遺産争族 第5、6話 危急時遺言とは?

遺産争族 第5、6話 危急時遺言とは?

 

相続は実務上も争いが度々発生します。遺産争族というドラマを人事のように見るのではなく、もし私が河村家の●●の立場だったらどうするか!ということを考えながら見るとさらに楽しめるのではないでしょうか。

遺産争族 第5、6話 危急時遺言とは?

0、遺産争族第4話までのおさらい

楓(榮倉奈々)のお祖父ちゃんの河村龍太郎(伊東四郎)は、楓と結婚した育生(向井理)のことを気に入り、遺産の多くを育生に残したい!

これが、このドラマの争いの最初の原因となっております。

河村龍太郎には、3人の子供がおり、この子供3人が本来は、相続人となるため、財産を子供3人で1/3ずつわけることになるはずですが、龍太郎が、遺産の多くを育生に残したいと考えて行動しています。

陽子、凛子、月子は貰える財産が少なくならないように、育生に嫌がらせをします。

さらに、

陽子の夫である恒三や、矢幡月子の息子の正春は、昔から河村龍太郎と同居しているにも関わらず、相続する権利はありません。

恒三や、正春は、いままで赤の他人だった育生が、もし、龍太郎の息子になれば、

  • 育生は相続する権利あり
  • 恒三、正春は相続できない

という結果になるため、恒三や正春にとっても、育生が息子になるのは面白くないでしょう。

その結果、この点でも争いが発生しています。

 

遺産相続 第1話 遺産争族をもっと面白く見るために必要な知識

遺産争族 第2話 子どもは遺産もらえないの?

遺産争族 第3話 家族での争いのスタート

遺産争族第4話あらすじ紹介【難しい言葉解説付】

1、第5話第6話のあらすじ

河村龍太郎が龍太郎倒れます。

少し意識が回復し、もうすぐ死亡してしまうかもと考えた龍太郎は以前から相談していた遺言の作成を依頼している法律事務所の方(女性)を病院まで呼びつけます。

その助成に遺言書を完成させて欲しいとお願いします。

その結果、至急、危急時遺言を作成することとなりました。

【危急時遺言とは?】

病気や怪我などが原因で死に直面している方が、ご自身で遺言を記載せず、又、署名も書かずに、第三者に口述するだけで作成する遺言のことです。

ドラマでは、弁護士の先生と、病院の関係者2人が証人となり、ビデオで撮影しながら危急時遺言を作成しました。

【危急時遺言の要件とは?ドラマの設定を使って説明します】

遺産分割調停

①死亡の危急(危険な状態)に迫っていること

②証人3人以上の立会が必要(ドラマでは、弁護士1人、病院関係者2人)

③遺言者(龍太郎)が証人のうち1人(弁護士)に遺言の趣旨を口述し、その証人(弁護士)がこれを筆記すること

④筆記した証人(弁護士)がその全文を遺言者(龍太郎)と他の証人(病院関係者2人)に読み聞かせる

⑤各証人(弁護士、病院関係者2人)が筆記の内容が正確であることを承認し、署名捺印する

⑥遺言の日から20日以内に、遺言者の住所地を管轄する家庭裁判所に請求して遺言の確認を受ける

【危急時遺言の注意点】

遺言者が普通の遺言を作成することができるようになった時から6ヶ月間生存したときは危急時遺言は失効します。ドラマでも、この話題が登場しておりました。

 

ドラマのあらすじ説明に戻ります。

危急時遺言を作成する際に、正晴が盗聴器をしかけ、盗聴して、遺言の内容を聞いてしまいます。

遺言の内容は、

全額海外の医療団体に寄付する(その寄付先の全件を育生にまかせる)

というものでした!

これを聞いた家族は、さらに争いをします。

財産を寄付するということを知った三女の凛子は、家にある財産を持って海外に行こうとしました。それを長女である陽子が発見します。ますます争いは激化します。

河村家の争いに疲れてきた陽子は、夫であり、河村家の養子になっている河村恒三(会社の社長)と離婚すると言い出します。

ますます争いが激化します。

もし私がこの家族の一人であったなら、家族の修復は不可能だと感じてしまうでしょう。

こんな争いにならないためにも、争いを最小限にする対策が必要になってくるのではないでしょうか。

2、相続の争いは一年間で何件ほどあるのか?

相続の争いは年間1万件以上発生しております。100件程度であれば、人事だと考えてもよいかもしれませんが、年間一万件以上発生しておりますので、人事だと思わないようにしてください。

遺産総額が5,000万円程度の方の方が争う可能性が高いというデータもありますので、相続でモメるのは富裕層だけ!と考えるのはやめましょう。

争いについての関連記事を記載しておきます。ご参照ください。

相続の争いは年間1万件以上発生している!?

遺産分割調停の流れと、争いが起こった後の対処法は?

『調停』でも決着がつかない場合の遺産分割『審判』とは?

まとめ

私も、もし将来相続が発生したら争いたくないので、絶対に対策を取らなければならないと感じております。争族対策は複数ありますので、1つでも多くの対策を皆様のご家庭でも取っておきましょう。