不動産査定をする前に絶対に知っておくべき2種類の査定方法

不動産査定をする前に絶対に知っておくべき2種類の査定方法

不動産査定をするために、少しでも高く売れたいとお考えの方も多いのではないでしょうか?

1円でも高く売却するために必ずやっておいた方ことは、不動産査定です。

では、不動産査定とは、どのようなものなのでしょうか?

今回は、不動産査定の種類とそれぞれの違いについてご紹介させていただきます。

 

不動産査定をする前に絶対に知っておくべき2種類の査定方法

 1、不動産査定には、2つの種類がある?

 不動産査定の種類

(1)簡易査定(ネット査定)

(2)訪問査定(詳細査定)

 不動産査定には、2つの種類があります。

では、この2つの違いをご紹介致します。

 2、簡易査定(ネット査定)とは?

簡易査定(ネット査定)とは、一般的には、インターネットから複数社に、下記情報のみで、査定する方法です。

具体的に説明すると、簡易査定とは、物件の査定方法の1種で、不動産会社が行ってくれるものとなります。

訪問査定と異なる点は、公示価格などを用いて概算で計算されるもとを指します。

昔は、訪問しなければ、査定することが出来なかったのですが、ネットの普及もあり、不動産会社に訪問してもらわなくても査定してもらうことができるようになりました。

簡易査定の場合には、電話やメールなどで、物件情報を伝え、複数の会社に依頼するだけで、短期間で不動産の査定を行うことが可能になります。

【ポイント】

複数の会社に依頼することで、不動産査定された金額を比較することができます。

そのため、1社のみに査定してもらう場合に比べ、査定された金額が高くなることが多いです。

不動産査定を行う際に、伝える情報の例

  • 不動産の種類(マンション、戸建て、土地)
  • 住所(エリア)
  • 駅からの徒歩分数、バス便の有無
  • 面積(土地や建物の面積)
  • 築年数
  • 売却希望時期
  • 物件の間取りや広さ、駐車場の有無

 上記の情報を伝えることで、複数社に簡易的にネットで、不動産査定を行ってもらうことが可能になります。

3、簡易査定(ネット査定)をすると、どれくらいの期間で査定してもらえるの?

簡易査定の場合には、最短で、数時間で査定してもらえる場合もあります。

とりあえず、査定してもらいたいという場合には、訪問査定なく、簡易査定がオススメでしょう。上手に使い分けすることがポイントになるでしょう。

4、簡易査定(ネット査定)で求めてもらった金額は、参考情報のようなもの?

 簡易査定の場合、不動産の状態がどれだけ良いのかをチェックすることができません。例えば、最近リフォームしたばかりの不動産を簡易査定してもらった場合、リフォームした情報を加味して、査定することができないため、実際に取引する際の価格とは、異なることがあります。つまり、簡易査定は、だいたいどれくらいの金額かを計算してもらうために利用するものと言えるでしょう。

【ポイント】

簡易査定で査定してもらった金額は、実際の取引価格とは異なる!

5、簡易査定を、上手に利用すると、相続税の計算がしやすくなる?

 不動産(土地や建物)を保有している方が、相続税を計算する場合、土地であれば、路線価方式や、倍率方式、建物であれば、固定資産税評価額を利用して、計算していかなければなりませんが、相続税の知識がなければ、計算が難しいです。この難しい計算を概算で計算するために便利なのが、不動産簡易査定(ネット査定)です。

査定された金額は、相続税の計算で使う金額とは異なりますが、

土地であれば、ネットで査定してもらった金額の約7割が相続税の計算で利用する金額

建物であれば、ネットで査定してもらった金額の5割~7割が相続税の計算で利用する金額となります。

6、簡易査定のメリット・デメリットをまとめてみました!

(1)簡易査定のメリット

簡易査定(ネット査定)は、複数社の不動産会社で一括査定ができるため、多くの不動産会社から査定額を得られ、平均値や大まかな目安額や相場観がわかります。

その目安の金額を相続税の計算にも役立てることが可能となります。

(2)デメリット

不動産会社が網羅されているわけではないので登録されていない会社も多数存在する為、100%正しい金額な査定ができるわけではないという点がデメリットと言えるでしょう。

7、訪問査定(詳細査定)とは?

査定担当者が物件(実物)の内外の詳細を一定の基準で採点し査定する方法です。

ざっくり言えば、現地でしっかり金額を査定してくれる査定方法です。

※一定の基準とは?

訪問査定では、一定の基準にもとづいて、不動産を査定します。一定の基準とは、不動産流通推進センター(旧不動産流通近代化センター)の価格査定マニュアルを利用して査定する方法を指します。

8、訪問査定する際のチェックポイント

訪問査定をする場合、簡易査定よりもチェックポイントが増加します。簡易査定でチェックする点に加え、下記の点をチェックして査定します。

  • 駅からの徒歩何分か
  • 駅から家までの道のりの様子
  • 道路等の騒音がどれくらいか
  • 近隣のスーパーなどの商業施設の規模はどれくらいか
  • 公園の有無
  • 利便性はどうか
  • 住みやすい環境かどうか
  • 物件の日当たりはよいか
  • 眺望はよいか
  • ドアなどの建具や、キッチン・トイレなどの水回りなどの室内の状態
  • 土地や一戸建の場合は接道状況(間口、道路幅員、公道・私道の区別等)をチェック

9、訪問査定のメリット・・デメリットをまとめてみました!

(1)訪問査定のメリット

訪問査定では、精度の高い査定を行うことが可能となります。

(2)訪問査定のデメリット

①訪問した査定員の主観が反映されてしまう可能性がある

②立ち会いするための時間を作る必要があるため、面倒

③貸している物件を査定する場合には、賃借人にも協力してもらわなくてはならない

10、不動産査定を受ける前によくある質問とは?

質問① 土地だけでも訪問は必要?

解答① 精度の高い査定価格を知る為には必要になります。査定価格の大半は土地によって決定することが多いです。その為、地図情報だけでなく、周辺環境や勾配、境界線の有無、管理状況、整地状況などを加味した査定を行ってもらう為には、訪問査定をおすすめします。

質問② 業者に個人情報が出回ったり、しつこい営業が心配だけど、大丈夫?

解答② 顧客獲得のために、不動産会社が査定をしているという前提がある為、営業活動などは、ないとは言い切れないので、業者選びは慎重に行うことが大事です。

質問③ メールのやり取りだけでも査定は可能?

解答③ 簡易査定の匿名であれば、可能です。しかし、訪問査定の場合には、連絡や提案が少なからずありますので、メールだけ完結する不動産会社は少数だと考えられます。

質問④ 査定依頼は何社ぐらいにするのが妥当ですか?

解答④ 売却依頼を検討されているのであれば、簡易査定の場合は5〜6社ぐらいで、訪問査定の場合は3社ぐらいが妥当だと考えられます。しっかり査定してもらうことで、もっとも高く売れる業者も見つけることができるでしょう。

 まとめ

簡易査定は、インターネットを活用した一括査定サイトが増えたため短時間で、目安の査定額を得ることができます。

簡易査定の考え方をまとめると以下の2点です。

  • 大まかな査定金額の把握
  • 訪問査定を依頼する業者の選定

失敗しないためにも、まずは簡易査定から、良い取引ができそうな不動産会社を探してみてはいかがでしょうか。良い不動産会社が見つかったら、その中の数社のみに訪問査定をしてもらいましょう。