分かりやすいところに保管しておきましょう。
※確定申告義務がない方(サラリーマンなど)は確定申告不要です。
また、寄付(ふるさと納税)したことや確定申告などについて会社に報告する必要はありません。
意外と簡単! ふるさと納税をした場合の確定申告
確定申告のやり方は、上記サイトに記載されておりますので参照ください。

6.ふるさと納税をすると税金がいくら安くなるの?

私はいくら税金が安くなるの?
と質問されることは多いですが、キャッシュアウトが変わるわけではなく、ふるさとのB市に5千円寄附をすることで、お住まいのA市から課される住民税が3千円(5千円-2千円)少なくなるようなイメージです。
年収や、家族構成などにより、控除される額がことなるのですが、大体寄付した金額から2千円控除された金額が控除されるという理解で良いかと思います。
控除される金額には限度がありますので、
限度額につきましてはこちらのサイトの右に出てくるボタンを押して確認ください。
さとふる:ふるさと納税控除の目安

7.ふるさと納税の長所とは?

ただ税金を払うだけでなく、税金の使い道指定ができる制度となっております。
複数の自治体に寄付することで、支援することが出来ますので応援したい自治体がある方は、是非利用すべきではないでしょうか。

8.ふるさと納税の人気ランキング

2016年 ふるさと納税なんでもランキング
ランキングはこちらのサイトを参照ください。

順位の高いものももちろんオススメですが、個人的には、好きな地方自治体を応援する気持ちで、いろいろな自治体にふるさと納税して欲しいですね。

まとめ

ふるさと納税について簡単にご説明させて頂きました。一度やってみると意外に簡単に出来ますので、是非利用してみましょう。

【所得税の関連記事はこちら】

あなたの所得税率は何%?いくら税金を取られるか把握しよう

毎月給与から引かれる所得税の計算方法を簡単にご説明します。

ふるさと納税を利用して商品を取得しませんか?

こんな方にオススメです!

  • 納税している
  • ふるさと納税をやってみたいと思っていた
  • 納税して商品をもらいたい

ふるさと納税を利用することで、多くの商品を取得することが可能です。

多くの方が利用しておりますので、是非興味のある方は、利用してみてください。


相続情報ラボ | 相続専門の税理士が監修する税金お悩み解決サイトの購読はfacebookが便利です。




Twitter・RSSでも購読できます。

コメント

コメントはこちらから

*