お墓を購入する上で知っておくべき3つのポイント

お墓を購入する上で知っておくべき3つのポイント

お墓を購入する時にこんな悩みはありませんか?

  • 納骨する場所は、お寺、霊園、納骨堂のどれがよいのか?
  • 納骨には、どれくらい費用がかかるのか?
  • 納骨後、管理費はかかるのか?

など多くの疑問があるのではないでしょうか?

一生に何度もお墓選びについて考えることはないかと思います。
最初で最後という買い物になる方が大半だと思いますので、しっかりとした知識をもち、
あとで「失敗した...」とならないようなお墓の選び方をしたいものです。
今回の記事では、お墓を購入する際に知っておくべきポイントをご紹介していきます。

お墓を購入する上で知っておくべき3つのポイントお墓を購入する上で知っておくべき3つのポイント


お墓を購入する上で知っておくべき3つのポイント

1.どこのお墓に入るか?各納骨場所のメリット、デメリット

納骨

納骨する場所は、「お寺」「公営霊園」「民間霊園」「納骨堂」などがあります。

それぞれ納骨所を運営する主体によって、様々なメリット、デメリットが存在しています。
それぞれの、メリット、デメリットをご紹介します。

<1.お寺>

【メリット】

お寺のなかにあるお墓で、維持や管理はお寺が引き受けてくれます。
また、葬儀や供養も任せられるため、面倒なことはありません。

【デメリット】

永代供養してもらうには、檀家となる必要があり、日ごろからお寺が主催する行事等に顔を出してお付き合いをすることも求められます。
指定された石材店がある場合もあり、自由な墓石選びができない可能性もあります。
一般的に地方では安価ですが、都心部になればなるほど高額の費用がかかる傾向にあります。

<2.公営霊園(公営墓地)>

【メリット】

市や町が運営するお墓で、宗教や宗派に関係なく埋葬してもらうことができます。
また、維持管理は各自治体が行うので、比較的リーズナブルな費用で済ませることができます。

【デメリット】

公営のお墓に入ることができるのは、その地方自治体の住民などに限られている場合も多く、墓石のデザインはいくつかのパターンから選択するケースが多いようです。
また、価格は寺院墓地や民間墓地と比較して一番安いことが多いので希望者は多く、入れないこともあるようです。

<3.民間霊園(民間墓地)>

お葬式

【メリット】

公益、社団、財団法人などが経営している墓地なので、宗教・宗派はあまり問われることはありません。
また、利用するにあたって、公営の霊園のような申込資格(その地方自治体の住民に限定など)の制限なく入れることが多いです。

【デメリット】

アクセスがあまりよくない場所にあることも多く、不便に感じるケースが多くみられます。
また、公営の霊園よりも費用が割高になります。墓石の購入先として指定の石材店からの購入を求められる場合があります。

<4.納骨堂>

【メリット】

両国陵苑外観最近、都心部に増えてきているのが、納骨堂という選択肢です。
こちらはお墓を購入する形ではないため、墓石代がかからず、都内でも比較的リーズナブルな価格で納骨することが出来ます。
※納骨堂については下記の関連記事をご覧ください。
もともと、お墓に入るまでの一時的なお骨の保管場所として利用されてきましたが、現代ではここに永眠することを選択する方も増えています。
都心部のビルや建物のなかにあるため、コンパクトな場所で駅に近く、遺族の参拝に便利なことが受け入れられて、広がりをみせつつあります。

画像:両国陵苑

【デメリット】

納骨堂は、最初から(または一定期間、個別安置した後)他の方と共同のお墓に入るケースが多いです。
その場合には他の遺骨と一緒に供養をされるため、納骨後に遺骨を取り出すことが出来なくなります。
将来、お墓を別の場所に移動させたいという方などには向いていないでしょう。

■関連記事
承継者がいないお墓はどうなる?屋内のお墓(納骨堂)とは?
お墓の引っ越し(移動)するために必要な全知識
お墓も引越しする時代!墓じまいをしてもっと気軽にお墓参り

2.お墓の購入にかかる4つの費用とは?

お墓にかかる費用としては、「永代使用料」「墓石購入費用」「工事費」「管理費」の四つにわけることができます。

(1)永代使用料

お墓を建てるには土地が必要になりますが、そのお墓を建てる墓地の土地を永代的に借りる利用料が、「永代使用料」となります。
墓地の土地は購入するわけではなく、お寺や霊園の所有物である土地を借りる形となっています。

お墓を建立する際に永代使用料を支払い、権利を取得することで、子孫代々まで永代に渡ってお墓を受け継いでいくことができます。
(※承継者がいなくなった場合には、権利は消滅します。)

この永代使用料は地価と比例する傾向があり、都市部であればあるほど高く設定されています。

地  域
使 用 料 目 安
東京都23区内
約 150万円 前後
東京都23区外
約  85万円 前後
神  奈  川  県
約  90万円 前後
埼  玉  県
約  60万円 前後
千  葉     県
約  60万円 前後
大  阪  府
約  80万円 前後

《墓地・霊園の運営母体の種類》

【寺院の場合】 公営霊園に比べると割高だが管理が行き届いている。

【公営霊園(公営墓地)の場合】 民営より比較的安い。

【民営霊園(民営墓地)の場合】 管理や運営などにより差が生じる

【共同墓地の場合】 公営霊園と同様寺院などと比べて比較的安価。

(2)墓石購入費用

墓石費用は、墓石とその付属品に関わるもので、石材の費用で、石の値段は、墓石の大きさ、石の種類や産地、希少性、硬度、吸水率といった様々な理由で、値段が変わってきます。
またデザインについても形や加工方法、付属品の種類によって大きく変わってきますので、自分にとって何が必要をきちんと調べる必要があります。

【墓石本体】

石の特徴や大きさ、加工方法によって料金は変動します。

【外柵】

墓地が大きいほど石材の量が多いので、墓地寸法によって値段が変わります。また素材や形によっても変わります。

石材費 石材の種類によって値段が変化します。また、形状も複数あり墓地の大きさに合わせ作ります。

(価格目安)2㎡:15万円 3㎡:25万円 4㎡:35万円

お墓を購入する上で知っておくべき3つのポイント

参考:大久保石材店

【外枠工事費】

設置するための費用。

(価格目安)2㎡:10万円 3㎡:14万円4㎡:16万円

【基礎工事費】

外柵の㎡数に合わせて基礎を打ちます。最終的に墓石本体の基礎と結合するように、立体的な基礎になります。

(価格目安)2㎡:8万円 3㎡:10万円 4㎡:12万円

【撒き砂利】

面積で値段が変わります。また、石の種類によっても変わります。

(価格目安)那智石の場合 1㎡:1万円

【墓 誌 (ぼし)】

戒名などをお墓本体でなく墓誌と呼ばれるお墓の傍に建てられる石板に文字を刻みます。
こちらは没年月日、戒名、俗名、亡くなった日などを石板に彫刻し、後の世代に伝える目的で
建てるものですが、絶対建てなければならないものではありません。

(価格目安)外国の石材:3~10万円 国内の石材:8~25万円

【文字彫刻費】

お墓本体に、お一人分の題字・戒名の彫刻価格です。

(価格目安)4万円・「卒塔婆立て」 

【卒塔婆(そとば)立て】

卒塔婆は、省略して「塔婆(とうば)」とも呼ばれます。供養するために使用する細長い木の板のことです。

(価格目安)1~5万円

【物置台】

大きさで価格も変わります。 (価格目安)3~5万円

【墓前灯篭】

角置灯篭で1つ約3万円、中国産の立ち灯篭で、1つ約5万円。

(価格目安)3~5万円

(3)工事費

墓石を新しく立てる場合、以下のような工事費がかかります。

  • 「基礎工事費」
  • 「外柵工事費」
  • 「墓石工事費」

工事費は、墓地の場所や墓地寸法、墓石や外柵の形などによって価格が変わります。

墓地が、高地や道が狭い土地など、通常より工事の難しい地域にある場合は、費用が上がります。
基本的に平地で重機が入りやすく、面積が小さい墓地ほど工事費は安価となります。

(4)管理費

墓地・霊園の管理者に支払う墓地管理費が、1年ごとに5千円~1万5千円ほどかかっていますのでご注意ください。
この費用については、霊園ごとにことなってきますので、霊園にご確認をください。
寺院墓地だと寄付金という名目で求められるケースもあります。

以上を踏まえたうえで、

3.お墓の費用を抑えるポイントは?

カタログ

(1)お墓を建てる場所

お墓を立てる場所を選択するときに一番経済的負担が軽いのは、公営霊園でしょう。

各霊園を比較されてから、墓地の用意をされたほうがいいと思います。

地域によって永代使用料などが違いますし(数百万の違いがあることがあります)、前述したとおり高地や道の狭いところなど工事しにくい場所は工事費が上がることがあります。

(2)展示品やカタログ品を購入する

展示場に陳列されている展示品やカタログ品などのお墓も、リーズナブルな価格です。
これらはデザインや寸法計測などが必要ないため、安く価格設定されています。
ただ、墓地を用意したうえで、その場に合うかを計算してから購入したほうがいいかもしれません。
大きい墓石を買ったが墓地は小さいものしか用意できなかった、というようなケースにならないよう気をつけましょう。

(3)インターネット通販を利用する

またインターネット通販でお墓を買うことも最近は選択肢としてあります。ネットショップですと店舗代を削減できるので通常より安く販売されている場合があると言われています。

(4)供養の仕方を考える

個人のお墓ではなく、他の方との共同のお墓(合祀墓(ごうしぼ))に入るというのも一つの選択肢です。

合祀墓の場合、共同のお墓であるため、墓石代がかかりません。また、納骨時に「永代供養費」を払った後は、その後の維持管理費が不要であるケースが多いため、費用も抑えられます。

(5)主流でないスタイルも視野に入れる

樹木葬・桜葬、散骨、といったスタイルは、主流ではありませんが費用が抑えられることがあります。
納骨堂、自動搬送式、ロッカー式・仏壇式、合葬墓、合祀墓、納骨堂型、などの新しい埋葬方法も安い場合がありますので、特に費用が気になる場合が検討されるのもいいかもしれません。

まとめ

一生に一度の買い物になるであろうお墓の購入。必要となった時に慌てることなく対応できるように、早めに知識を身につけておくとよいのではないでしょうか。

 

もし、今のお墓が遠くてお困りの方は、お墓の引っ越し(改葬)を検討してみてはいかがでしょうか?
お墓の引越し(移動)について詳しくはこちら

■関連記事
絶対に知っておきたいお墓・墓地の基礎知識
葬式費用の相場いくらか知ってますか?
葬儀費用を安く!葬式をやらない「直葬」・「火葬式」とは?
葬式も華やかに!花いっぱいの生花祭壇とは?
承継者がいないお墓はどうなる?屋内のお墓(納骨堂)とは?
(文責:相続情報ラボ)
お墓を購入する上で知っておくべき3つのポイントお墓を購入する上で知っておくべき3つのポイント


監修専門家



4000人以上に選ばれている 相続専門の業界大手税理士事務所