【よくある質問】相続税対策をしたいのですが、何をすればいいか分かりません。一般的な方法を教えてください。

【よくある質問】相続税対策をしたいのですが、何をすればいいか分かりません。一般的な方法を教えてください。


【よくある質問】相続税対策をしたいのですが、何をすればいいか分かりません。一般的な方法を教えてください。

よくあるご質問:相続税対策をしたいが、具体的に何をすればいいか教えてください。

回答:生前贈与と生命保険の死亡保険金という方法なら比較的簡単に始めることができます。

どちらも【税金がかからないボーダーラインが設定されている】という点で共通しているからです。

それでは、

・生前贈与

・生命保険の死亡保険金

それぞれの相続税対策について、詳しく解説していきます。

回答の解説①:生前に毎年110万円以下を贈与すれば非課税

生前贈与とは【生前に毎年110万円以下を贈与すれば非課税】となることを言います。

まず相続税をかからないようにする大前提として、遺産総額を減らしておくという考え方があります。遺産総額を減らす方法として土地や建物を売却するという考え方もありますが、結局は現預金が増えてしまうため簡単に資産を減らすことはできません。

しかし贈与するという方法であれば自分以外の人にプレゼントすることになるため、簡単に現預金といった資産を減らすことができます。

そして、【贈与される人が受け取る金額が1年間で110万円以下であれば贈与税がかからない】という性質があります。おじいちゃんがお孫さん10人に100万円ずつのお年玉を渡せば、一度に1,000万円の現金を減らすことができます。このようにすることで、

・贈与する側は遺産総額を減らして相続税をかからないようにすることができる

・贈与を受ける側は税金がかからない範囲で現金を受け取ることができる

という2つのメリットが生まれることになります。

ただし、贈与を受ける側は1年間で110万円を超える贈与を受けると贈与税がかかる点で注意が必要です。たとえば、1人の孫が父方の祖父と母方の祖父からそれぞれ100万円ずつ受け取った場合、総額200万円となるため、110万円を引いた90万円に対して贈与税がかかることになります。

生前贈与の関連論点については、下記サイトをご参照ください。

相続税の節税対策で重要な論点となる生前贈与加算とは?

保険を使った生前贈与の相続対策とは?

非課税枠110万円以内の生前贈与でも課税されることがある?

回答の解説②:死亡保険金には一人につき500万円の非課税枠

生命保険の死亡保険金には【死亡保険金には一人につき500万円の非課税枠】があるため、相続税がかからずに済みます。

死亡保険金の非課税枠を使わずに単純に500万円の現金が相続されることになれば、普通に相続税がかかってしまいます。

しかし【500万円の現金を死亡保険金という形に変える】ことによって、相続税をかからないようにすることが可能なのです。生命保険なら今すぐ契約することができるため、簡単に相続税対策をすることができるのです。

死亡保険金の関連論点は、下記サイトでご参照ください。

死亡保険金に対する税金で相続税は発生するのか?

生命保険による相続税対策のメリット・デメリット