あなたは遺留分権利者?遺留分を請求できるのは誰か?

あなたは遺留分権利者?遺留分を請求できるのは誰か?


あなたは遺留分権利者?遺留分を請求できるのは誰か?

1.遺留分とは

遺留分とは、民法で規定された法定相続分のうち、遺言書に内容に関係なく相続することができる部分(遺言によっても侵害されない相続分)をいいます。

民法上、被相続人(亡くなった方)が有効な遺言書を作成している場合は、遺言書の内容どおりに遺産が相続されるのが原則です。

しかし、例えば、被相続人に子供が三人いる場合に、「全財産を次女に相続させる」という遺言書が存在したとしても、他の子供たちが何も言えないわけではありません。この場合、他の二人の子供は、遺留分権者として、遺留分を有しており、相続財産の一定の割合について相続する権利が認められているのです。

遺留分についての、詳細は下記の記事をご参照ください。

相続発生前に絶対に覚えておきたい『遺留分』の知識

遺留分を知らないと相続財産を1円ももらえない可能性も?

間違いやすい!【法定相続分】と【遺留分】の意味を図で徹底解説

代襲相続できるけど、遺留分はない?代襲相続と遺留分の注意点を理解しよう。

遺留分減殺請求で貰えるはずの財産は全て取得しよう!!!

 

2.遺留分権者と遺留分の割合

定相続人のうち遺留分を有するのは、兄弟姉妹以外の法定相続人です(民法1028条)。

つまり、配偶者や子、直系尊属(父や母等)が遺留分を有することになります。ただし、相続放棄をした者、相続欠格事由がある者、廃除された法定相続人は、遺留分を有しません。

また、遺留分の具体的な割合は、通常、法定相続分の半分とされています(民法1028条)。例えば、妻と子供二人が相続人の場合、法定相続分はそれぞれ妻2分の1、子がそれぞれ4分の1ずつですから、遺留分は、妻4分の1、子はそれぞれ8分の1ということになります(直系尊属のみが相続人の場合は、法定相続分の3分の1となります)。

あなたは遺留分権利者?遺留分を請求できるのは誰か?


監修専門家



4000人以上に選ばれている 相続専門の業界大手税理士事務所