夫が亡くなり生命保険の死亡保険金を受け取りました。相続税の支払いはありますか?

夫が亡くなり生命保険の死亡保険金を受け取りました。相続税の支払いはありますか?

夫が亡くなり生命保険の死亡保険金を受け取りました。相続税の支払いはありますか?

よくある質問 夫が契約者で加入していた生命保険から死亡保険金を受け取りました。相続税の対象ですか?

回答

生命保険料の全部または一部を【亡くなった方が支払っていたのであれば、相続税の支払いの対象】になります。

生命保険料を誰が支払っていたかによって、相続税の対象となるかそうでないかが決まります。

<1.生命保険の契約者と支払者が夫で受取人が妻の場合>

契約者と支払者、受取者をそれぞれ分けると以下のようになります。

・生命保険の契約者:夫

・生命保険の支払者:夫

・生命保険の受取者:妻

この場合は生命保険料を支払者が夫になっているため、妻が受け取る生命保険料は【相続税】の対象となります。 

<2.夫以外の第三者が生命保険料を全額支払っていた場合>

先ほどと同じように、契約者と支払者、受取者をそれぞれ分けてみましょう。

・生命保険の契約者:夫

・生命保険の支払者:第三者

・生命保険の受取者:妻

生命保険の支払者は夫ではないため、妻が受け取る生命保険料は【贈与税】の対象となります。

<3.妻が生命保険料を支払っていた場合>

妻が生命保険料を支払っていた場合は、以下のようになります。

・生命保険の契約者:夫

・生命保険の支払者:妻

・生命保険の受取者:妻

生命保険料は妻が支払っているため、妻が受け取る生命保険料は【所得税】の対象となります。

回答の解説①:死亡保険金の非課税枠について

死亡保険金には、相続税がかからない非課税枠が設定されています。

先ほどの例でいうと、夫が契約と支払いをしていた生命保険を妻が受け取った場合が1の場合に死亡保険金の非課税枠を適用することができます。それ以外の2と3の場合は相続税の対象ではないため、死亡保険金の非課税枠を適用することはできません。

死亡保険金の非課税枠は、以下の計算式で求めることができます。

500万円×法定相続人数=死亡保険金の非課税枠

たとえば夫の死亡により、妻と子ども2人が法定相続人となる場合で考えてみましょう。この場合の法定相続人は3人となるため、死亡保険金の非課税枠は1,500万円(=500万円×3人)となります。すべての法定相続人が受け取った生命保険料を足し合わせた額が1,500万円までなら、相続税がかからないことになります。

 また、子どもが夫の生命保険の受取人になっておらず妻しか受取人になっていない場合でも、法定相続人は3人で計算する点で注意が必要です。

 回答の解説②:死亡保険金に相続税がかかる場合

死亡保険金に相続税がかかる場合は、【死亡保険金の非課税枠を超えた場合】となります。

上記のように法定相続人が3人の場合、死亡保険金の非課税枠は1,500万円となります。法定相続人の受け取った死亡保険金がそれぞれ以下のとおりだったとしましょう。

・妻:700万円

・子ども1:700万円

・子ども2:700万円

3人が受け取った死亡保険金の合計額は2,100万円となるため、【非課税枠1,500万円を超えた600万円(=2,100万円-1,500万円)に対して相続税がかかる】ことになります。

それぞれの相続税課税額は、以下の計算式で求めることができます。

その相続人が受け取った死亡保険金額-非課税枠×その相続人が受け取った死亡保険金額/すべての相続人が受け取った死亡保険金額

上記の計算式に3人が受け取った700万円を当てはめると、相続税が課税される死亡保険金は200万円(=700万円-500万円×700万円/2,100万円)となります。

また、死亡保険金の受け取りが妻だけになっている場合に子どもが死亡保険金を受け取った場合は、【妻は相続税、子どもは贈与税が課税】されます。

たとえば、妻が2,100万円の死亡保険金を受け取り、法定相続人は妻と子ども2人だった場合の死亡保険金の非課税枠は1,500万円となります。そして死亡保険金2,100万円を上記のように700万円ずつ分けた場合、妻にかかる相続税は200万円となり、子どもにかかる贈与税は700万円で計算することになります。そして、贈与税にも110万円の非課税枠があるのでこれを適用すると、子どもは590万円(=700万円-110万円)に対して贈与税がかかることになります。