オンライン不動産査定を利用するメリットと気を付けたい注意点4つ

不動産査定

不動産査定を検討する際、ひと昔前では実際に近所の不動産会社へ出向き相談する、という流れでした。しかし、昨今はインターネットの普及によりオンラインでの不動産査定が普及しています。

オンライン不動産査定を利用するメリットは、まず一番に時間短縮が挙げられますが、その他にもメリットがあります。また、同時に利用の上での注意すべき点もあります。

 今回の記事では、オンライン不動産査定のメリットと気を付けたい注意点についてご紹介します。

 1.オンライン不動産査定とは?

その名の通り、インターネットのwebサイト上で不動産の査定をしてくれるサービスのことです。お手持ちの不動産の所在地や築年数など、簡単な5項目ほどの入力をするだけで、最短数分後には、現在の売却額がwebサイトの画面上に映し出されるのです。そのサービス数は、現在主要なものでも30以上あります。

オンライン不動産査定サイトの中には、首都圏が得意、地方にネットワークがある、大手で信頼性がある、などの特徴がそれぞれありますので、ご自身の希望や不動産の特徴にあったサービスを賢く選びましょう。最近では、複数のオンライン不動産査定サービスを比較してレビューする、不動産査定の比較サイトも現れています。上手に利用し、ご自身にとって使いやすいサイトを見つけましょう。

2.オンライン不動産査定を利用するメリット4つ

(1)メリット① 時間の短縮

パソコンやスマホから好きな時間に気軽に申し込めるので、わざわざ不動産会社に出向く時間を省くことができます。

(2)メリット② 常に最新の情報を入手できる

不動産の価格は、時代背景や近隣に新しい施設がオープンしたなどの条件により変わるものです。そのため、印刷された不動産情報や書類の情報よりも、webサイト上に表示されている情報の方は、鮮度の良い情報といえます。

(3)メリット③ パソコンの容量を気にしないでよい

不動産査定ソフトと比較しての話になりますが、オンライン不動産比較サイトではブラウザ上に情報が表示されるため、新しく何かをダウンロードする必要がありません。

(4)メリット④ 複数の不動産会社と売却価格を比較することができる

上記メリット①に関連しますが、時間が短縮できるため、複数の不動産会社の売却価格を取得することが簡単にできます。A社では3000万円と言われたが、B社では3200万円と提示され、C社では2900万円と言われたとします。そうすると、だいたいの予想で3000万円前後がその不動産の売却価格なのだ、と目星をつけることができます。

3.オンライン不動産査定を利用するデメリットとは

オンラインという特性上、気軽に査定を申し込めるため、ついつい多くの不動産会社に査定を依頼しがちです。しかし、相手も商売ですので、しっかりとメールや電話で返答をしてくれます。一気に20の会社へ査定を依頼してしまったが、仕事でほとんど電話に出られず、ストレスとなった。こんな方もいることでしょう。

オンライン不動産査定サイトへ不動産査定をする際は、まずは依頼を5社以内に押さえ、仕事で電話に出られない場合にはその旨を連絡欄に記入し、申し込みをしましょう。

また、気軽に申し込める半面、どこのサイトへ査定を申し込んだか、忘れる方もいます。最低限、いつ、どこの不動産査定サイトへ査定を依頼したのか、メモしておくことをおすすめします。

4.気を付けたい注意点4つ

(1)査定額はあくまで参考価格

不動産査定の申し込み後、早い場合は即日に査定額を不動産会社がメールや電話等で提示してくれます。しかし、その額で100%売ることができる、という訳ではありません。実際にその価値があるとその不動産会社は考えていますよ、という、あくまで意見にすぎません。実際に、その価格で売るには不動産会社の集客力や、営業担当者の能力によります。

しかし、不動産会社の意見を複数取得することは、だいたいの売却価格を知る目安になります。

また、A社が高い額を見積もってくれたから、A社に売却を依頼する、というのも、少し待ってください。というのは、不動産会社の中には、契約を急ぎたくて、わざと高い売却額を提示してくる、という会社も中にはあるのです。

良い不動産会社とは、信ぴょう性や根拠のある売却価格を提示してくれ、集客力もあり、営業担当者が有能そうな会社。そんなところを、メールや電話でのやりとりや、webサイト、それから実際に会って判断していきましょう。

(2)簡易査定と訪問査定は目的に応じて選ぶ

上記では、主にオンライン不動産査定の簡易査定(=机上査定)について触れていきました。しかし、オンライン不動産査定では、もちろん訪問査定の依頼もすることができます。

売却額の概算を知りたいが、自分の所有物件はあまり例のないタイプの条件なので、訪問してもらったほうが正確な売却額を出せるかもしれない、と訪問査定を依頼する方もいらっしゃいます。また、複数の簡易査定を経て、この会社は良さそうだから、次のステップとして訪問査定も依頼してみよう、と訪問査定を申し込む方もいらっしゃいます。目的に応じて、簡易査定か訪問査定を選択しましょう。

(3)サイト毎に登録会社数は違う

当たり前ですが、オンライン不動産査定のサイトごとに、連携している不動産会社やその数は異なります。Aというサイトでは、主に大手の不動産会社を中心に連携している、Bという会社は首都圏の物件を強みにしている不動産会社と連携している、などの特色があります。また、連携している不動産数は多いほど、紹介してくれる選択肢が広くなるので、売却に有利となります。

(4)媒介契約は慎重に

オンライン不動産査定サイトは、どこから収益を得ているのでしょうか?それは、不動産会社からです。以下をご覧ください。

 

              ※仲介※

あなた   →    オンライン不動産査定サイト   →   不動産会社

   (査定を依頼)

 

上記の図で分かるように、オンライン不動産査定サイトは、あなたと不動産査定会社の仲介役です。あなたが、不動産会社と契約することで、手数料をもらうことで経営をしています。査定依頼主が契約することが一番の目的ですが、正しい仲介役としては、消費者に正しい情報を伝達し、適当なサービスを提供する必要があります。あなたは、オンライン不動産査定会社と契約するわけではなく、あくまで不動産会社の情報をもらうわけです。実際の契約については、オンライン不動産査定会社が仲介する不動産会社と契約するのだ、という心持ちでいる事が重要です。

まとめ

今回は、不動産査定の1つの方法、オンライン不動産査定についてご紹介しました。是非、ご自身の不動産を査定されたい方、ご参考になさってください。

『査定会社により500万円の違いも!』 税理士が選ぶ不動産査定注目サービス

こんなお悩みとニーズを簡単に解決!

 

  • 地元の不動産会社は信用できない・・・
  • 査定額が後で変わるという嫌な経験をした・・・
  • 実際の相続に備えて「どの会社が高いか」を知っておきたい!
  • 複数の査定会社を競わせて好条件を引き出したい。

中立的なIT企業が運営する『一括査定依頼サービス(無料)』でのコンペが常識化。
不動産査定を1~3社だけに依頼するつもりなら、相手の思う壺!今すぐ一括査定

【相続のプロが好んでお客様に勧めるイエイのサービス】

freedial

 

-本サイト監修の税理士事務所情報-

辻・本郷 税理士法人


相続情報ラボ | 相続専門の税理士が監修する税金お悩み解決サイトの購読はfacebookが便利です。




Twitter・RSSでも購読できます。

コメント