事前に把握しておきたい!通夜から火葬までの流れ

事前に把握しておきたい!通夜から火葬までの流れ

ご家族が亡くなると悲しむ間もなく、遺族としてお通夜・告別式を執り行う準備をしなくてはいけません。しかし、具体的にどのような流れで進んでいくのかがはっきりと分かっている方は少ないのではないでしょうか。経験のない通夜・告別式であっても流れがわかっていれば、少しは不安も軽減されるでしょう。今回はお通夜から火葬までの流れについて説明していきます。
事前に把握しておきたい!通夜から火葬までの流れ


事前に把握しておきたい!通夜から火葬までの流れ

1、お通夜の流れ

本来お通夜は、遺族や近親者が夜通しお線香の灯を絶やさないようにしながら故人を偲び故人と一晩過ごすものでしたが、最近では一般の弔問客でもお通夜に参列する人が多くなってきています。お通夜は一般的には18時から19時頃に開始されますが、遺族、親族はお通夜開始の2時間くらい前には集合しておきましょう。

(1)受付

お通夜の開始約30分前から受付を開始します。

(2)着席

お通夜開始15分前には遺族、親族は祭壇に向かって右側に故人と関係の濃い順に着席しておきます。弔問客は到着順に着席してもらいます。

(3)僧侶入場・読経・焼香・法話

お通夜の開始時間になったら僧侶が入場し、読経を行います。読経が始まってしばらくしたら喪主、遺族、親族の順にお焼香を行い、その後に一般の参列者がお焼香をします。読経、焼香終了後に僧侶による法話があります。

(4)僧侶退場

僧侶が退場し、喪主が弔問のお礼の挨拶をして、お通夜が終了します。お通夜の所要時間は約1時間です。

(5)通夜振る舞い

お通夜の後、弔問客へお礼の気持ちとして飲食を用意して故人を偲びます。各自が自由に取り分けられるお寿司やサンドイッチなどを準備しておきます。通夜振る舞いの時間は1時間から2時間程度です。地域によってはお茶とお菓子だけのところや折り詰めを持って帰っていただくところもあります。

事前に把握しておきたい!通夜から火葬までの流れ

2、葬儀・告別式の流れ

一般的にはお通夜の翌日に、葬儀・告別式が行われます。葬儀の1時間前に葬儀社と段取りなどの最終確認をします。この時に会葬礼状や会葬返礼品の準備、また弔電の名前や読む順番の確認もしておきます。

(1)受付

葬儀の開始約30分前から受付を開始します。

(2)着席

葬儀開始の15から20分前に、祭壇に向かって右側に喪主、遺族、親族の順に着席して、左側に関係者が着席します。

(3)僧侶入場・読経

僧侶が入場し着席したら、司会者より開式の言葉があります。

(4)弔辞・弔電の紹介

故人との最後のお別れの言葉である弔辞を頂き、その後に司会者が弔電を紹介します。

(5)焼香

僧侶の焼香のあと喪主が焼香をして遺族・親族と血縁の濃い順に焼香を行います。その後に一般の参列者がお焼香をします。

(6)僧侶退席

(7)喪主の挨拶

ここで喪主が挨拶をしますが、出棺のお見送りの時に挨拶を行う場合もあります。

(8)閉式

司会者より閉式の言葉があります。

3、出棺の流れ

告別式の後、出棺の準備をします

(1)最後のお別れ

祭壇から棺を降ろし棺の蓋を開けて、遺族や友人など故人と親しかった人が最後のお別れをします。この時、祭壇の生花で遺体のまわりを飾ります。その後、棺に蓋をして喪主から順番に釘打ちをします。

(2)棺を霊柩車へ

遺族や故人と親しかった人たちが棺を霊柩車に運びます。この時、喪主は位牌、遺族代表が遺影を持ちます。

(3)喪主挨拶

棺を霊柩車に運び入れたら喪主と遺族は会葬者に向かって並び、喪主が会葬者にお礼の挨拶をします。遺族代表が挨拶をすることもあります。

4、火葬の流れ

(1)火葬場へ移動

遺族や親族はタクシーや乗用車で霊柩車の後をついて火葬場に向かいます。葬儀社専用のマイクロバスを準備する場合もあります。火葬場に持っていくものは、位牌と遺影、そして忘れてはいけないのが火葬許可証です。

(2)火葬許可証の提出

火葬場の受付で火葬許可証を提出します。火葬許可証がないと火葬することができません。

(3)納めの式

棺を霊柩車から下ろしたら火葬炉の前に運びます。僧侶に読経と焼香をしてもらい、喪主から順に焼香をしていきます。

(4)火葬

合掌をして棺を火葬炉に納め、点火します。火葬にかかる時間は1時間から2時間くらいで、その間は控室に移動します。控室では、お茶やお菓子、折り詰めなどでもてなします。火葬の終了のお知らせがあるまでは控室で待機します。

(5)お骨上げ

遺骨をお箸で拾って骨壷に納めることをお骨上げといいます。火葬終了の知らせがあったら場所を移動しお骨上げをします。お骨上げは故人に手を合わせて、二人一組で長いお箸を使って拾い上げて骨壷に入れていきます。最後に喉仏を収めた骨壷は、葬儀場のスタッフが白木の箱に入れて白い布に包んでくれて喪主が受け取ります。

(6)埋葬許可証

受付で埋葬許可証を受け取ります。埋葬許可証は、墓地や納骨堂に納骨するために必要な書類となります。

事前に把握しておきたい!通夜から火葬までの流れ

まとめ

地域や宗派によって異なる部分もありますが、お通夜から火葬までの一般的な流れを紹介しています。あまり経験することがないことなのでわからないことも多く不安もあるでしょうが、それぞれの流れを知っておくことで少しは心の余裕もできるのではないでしょうか。今のうちにいろいろな知識を得て良いカタチでのお見送りができるようにしましょう。
事前に把握しておきたい!通夜から火葬までの流れ