相続税の基礎知識と相続対策のすべて

相続税の基礎知識と相続対策するための情報をすべて公開しております。

すべて読むにはかなりの時間が必要になりますので、まずは必要な部分をピックアップして読んでください。

Step.1 相続のために必要な知識

難しい

最低限理解しておかなければならない用語で

  • 相続人
  • 相続分
  • 遺留分

この3つの用語を覚えることで、

  • 誰が相続人になるのか?
  • 一般的に、相続財産をどれくらいもらう権利があるのか?
  • 最低でもいくら相続財産をもらうことができるのか?

を把握することができます。

相続人とは?

遺留分とは?

遺留分とは?

Step.2 相続税ってどうやって計算するの?

誰が相続するかを把握し、何パーセントの財産を取得できるのかを理解した方は、次に、相続税がいくらかかるのかを覚えましょう。

相続財産を取得した方は、基本的には相続税を支払わなければなりません。

その相続税はどのように計算されるのかを把握しましょう。

相続税の仕組み0404

No.1 課税価格の合計額の求め方は?
No.2 遺産に係る基礎控除額の求め方は?
No.3 法定相続分とは?
No.4 相続税の税率は?
No.5 相続税の総額を求める 【計算パターン】
No.6 相続人ごとの算出税額を計算します。
No.7 税額控除とは?

Step.3 相続税ってどうやって節税対策すればよいの?

相続税の節税対策には、生前対策と、死亡後に行う対策があります。

11つの生前対策とは?

死亡後の3つの相続対策とは?

Step.4 相続の争いを防ぐための対策はあるのか?

争う

相続の争いはどんな場合に起こるのかと気にしている方は多いのではないでしょうか?

毎年100万人以上の死亡者数があり、その中で遺産分割に関する調停事件は約1万件、審判事件は約2,000件あり、約1%の方が争っているのが現状です。顕在化しないものを含めればさらに多くの相続争いが起こっていることが予想されます。

では、その争いを避けるためにはどんな対策が必要なのでしょうか?

争いを防ぐためには、『遺言』が非常に大事になります。だた遺言を残せばよいわけではなく専門家と相談して、遺言書を作成することが争いを防ぐためには必要となります。

まずは、遺言を作成してにもかかわらず、モメてしまうケースをご紹介します。

遺言書でモメてしまう具体例と解決策のすべて

つぎに、モメないために作成すべき、公正証書遺言についてご紹介いたします。

公正証書遺言とは?

Step.5 相続したくない場合の、相続放棄とは?

被相続人(亡くなった方)に多額の借金がある場合、相続放棄すれば、借金は返済しなくて済みます。

しかし、相続放棄しなければ、相続人が借金を代わりに返済する必要があります。

では、相続放棄とはどのようにすればよいのでしょうか?

相続放棄とは?

相続放棄の手続きを自分で行うために必要な7つのポイント

相続放棄しても生命保険はもらえるって本当!?

全員相続放棄したら、どうなるの!?

Step.6 未成年が相続する際の注意点はあるのか?

相続人が未成年の場合には、注意点があります。注意点は下記を参照ください。

未成年者が相続する場合の注意点とは?

Step.7 相続の時効って何?

相続の時効には、下記の4つの考え方があります。

(4) 相続回復請求権の時効とは?

Step.8 保険を使った対策はあるのか?

生命保険を利用することで、節税することや、納税資金を準備することができます。

保険は付き合いで加入する方は日本には多いですが、みなさんに本当に必要な保険に加入してくださいね。

生命保険による相続税対策のメリット・デメリット

Step.9 タンス預金って、相続税がかかるか?

タンス預金とは、言葉の通り、銀行にお金を預けるのではなく、家のタンスなどに保管してあるお金を指します。

このお金も相続税の申告をする際に含めて計算しなければなりません。詳細は下記を参照ください。

タンス預金のメリット・デメリット

Step.10 相続税に影響する贈与税の計算方法のまとめ

相続税の節税をするためには、生前対策が重要となります。

生前対策をする上で必要な知識となるのが『贈与税の知識』です。

贈与税の計算方法

Step.11 贈与税の節税対策のまとめ

お金 贈与

Step10で贈与税の計算方法を理解出来た方には、6つの節税対策も覚えていただきたいです。

相続税の節税対策を行う上では重要な知識となります。

6つの贈与税の節税対策方法とは?

Step.12 夫婦間のお金の受け渡しも贈与に?

以外に知られていないのが、夫婦間のお金の受け渡しにも贈与税が発生するということです。

詳細は下記サイトを参照ください。

夫婦で贈与した場合には、贈与税はかかるのか?

Step.13 親からの借金が贈与になってしまう可能性がある?

親からの借金を、出世払いで返却する予定の方や、利息を全く支払っていないという方は贈与税が発生する可能性があります。

知らなかったでは許されませんので、親から借金する可能性がある方は下記サイトをご参照ください。

親からの借金は贈与とみなされる可能性が!?

Step.14 贈与税の申告期限を守らないと罰則がある?

罰則

贈与税の申告をしなければならないことを知らずにしていない方は意外と多いのではないでしょうか。

もしバレてしまった場合には罰則がありますのでご注意ください。

贈与税の申告期限は?守らなければどんな罰則が?

Step.15 贈与税に時効あり?

贈与税の申告し忘れていても『時効』があります。

贈与税に時効ってあるの?意外としらない贈与税の仕組み

Step.16 相続税は還付される可能性がある?

相続税を5年以内に納税した!という方は約7割の方が還付の可能性があります。

1人目の医者に見てもらったら治らなかったけど、2人目の医者に見てもらったら病気が治ったということがあると思いますが、相続税も同じで、2人目の税理士が見たら税金が安くなるということが頻繁にあります。(約7割が還付されます!)

支払った相続税が戻ってくる!?相続税還付は平均1,200万円

まとめ

相続税に関連するものをすべてまとめてみました。すべてを読むのはかなり時間がかかりますが、まずは、知っておきたい知識だけでも一度読んでおきましょう。

 

 

あなたは相続対策の必要がありますか?まずは相続税の試算をしてもらうべき?

あなたは本当に相続対策が必要ですか?


相続対策をする前に大事なことは相続税の試算をしてもらうことです。


試算した結果で、どんな対策を取ればよいのかが変わってきます。


なんとなく相続税が心配だから、相続対策しておくか!ではダメです!


  まずはあなたも相続対策前に、相続税の試算してください。



全国どこでも対応可能!

創業90余年の信頼と実績をもとに経験豊富な税理士・司法書士が対応致します。


【 相 続 相 談 窓 口 】

freecall_tujihongou

電話をかける



-辻・本郷 全国相続申告センター-



相続情報ラボ | 相続専門の税理士が監修する税金お悩み解決サイトの購読はfacebookが便利です。




Twitter・RSSでも購読できます。

コメント

コメントはこちらから

*