遺言の入った封筒を勝手に開けたら相続できないの?

あなたは、もし封筒に入った遺言を見つけたら、その封筒をあけて中身を見ますか?

すぐにあけて見る!と考えた方は問題が発生する可能性がありますので、以下の記事をご覧ください。

1、遺言を勝手に開けたら相続できないのか?

直筆証書遺言

遺言には、『公正証書遺言』と『直筆証書遺言』があり、

『公正証書遺言』の場合は、遺言の入っている封筒を開けても大丈夫です。

『直筆証書遺言』の場合は、封筒の封が閉じているものと、閉じていないものがありますが、封が閉じているものは、勝手に封を開けてはいけません。封を開けずに家庭裁判所にもっていき、検認する手続きが必要になります。

封が閉じていなかった場合には、中身を見ても大丈夫ですが、封が閉じている場合と同様に、家庭裁判所にもっていき、検認する手続きが必要になります。

 検認とは,相続人に対し遺言の存在及びその内容を知らせるとともに,遺言書の形状,加除訂正の状態,日付,署名など検認の日現在における遺言書の内容を明確にして遺言書の偽造・変造を防止するための手続です。遺言の有効・無効を判断する手続ではありません。

■関連記事
遺言書でモメてしまう具体例と解決策のすべて

 直筆証書遺言が封の閉じた状態で、封筒に入っているにも関わらず、家庭裁判所で検認せずに、勝手にあけてしまった場合には、5万円の過料という罰則を払わなければならない可能性があります。

 遺言が無効になるわけではありませんし、相続する権利を失うわけでもありませんが、勝手にあけるのは避けましょう。

2、遺言を破棄した場合には、相続出来なくなる可能性も?

 遺言書を最初に発見した人が、勝手に封を開けて中身を確認し、遺言書の内容が自分に不利な内容だったため、破って捨ててしまったとします。その行為がばれてしまうと、その方は何も相続することができなくなります。これを『相続欠格者』と呼びます。

まとめ

遺言を勝手に開けてしまったら、相続できなくなりますか?という質問は意外と多いので、今回の記事を参考にしてください。

69,800円で公正証書遺言作成を頼める!?

こんな方にオススメです!

      • 安く遺言書を作成したい
      • 遺言の相談をしながら、相続対策についても相談したい
      • 近くで、遺言や、相続対策の相談できる方がいない

相続ドットコム


相続情報ラボ | 相続専門の税理士が監修する税金お悩み解決サイトの購読はfacebookが便利です。




Twitter・RSSでも購読できます。

コメント

コメントはこちらから

*