葬儀費用を安く!葬式をやらない「直葬」・「火葬式」とは?

葬儀費用を安く!葬式をやらない「直葬」・「火葬式」とは?

葬儀にかかる費用を抑える方法として、通夜・告別式を行わない「直葬」というものがあります。
葬式費用の平均は約189万円と言われており、また、葬式をやる場合、親族の方の手間などの負担も大きいため

「経済的負担を最小限にしたい」
「故人の意思で葬式をやらずに納骨したい」
「時間や体力的に葬儀を行うのが難しい」

など、さまざまな理由で選ばれる方が増えています。
今回は「直葬(火葬式)」について、費用はどれくらいかかるのか?また、注意点などをご紹介します。
葬儀費用を安く!葬式をやらない「直葬」・「火葬式」とは?


葬儀費用を安く!葬式をやらない「直葬」・「火葬式」とは?

1.直葬とは?

火葬

通夜・告別式などを行わずに、近親者のみで「火葬のみ」を行う儀式のことです。
ご遺体が安置されている病院などから、直接、火葬場に搬送するため「直葬」と言われております。
また、火葬場で僧侶の方にお経を読んでもらえるケースもあり、「火葬式」とも呼ばれています。

2.どんな流れやるの?

直葬の場合は、「通夜」「告別式」がない為、下図のような流れになります。直葬

直葬の費用相場は?

(1)平均20万円前後

直葬の場合、通夜・告別式を省略する分、費用が抑えられ葬儀社にお願いした場合、20万円前後が相場のようです。
葬儀社の中には10万円前後で提示してあるセットプランもありますが、安いからという理由だけで選ぶのはやめた方が良いしょう。
一般的なプランには

  • 火葬料が含まれていない (火葬場によりますが、約6万円~18万円程度)
  • 遺影写真代や仮位牌、納骨まで自宅での祭壇が含まれていない

などのケースがあります。
もちろん、ご自身で手配できるものに関しては、ご自身で手配した方が安い場合もあります。
セットプランでお願いする場合は、プランの中に何が含まれているのかきちんと確認した上で選ぶようにしましょう。

(2)火葬場によって、火葬料は異なる

火葬場には、市や区などが運営している「公営」の火葬場と、「民間」の火葬場があります。

 公営の火葬場の場合

住民であれば安く利用することができ、自治体によっては「無料」で行っている自治体もあります。

民間の火葬場の場合

火葬炉にも「特別室」などのランクがある火葬場もあり、東京のある火葬場では、ランクによって約6万円~17万円とかなりの差があります。
また、葬儀社が提供している「直葬」のセットプランに火葬料が含まれている場合でも、「民営」の火葬場で火葬する場合、一定の金額を超える場合には、追加で費用が発生する場合があります。

(3)安置期間によって追加料金がかかることも

また、火葬場が混み合っており、すぐに火葬できない場合、追加で安置するための費用がかかります。
火葬場の霊安室(柩保管施設)で安置する場合、施設によって異なりますが、1日あたり5千円~1万円前後かかります。

葬儀費用を安く!葬式をやらない「直葬」・「火葬式」とは?葬儀費用を安く!葬式をやらない「直葬」・「火葬式」とは?

3.注意点は?

24時間

(1)死後24時間経たないと、火葬できない

1F_MG_1305日本の法律では、死後、24時間経過しなければ火葬を行うことが出来ません。
したがって、火葬するまでの間、どこかにご遺体を安置する必要があります。
病院では、安置しておけないケースが多く、亡くなってすぐに火葬できるわけではないため、安置する為の費用は必ずかかると思っておいた方が良いでしょう。

(2)事前確認をしないと入るお墓がなくなる!?

先祖代々のお墓があり、お付き合いがあるお寺があるという方は、直葬を行う前に事前にお寺の僧侶に確認をした方が良いでしょう。
お寺の考えによっては、葬式(通夜・告別式)をやらずに納骨をすることができないなどのトラブルになるケースもあるようです。
事情を説明し、理解してもらった上で、行うようにしましょう。

(3)親族などにも相談を

葬式をせず、火葬まで済ませた場合、お別れをしたかった親族や周りの方から「なぜ勝手にやったのか」と言われることもあるようです。
そうならないためにも直葬をする前に、早めに連絡しておいた方が良いでしょう。

また、「お線香だけでもあげさせてほしい」と自宅にお見えになる方が増え、来客対応に追われる可能性もありますので、その点も考慮した上で行いましょう。

(4)香典収入が見込めない

直葬の場合、近親者のみで行う為、一般的な葬儀をやった場合に比べ、香典収入がほとんど見込めません。
直葬にかかった費用のほとんどを負担しなくてはならない点も頭に入れておきましょう。
ただし、故人の方が健康保険に加入されていた場合は、葬式費用の補助として、申請すれば給付金が貰えますので、忘れずに申請しましょう。
詳しくは下記の記事をご覧ください。

■関連記事

葬儀費用を安く!葬式をやらない「直葬」・「火葬式」とは?

まとめ

直葬では、経済的・時間的な負担が抑えられるというメリットがある反面、葬式をやらない分、物足りなさを感じる方もいらっしゃるようです。
そういった点も考慮したうえでどのように葬儀を行うのが良いか?検討されるのが良いでしょう。

(文責:相続情報ラボ)

お墓の引越し(移動)の無料相談をする


監修専門家



4000人以上に選ばれている 相続専門の業界大手税理士事務所