死亡保険について【貯蓄型のおすすめは低解約返戻金型終身保険】

「死亡保険」といえば、掛け捨てタイプのものを連想する方がおおいのではないでしょうか?

掛け捨て型以外に貯蓄型の商品もあり、上手に使えば非常にメリットがあるものになっています。今回は、オススメの『低解約返戻金終身保険』をご紹介致します。

低解約返戻金終身保険って何?

少ない

低解約返戻金終身保険とは、以下の特色を持っています。

  • 死亡保障は掛け捨てタイプと比べると多くない
  • きちんと保険料を支払っていけばお金が増える
  • 途中、一定の時期までは解約してしまうと返戻金が非常に少なくなってしまう

満期まで払い込めるという条件であれば、支払った保険料が無駄になりません。

お金が増えて戻ってくるため、預金の金利が期待できない今の状況では有利な貯蓄として利用することができるのです。普通に収入から貯蓄していくことが苦手な人、通帳にあるとつい使ってしまう人などは強制的な天引き貯蓄をするのと同じですから確実に貯めることができます。

一方で死亡保障は少なめになっていますから、「貯蓄がメインで、死亡保障はあくまでサブ的位置づけ」と考える人に向いている商品でしょう。

満期後に受け取る方法も一括で受け取る、年金として受け取るなどの方法を選ぶことができます。満期後も解約せずに置いておけば保険会社の運用によって増えることもあります。

ただし、途中での解約は時期にもよりますが払った金額の7割程度しか戻ってこないこともあります。

そして、途中で自由に引き出すことのできる預金と異なり、お金が拘束されてしまうことには注意が必要です。

ただ、どうしても何かの理由で資金が必要になった場合、「契約者貸付」といって、払込保険料を担保にして低金利の貸し付けを受け、一時的に資金調達するという方法はあります。

低解約返戻金終身保険の上手な使い方

リスク 比較

上記のように低解約返戻金終身保険には優れた貯蓄性、安定性がありますので、確実に払い込んでいける金額を設定する人にとってはさまざまな使い方をすることができます。

代表的な利用方法は老後資金の貯蓄です。一定の年齢までは死亡保障を取り、そこから先(リタイヤ後)は生活資金として年金で受け取るのも良いでしょう。また、ある程度まとまった金額を一度に支払わなければならなくなる葬儀とその関連費用の準備とする人もいます。

また、節税のために利用されることもあります。
支払った生命保険料に応じて上限はありますが、その年の所得から差し引くことができます。そのため、所得税や住民税の負担を軽くすることができるのです。

保険の相談をプロにお願いしたい方はこちら

まとめ

掛け捨てではない『低解約返戻金終身保険』をご理解頂けたでしょうか?

死亡保証や、老後の生活資金への貯蓄、節税対策にもなりますので、将来のリスクヘッジを行いたい方は是非ご加入をご検討ください。

あなたの"ほけん選び”大丈夫ですか?

こんなお悩みとニーズを簡単に解決!

  • 自分が加入しておくべき保険が何かわからない。
  • 相続対策のために、どんな保険に加入すればよいのかわからない
  • いろいろな保険会社の商品を比べてみたい!
  • 保険で損しないために、保険のプロであるFPに相談したい!
  • 保険料を安くしたい

お金のプロであるファイナンシャルプランナーが相続対策するために最適なアドバイスを行います。


相続情報ラボ | 相続専門の税理士が監修する税金お悩み解決サイトの購読はfacebookが便利です。




Twitter・RSSでも購読できます。

コメント

コメントはこちらから

*