死亡保険金で500万円を受け取りました。遺産分割の時に特別受益として差し引かれるべきですか?

死亡保険金で500万円を受け取りました。遺産分割の時に特別受益として差し引かれるべきですか?


死亡保険金で500万円を受け取りました。遺産分割の時に特別受益として差し引かれるべきですか?

質問:父の遺産を母と兄弟二人で分割します。遺産と別に私宛に死亡保険金が500万円おりました。兄は500万円を差し引いた額を分割すべきと主張します。

回答

遺産に対する死亡保険金の割合により異なります。

原則、死亡保険金は遺産ではありません。けれども、遺産に対する死亡保険金の割合などによっては、『特別受益の持ち戻し』が適用される場合があります。

回答の解説①:原則、死亡保険金は遺産として扱わない

死亡保険金は、民法903条が定める『特別受益』とはみなされません。

『特別受益』とは、共同相続人の公平を保つための法律です。共同相続人の1人または1部の人が、被相続人から遺贈や贈与を受けた場合に、それらの金額(特別受益額)を相続額から差し引くことを『特別受益の持ち戻し』といいます。

死亡保険金が『特別受益』とみなされないのは、保険金を受け取る権利が、保険契約者ではなく受取人であるからです。

保険金は『受取人固有の財産』として扱われます。また、保険契約者が支払った保険料と死亡保険金には等価関係はありません。これは、死亡保険金の請求権が発生するのが、被保険者が亡くなったときのみだからです。

これらの点から、遺産分割の際にあなた名義の死亡保険金が、あなたの相続額から差し引かれることは原則的にはありません。

回答の解説②:相続人間の不公平を無視できない特段の事情があるか

原則、遺産として扱われない死亡保険金ですが、共同相続人との間に大きな不公平が生じることがあれば、民法903条が類推適用される場合があります。

平成16年10月29日の最高裁判所の判決では、共同相続人間に無視することができない『特段の事情』がある場合は、民法903条の類推適用により死亡保険金を『特別受益の持ち戻し』の対象とするべきだとしています。

『特段の事情』というのは、遺産に対する死亡保険金の割合、同居の有無、被相続人への介護等の貢献度、共同相続人と被相続人の関係、共同相続人の生活実態などです。これまでの判例で『特別受益の持ち戻し』となったのは、死亡保険金が遺産額の半分を超える場合が多いです。

今回の質問の場合、死亡保険金が500万円なので、遺産額が1,000万円以下の場合には『特別受益の持ち戻し』になることも考えられます。

<計算例>

  • 遺産額が5,000万円の場合

1.死亡保険金が『特別受益』とみなされない場合の法定相続額

お母さん:5,000万円x 1/2 = 2,500万円

お兄さん:5,000万円 x 1/2 x 1/2 = 1,250万円

質問者:5,000万円 x 1/2 x 1/2 = 1,250万円

2.死亡保険金が『特別受益』とみなされた場合の法定相続額

死亡保険金が『特別受益』とみなされた場合、法定相続額は、遺産に『特別受益』を加えた金額(みなし相続財産)をもとに計算します。

・みなし相続財産:5000万円+500万円=5,500万円

・相続額

お母さん:5,500万円x 1/2 = 2,750万円

お兄さん:5,000万円 x 1/2 x 1/2 = 1,375万円

質問者:5,000万円 x 1/2 x 1/2 = 1,375万円

この場合、質問者の実際の受け取り金額は、死亡保険金を差し引いた額(1,375万円-500万円=875万円)になります。

遺産額が5,000万円の場合、死亡保険金額の500万円は遺産額の10%です。ですから、原則『特別受益』にはならず、質問者は死亡保険金と法定相続額1,250万円を受け取る権利があると考えられます。