もしお墓を建てたら必要になる開眼供養ってどんな供養?

もしお墓を建てたら必要になる開眼供養ってどんな供養?

新しくお墓を建てることは初めてだという方がほとんどで、建てた後何をしたらいいのかわからないという方は少なくありません。お墓をただの石から魂の宿ったお墓にするために「開眼供養」という儀式があります。今回は、その開眼供養の基礎知識についてお伝えします。

もしお墓を建てたら必要になる開眼供養ってどんな供養?もしお墓を建てたら必要になる開眼供養ってどんな供養?

もしお墓を建てたら必要になる開眼供養ってどんな供養?

1、開眼供養とは?

僧侶

お墓を建てても何もしなければただの石でしかありませんので、そのただの石に魂をいれることが必要になります。魂を入れるために僧侶に読経をしてもらう儀式を開眼供養と言います。お墓の供養ですがお祝い事として行われるおめでたい儀式となります。お墓のリフォームをした時や改装でお墓を建てた場合は、納骨法要や年忌法要に合わせて行われることが一般的ですが、生前にお墓を建てた場合は完成時に開眼供養のみを行うこともあります。

またお墓だけではなく、仏壇や位牌を新しく購入したり移動させたりした時にも開眼供養は行われます。開眼供養は宗派や地域によって呼び方はさまざまで「御魂入れ(みたまいれ)」「御性根入れ(おしょうねいれ)」などと呼ばれることもあります。

2、納骨法要に合わせて開眼供養をする場合の流れは?

まず、開眼供養の日時を菩提寺の住職と相談しますが、スムーズに日程調整ができるように参列する方の都合のよい日も事前に聞いておきましょう。もし、菩提寺が近くにない場合やお寺との付き合いがない場合は、霊園または石材店に家と同じ宗旨・宗派の僧侶の紹介をお願いすることもできます。日程が決定したら参列者の方にお知らせをして出欠の確認をしておきます。また、石材店に連絡をして墓石に故人の戒名、俗名、没年月日などを法要の日までに刻んでもらいますが、当日も納骨の補助をしてもらわなければいけないので開眼法要の日時も知らせておきましょう。法要後は僧侶と参加者の方を会食に招きますので、会場と料理の手配も忘れずにおこないます。

3、開眼法要で準備するものは?

当日準備するものとしてお供え物や仏具などがありますが、宗派や地域、またお寺によって違ってきますので必ず事前に確認をするようにしてください。ここでは一般的に用意した方が良いとされているものを紹介します。まず、お供え物は、海のもの(ワカメやこんぶなど)、里のもの(大根、ニンジン、なすび、ピーマンなど)、山のもの(しいたけ、さつまいもなど)、そして季節の果物やお菓子、赤飯、白餅、米、塩、酒などと言われています。また他に準備するものとして、焼香台や焼香、お線香、ローソクなどの仏具がありますが、石材店が準備をしてくれることもありますので聞いてみましょう。

4、開眼供養の気になるお布施の相場は?

開眼供養ではお布施として謝礼を渡します。金額に決まりはなく宗派や地域によっても相場は違ってきますが、一般的には3万円から5万円と言われています。白い無地の封筒に入れて、お表書きには「開眼供養料」「入魂御礼」として渡しますが、お祝いごとなので紅白のご祝儀袋を使うこともあります。また、もしお寺の境内墓地以外で営まれた場合、表書きは「御車代」として別に渡します。相場はだいたい1万円で、タクシーであっても自家用車であっても同じように渡します。そして、法要後に会食がありますが、もし会食に出席できないということであれば、表書きは「御膳料」「御斎(おとき)料」としてお金を包みますが、これも相場はだいたい1万円と言われています。

まとめ

仏事関係は、宗派や地域性によって大きく違ってくることもありますし、特に普段なかなかない供養についてはわからなくて当然です。不安なまま当日を迎えることがないように、気になることや心配なことは石材店やお寺に相談して、安心して新しくお墓を建てた記念の1日を過ごしましょう。

もし、お墓が遠くてお困りの方は、お墓の引っ越し(改葬)を検討してみてはいかがでしょうか?

下記のページでは、実際にお墓の引っ越しを手がけている会社をご紹介しております。

どれくらいの費用がかかるのか?実際の事例を元に説明されておりますのでご覧ください。

お墓の引越し(移動)について詳しくはこちら

お墓の引越し(移動)の無料相談をする

もしお墓を建てたら必要になる開眼供養ってどんな供養?もしお墓を建てたら必要になる開眼供養ってどんな供養?