【よくある質問】相続分と遺留分の違いがよく分かりません。

【よくある質問】相続分と遺留分の違いがよく分かりません。

相続分と遺留分の違いってなんですか?とよく聞かれますので、違いをまとめました。

【よくある質問】相続分と遺留分の違いがよく分かりません。

よくある質問

相続について勉強しています。遺留分とは相続分の中に含まれる財産という認識で合っていますか?

回答

合っています。遺留分は法定相続分の2分の1となっていますが、直系尊属のみが相続する場合は3分の1となっています。(民法第1028条)

配偶者を例にあげて遺留分の割合を考えてみましょう。配偶者の法定相続分は2分の1です。そして配偶者は直系尊属ではないため2分の1が適用されます。そのため、配偶者の遺留分は1/2×1/2で4分の1となります。

回答の解説①:遺留分:相続人の相続を遺言から一定割合守る制度

遺留分とは【相続人の相続を遺言から一定割合守る制度】のことです。

もし遺言書で長男1人だけにすべての財産を相続することが書いてあったとします。もちろんこの遺言は有効になりますが、この遺言書のまま相続が実行されてしまうと残された家族が相続財産を受け取ることができません。

残された家族が相続財産を受け取ることができなければ、生活することができなくなってしまうかもしれません。そのような事態になることを避けるために、【遺留分】という制度によって相続人の平等が保たれているのです。

回答の解説②:遺留分の権利行使は相続開始から1年以内

遺留分の権利行使は【相続開始から1年以内】となっています。法定相続分から遺留分を取り戻す権利のことを「遺留分減殺請求権」といいますが、

相続開始から1年以内に遺留分減殺請求権を行使しないと、遺留分を取り戻すことができなくなってしまう点で十分な注意が必要です。

※遺留分・相続分についてや、それぞれの違いについての詳細は、下記サイトをご参照ください。

遺留分を知らないと相続財産を1円ももらえない可能性も?

相続分を知らないと本来の取り分が貰えない可能性も!?

間違いやすい!【法定相続分】と【遺留分】の意味を図で徹底解説