ワンルームマンション投資でおすすめのエリアは?どんな人が向いている?

ワンルームマンション投資でおすすめのエリアは?どんな人が向いている?

不動産投資においては物件選びが命ですが、投資対象としておすすめのエリアはどのあたりでしょうか?また、どんな投資家がワンルームマンション投資に向いているのでしょうか? 

ワンルームマンション投資でおすすめのエリアは?どんな人が向いている?
ワンルームマンション投資でおすすめのエリアは?どんな人が向いている?

1.投資エリアによる特徴

東京23区などの大都市エリアは、なんといっても満室を確保しやすいのが強みでしょう。

東京都には日本各地、そして外国人も含めて色々な人が集まります。ですから、たとえ空室が出ても条件の良いマンションであれば、すぐに埋まるという期待が持てます。ただ、需要が多い分供給も多いという事情もあるため、物件そのものの魅力、競争力が大切になってきます。

そして、たくさんの人が入れ替わり立ち替わり入居するということは、頻繁なリフォーム費用の支出がある可能性もあります。また、時として家賃滞納や近所迷惑をもたらすような問題のある入居者にあたってしまうこともあり、メリットとデメリットが表裏一体になっているのではないでしょうか。また、東京都は物件自体が高いため、利回りが地方よりも低くなってしまうことはやむを得ないでしょう。

しかし資産として考えた場合にたとえ売却するとなっても買い手がつきやすく、いわゆる「流動リスク」を抑えることができます。

これに対して地方都市は物件が安い代わりに空室リスクが東京より高くなります。また投資がうまくいかなくなってもすぐに売れないなどの、購入後の資産価値減少という面での問題が生じる恐れもあります。特に、近くに大学キャンパスなど施設があることに着目して買った場合、そのエリアに競合するアパートがどんどん建てられたり、さらに運が悪ければキャンパスが移転するような事情が起こると入居者が激減するリスクがあります。

こういったことを総合的に見ればワンルームマンションは東京23区に軍配が上がるのではないでしょうか。

2.ワンルームマンション投資に向いている人は?

ワンルームマンションの特徴は価格が安いことです。いきなり最初から物件価格が高いファミリータイプや一棟買いなどは危険ですから、投資初心者の人にはワンルームはとっつきやすいといえます。箱が小さい分、初期費用や管理費なども安いため、万一、うまくいかなかったときのリスクも最小限に抑えられます。

また、サラリーマンが副業として行う場合、大がかりな物件を持ってそれらをしっかりと管理していくことは難しいので、そのような人にとっても小規模なワンルームマンションは取り組みやすいと言えるでしょう。

アパート経営を検討するなら「一括資料請求」がお勧めです。

複数のプロフェッショナルへ一括で簡単に相談依頼が出来ます。自分に合った物件や投資方法をアドバイスしてくれるでしょう。

土地活用&賃貸経営のことなら「イエカレ」で無料一括資料請求ワンルームマンション投資でおすすめのエリアは?どんな人が向いている?

まとめ

ワンルームマンションに投資するなら、東京23区がおすすめではないでしょうか・

相続対策で節税目的に購入する方にとっても、さまざまな場所に複数のワンルームマンションを購入することで、リスクヘッジをすることも可能となりますよ。

ワンルームマンション投資でおすすめのエリアは?どんな人が向いている?