遺品整理をしていたら母の遺言を見つけました。すぐに開封してよい?

遺品整理をしていたら母の遺言を見つけました。すぐに開封してよい?

遺言書という存在を知っていても、実際に故人の遺言書を見つけた場合にどう扱ってよいのかわからない、という人は多いのではないでしょうか。知らずに間違った扱い方をしてしまうと、のちのちトラブルに発生する可能性があります、いざという時に慌てることがないよう、遺言書の扱い方について知っておきましょう。 


遺品整理をしていたら母の遺言を見つけました。すぐに開封してよい?

よくある質問 遺品整理中に母の遺言を発見。すぐに開けて大丈夫?

母の死後、遺品の整理をしていたら「遺言書」と書かれた封筒を見つけました。書かれた字は間違いなく母の筆跡。中身がとても気になりますよね。

この場合、すぐに開けてしまっても大丈夫なのでしょうか。他でもない母の遺言書だから自分には開ける権利がある!と考える人もいるかもしれません。

でも勝手に開けて遺言書が無効になってしまったら?

自分だけ遺言書に書かれた財産を相続する権利がなくなってしまったら?

もしくはその場に他の兄弟がいて「自分が第三者として立ち会うから開けよう」と言ってきた場合はどうなのでしょうか。

遺言書を見つけた時のシチュエーションは様々です。それぞれのケースに合わせてどのような対応が正しいのか見ていきましょう。

回答 遺言は勝手に開けないようにしましょう。立会人の下、検認を受ける必要があります。

原則として、遺言書は見つけても勝手に開封してはいけません。

その場に自分以外の第三者がいたとしても同様です。遺言書は家庭裁判所で相続人等の立ち合いのもと開封されなければならないものです。

見つけ次第、速やかに家庭裁判所へ持っていきましょう。

家庭裁判所では「検認」という手続きを行います。これは相続人に対して遺言の存在と内容を知らせ、かつ内容を明確にして保存するためのもの。

遺言状の形式や内容を検認調書に記載して遺言書の偽造や変造を防止する役割があります。

知らずに検認前にうっかり開けてしまったとしても、遺言書が無効になったり相続する権利が消失したりすることはありませんので、安心してください。なるべく早く裁判所へ持っていき検認してもらいましょう。

ただし封印のある遺言書を検認せずに勝手に開けてしまった場合には、遺言書の手続き違反として裁判所から5万円以下の過料に処せられる可能性があります。

<相続権を失ってしまうケース>

遺言書を開封しただけで相続権を失うことはありませんが、その遺言書に自分に不利なことが書いてあったからといって偽造したり、隠したり、破棄した場合には「受遺欠格者」とされ遺言書の利益を受ける資格を失います。

遺言は法定相続分よりも優先される、故人の遺志を反映した大切なもの。遺言書を害すればそれ相応の処置がとられますので注意が必要です。

回答の解説①:遺言の封をしていない場合

ではもし見つけた遺言書に封がしていなかったり、封はしてあっても封筒の見た目だけでは遺言書とは分からなかったりするようなケースはどうでしょうか。

この場合は遺言書を開けてしまってもその行為自体を禁止する法律がないため特に問題にはなりません。

5万円以下の過料が発生するのはあくまで封印された遺言書の場合です。

封印とは、封をした箇所に押印があったり、証紙が張られていたりすることを指します。封をしていない遺言書や封印がなくただ糊付け等で封をしてあるだけの遺言書は、開けてしまっても違反にはならないのです。

ただし、封のしていない遺言書であっても検認の手続きは必要です。

すでに相続人が遺言書の内容を読んでしまっていたなら、わざわざ検認する必要なんてあるの?と思う人もいるかもしれません。しかし検認は遺言書の状態を明確にして保存するために行う大切な手続きです。

忘れずに家庭裁判所にて行ってください。

回答の解説②:公正証書遺言書の場合

遺言書には、全文を自分で書く自筆証書遺言書のほかに公正証書遺言書というものがあります。

これは公証役場で公証人に作成してもらう遺言書のことです。作成手数料がかかる、証人の立ち合いが必要など自筆証書遺言書に比べてお金と手間がかかりますが、原本を公証役場が保管してくれるため紛失や改ざんの心配がなく、確実な遺言方法であるとされています。

公正証書遺言書は、封筒や遺言書に「公正証書」という文言が入っていますので見てすぐにわかります。そして公正証書遺言書の場合は、開封してしまっても問題ありません。なぜなら遺言書の原本は公証役場に保管されており、内容もすでに把握されているからです。

また同様の理由から検認も必要ありません。遺言書の存在が明らかになったらそのまま遺産を確認して相続手続きを開始できますので、相続人にとって余計な手間がかからずに進めることができます。

まとめ

遺言書は、公正証書遺言書でない限りは家庭裁判所で開封と検認をしてもらいましょう。例え母の遺言書であっても、勝手に開けてしまうと場合によっては罰則が発生することも。余計なトラブルを避けるためにも、正しい対応法を知ってくことが大切です。