不動産査定サイトってどんな仕組み?メリットデメリットは?

不動産の売却を検討する場合、査定を受けなければ売却価格が決まらないため、不動産査定を受けることになります。

インターネットが流行る前は、町の不動産屋さんに相談する方が多かったのですが、現在は不動産査定サイトを利用して、査定をお願いすることが主流になってきております。

では、不動産の査定をする際に、不動産査定サイトを利用した場合のメリットやデメリットはあるのでしょうか?

今回の記事では、不動産査定サイトとはどんな仕組みなのかをご紹介し、その後に、不動産査定サイトを利用する場合のメリット、デメリットをご紹介していきます。

 
不動産売却一括査定「イエイ不動産売却査定」

0.不動産査定は数社に依頼しないと損する可能性がある!?

不動産の査定額は、依頼する査定会社によって大幅に変わってきます。

査定額の相場を理解することなく売却してしまった結果、大きな損をしてしまう方も多いのです。

1社にしか査定しなかったという理由で、500万円以上安く売ってしまうというケースもあるのが現実なのです。

そのため、売却するのであれば、数社に査定してもらわなければ損ということをまず覚えておきましょう!

業種は違いますが、イメージは、引っ越しの見積もりサイトと似ています。

引っ越し業者も1社にしか見積もりを依頼しないと、引っ越し代は高くなります。

逆に数社に見積もりを取ると、業者によって料金が違いますので、一番得な業者を選ぶことができます。

業者を競わせることで、有利になるという仕組みです!

1.そもそも不動産査定サイトってどういう仕組みなのか?

もし、不動産査定サイトを利用しなければ自分で、不動産会社に電話をし、査定額を聞かなければなりません。

【自分で不動産会社に依頼して査定してもらう場合の図】

 

自分で、不動産会社を選定して、直接問い合わせをするのは大変ですよね?

どこの不動産会社に電話をすれば、査定してもらえるかわからないので調べるだけでも大変でしょう。

さらに、どこの不動産査定会社が優良企業なのかが初めて査定してもらう方には判断できないでしょう。

例えば、4社に査定してもらうために、自分で調べて電話したとしても、その会社が、良い会社なのか見極めることができないでしょう。

不動産査定を直接数社に依頼するのは難しいのですが、この流れを簡単にしてくれるのが、不動産査定サイトです。

つまり、いきなり自分で査定してくれる業者を探すのではなく、サイトを通じて優良な不動産査定業者を紹介してもらう!という仕組みです。

【不動産査定サイトを依頼してもらう場合の図】

不動産査定を数社にやってもらいたいと考えた場合、皆さんは、ただ、サイトに情報を入力するだけで、不動産査定会社が、優良な不動産査定会社を選定してくれて、その査定会社数社から問い合わせがあります。自分で調べて、問い合わせをせずに、不動産査定サイトに登録するだけでよいのです。

もちろん査定してもらうのは無料ですので、不動産を売却予定の方は、不動産査定サイトを利用してみるとよいのではないでしょうか。

図では、説明上4社と記載しましたが、不動産査定サイトによって、5社6社紹介してもらえるところもあります。

では、不動産査定サイトで有名な会社を4社ご紹介していきます。

2.有名な不動産査定サイトは?

イエイ

次に不動産売却査定サイトでオススメなのが、株式会社Qが運営している『イエイ』です。誕生から10年、日本最大級のプラン数から売却価格を徹底比較できるサイトです。

イエイのオススメ理由

  • イエイは300万人以上の利用実績
  • 全国対応可能で、最大6社の査定を即日取り寄せることが可能
  • 24時間無料相談を実施
  • 数多くの大手不動産会社が参加
  • 約1,000社と提携している実績のある不動産査定サイト

 イエイの公式サイトはこちら

 HOME4U

不動産査定サイトでもっともオススメなのが、NTTデータが運営している『HOME4U』です。その豊富な売却価格や査定価格のデータを生かし、分析することが同社の強みです。

HOME4Uのオススメ理由

  • 運営歴はこの手のサイトの中で最も長い16年の大手サイトの1つ!
  • 累計査定数も20万件突破という実績!
  • 大手から地域密着企業まで、厳しい審査を経た不動産会社のみ提携という信頼感!
  • NTTグループで情報の管理・保護をしてくれるという安心も!
  • 査定はもちろん無料!不動産売却を考えるなら抑えておくべきサイトといえます!

NTTデータグループの不動産売却サイト【HOME4U】公式サイトはこちら

 

マンション.navi

マンションの一括査定では、わずか45秒で簡単に査定が可能です。 
全国の分譲マンションをほぼ網羅したマンション売却・買取・賃貸査定サイトのため、 安心して査定を申し込めます

マンション.naviのオススメ理由

  • マンション売却に強い!
  • 全国対応可能で、最大9社の査定が比較可能
  • 2,500店舗から厳選して紹介してもらえる
  • 全国の優良企業から査定会社を厳選してもらえる
  • わずか45秒で完結

マンション.naviの公式サイトはこちら!

オウチーノ

次に不動産売却査定サイトでオススメなのが、株式会社 オウチーノが運営している『オウチーノ』です。オウチーノのオススメ理由

  • オウチーノは上場しており、査定件数多数あります。
  • 全国対応可能で、3社の査定をとることが可能
  • 上場してから、信頼できる業者との取引しかなく、数多くの大手不動産会社が参加している。
  • 約350社と提携している実績のある不動産売却サイトです。

オウチーノの公式サイトはこちら

3.不動産査定サイトのメリット

(1)メリット1 近くの不動産査定会社を楽に見つけることが可能

全国に約12万の不動産査定会社があるため、もじ自分で、探そうとすると、なかなか見つかりませんし、会社によって、対応エリアは異なるため、自分で複数社見つけるのは非常に難しいです。しかし、不動産査定サイトを利用すれば、査定した不動産のお近くの査定会社を紹介してもらえますので、楽に査定会社を見つけることが可能です。

(2)メリット2 利用料は完全無料

引っ越しの見積もりも同じですが、何も依頼しなければお金はかかりません。

査定してもらい、あなたが不動産を売却したいと感じだ業者に売却を依頼したら、仲介手数料がかかりますが、査定のみでは、完全無料となります。

査定以外にも、心配なことはなんでも相談できます!相談料ももちろん無料となります。

(3)メリット3 査定してもらうことで、損しにくくなる

1社のみに、査定を依頼するよりも、複数社に査定を依頼をした方が、売却額が高くなる傾向にあります。

4.不動産査定サイトのデメリット

不動産査定サイトに登録している不動産査定会社は、査定サイトに広告費を支払い、お客様を紹介してもらっております。

広告費を支払っているので、不動産査定を行い、その後に売却の依頼を受けなければ赤字となってしまいます。

そのため、多少は営業されます。

もちろん最近は、お客様の嫌がる行為を防ぐため、無理やり営業する業者を排除する動きはありますので、嫌がるような行為をする会社の紹介は減っておりますが、とはいえ、営業を全くされないということはないと考えておくべきでしょう。

5.不動産査定はなぜ無料でしてもらうことができるの?

不動産査定を依頼する方は、

・不動産をすぐに売却したい

・不動産をいずれ売却したい

・不動産の価値がどれくらいなのかを知りたい

・相続税の計算をするために概算で価値を把握しておきたい

などと考え不動産査定を依頼されております。

つまり、不動産査定を依頼する方は、土地や建物を保有しており、いずれ売却する可能性がある方なのです。

不動産の売却を仲介した場合には、不動産会社には、仲介手数料が入ります。

不動産(土地や建物など)を売却してくれる可能性がある方のリストを取得できれば、いずれこの仲介手数料が不動産会社に入る可能性があるため、入口の不動産査定は無料で実施し、将来的に不動産売買の仲介をすることで利益を上げようとしております。

この仲介手数料を取得できなければ、不動産会社は赤字となってしまうため、不動産査定を行うと多少は営業されます。

※不動産の仲介手数料は、以下の通りです。

不動産売却の仲介手数料の上限は、売買価格に応じた一定比を乗算した金額になります。

売買価格200万円以下の場合は5%

200万円から400万円にかけては4%

400万円を超える場合については3%


>>不動産の仲介手数料についての詳細は、こちらをご参照ください。

6.実際に不動産査定を申し込むとどんな流れになるの?

不動産査定を行うためには、個人情報や不動産情報を入力する必要があります。

1分程度情報を入力するだけで非常に簡単に申し込むことができます。

どんな流れ不動産査定が行われるかの詳細と、実際に申し込むとどんなメールが来るかの詳細については、下記サイトでまとめて説明しておりますのでご参照ください。

ネットで不動産査定を申し込む場合、どのような流れになるのか?

ネットで不動産査定を申し込むと、実際にどんなメールが届くのか?

7.査定には、簡易査定と訪問査定がある?

不動産査定は、ほとんどの業者が簡易査定と訪問査定を受け付けています。

どちらを選ぶかで迷うかもしれませんが、選ぶための判断材料としてそれぞれのメリットとデメリットをご紹介します。

簡易査定のメリットデメリット

①メリット

簡易査定はインターネット上でフォームに記入を行ったり、指定されたフォーマットに記入してメールで送付したりすることにより業者に査定を行ってもらう方法です。

不動産の種類や所在地、土地の広さなどの不動産情報を入力し、個人情報を記入するだけで申し込みできます。

簡易査定では速やかに査定結果を連絡してくれる場合もありますが、入力された情報を受け取った業者がそのタイミングでの物件周囲の相場情報などを調べた上で数日後に査定結果を報告してもらえるのが一般的です。

ただ不動産や個人情報を入力するだけで簡単に不動産の査定価格を得ることができるので簡単でし、時間もかかりません。

②デメリット

簡易査定では、あくまで客観的な情報だけに基づいて査定が行われているため、不動産の状態による違いが反映されておりません。

建物がある場合には建物の劣化の度合によって価格は大きく変動します。

また、土地だけの場合でも、土地の荒れ具合や地盤の状況、周辺環境などによって査定価格は現実の売買価格とは差が生じてくることもあります。

訪問査定のメリットデメリット

訪問査定は、簡易査定とほぼ同様の情報を提供した上で、査定のプロに実際に不動産(土地や建物など)を見てもらって査定を行います。

簡易査定と訪問査定の大きな違いは、実際にその不動産を見るかどうかです。訪問査定では、実際に不動産の状態を見て、査定するため、簡易査定に比べると実際に売却できる金額と乖離が少なくなります。

訪問査定の申し込みをすると担当者から連絡が届いて日程調整を行い、その業者の抱えている専門家に訪問してもらえる仕組みになっています。

親切な業者であれば、具体的にいくらで売りに出したら良いかなどの提案をしてくれる業者もあり、売却価格を上げるためノウハウを教えてくれることもあります。

専門家の訪問を受けなければならないという点で労力はかかりますが、それに見合った正確さで不動産の価格を査定してもらえるのが特徴です。状況によって専門家に訪問してもらうまでに数日から数週間程度かかることは覚えておきましょう。

簡易査定と訪問査定を上手に使い分けるのがオススメ

簡便さでは簡易査定が優れていますが、査定金額がより現実の取引金額に近くなる可能性が高いのが訪問査定です。

どのような情報が欲しいかに応じて二つの査定方法を使い分けるとよいでしょう。

まとめ

不動産査定サイトの仕組みやメリット・デメリットをご理解いただけたでしょうか?

皆さまが少しでも高く不動産を売却できれば幸いです!

相続税を払う可能性がある方で、相続財産が不動産ばかりの方は、売却して、納税しなければなりませんので、早めに査定しておくと、納税資金がどれくらいあるのかを概算で把握できてよいかもしれませんよ!