遺留分減殺請求は弁護士に頼まないと絶対に損をする5つの理由

遺留分減殺請求は弁護士に頼まないと絶対に損をする5つの理由

いざ遺言書を開くと思いもしない内容であった、ということが少なからずあります。

不条理な遺言書に対し対抗する手段として、「遺留分減殺請求」があります。

遺留分減殺請求をしたい場合は、弁護士に依頼することが解決への近道です。

この記事では、遺留分に関する基本的な知識と、弁護士に依頼する5つのメリットについて解説します。

遺留分減殺請求は弁護士に頼まないと絶対に損をする5つの理由

 1.遺留分(いりゅうぶん)とは?

 遺留分とは、法定相続人(兄弟姉妹を除く)が最低限受け取ることができる財産を指します。

相続財産は、基本的に被相続人(相続財産を残して亡くなった方)の意思を尊重し、遺言に従って行われるべきではありますが、残された家族の生活を保障するためにも、遺留分が認められています。

そのため、仮に遺言によって一人の法定相続人が相続財産を全て取得するように指定され、遺留分を侵害されてしまったとしても、法定相続人は少なくとも遺留分に相当する額については受け取る権利を有しています。この権利を主張するのが遺留分減殺請求で、これは法律によって保障されている権利なのです。

遺留分の詳細については、下記サイトをご参照ください。

遺留分を知らないと相続財産を1円ももらえない可能性も?

間違いやすい!【法定相続分】と【遺留分】の意味を図で徹底解説

相続発生前に絶対に覚えておきたい『遺留分』の知識

 2.遺留分減殺請求を弁護士に依頼する5つのメリット

冒頭で遺留分減殺請求は弁護士に依頼することがおすすめだと述べました。その理由を解説していきます。

(1)解決へのノウハウを持っている

遺留分減殺請求って、具体的に何をすればいいのだろう?

専門知識のない方にとって、まずは何をすべきか、次に何をすべきか、その筋道を描くことは難しいのではないでしょうか。そのため、漠然と不安を抱く方も少なくありません。

遺留分減殺請求に際しては、

相続人の調査

遺留分の計算

内容証明郵便で請求

遺留分減殺請求調停で請求する

遺留分減殺請求裁判を起こす

といったステップを踏む必要があります。こうした一つ一つの手順に沿って、依頼者の立場や考え方を踏まえた上で解決策を導きます。

(2)相手と直接話し合いをしなくて良くなる

親族間とは言え、お金の話って気が進まないですよね。

弁護士に依頼をすれば、弁護士自らが窓口になってくれます。

そのため、自ら相手に話し合いを求めたり、相手からの要求に時間を割いて耳を傾けたりする必要がなくなります。それだけでも精神的な負担はかなり軽減されるでしょう。

(3)法的手段を使って解決を導くことができる

話し合いによる解決ができない場合は、家庭裁判所による調停が行われます。

調停の場では、家庭裁判所の調停員や弁護士が相続人間の話し合いを進めます。

相手が遺留分について理解していない場合や、全く譲歩しない場合は、このような法律に沿った建設的な話し合いが有効だと言えます。

また、調停でも解決が図られない場合は、裁判へと移行することになります。弁護士は裁判のプロです。裁判所には弁護士が足を運ぶため、依頼者は出廷する必要はありません。

(4)書類の作成など、煩雑なことは丸投げできる

相続人同士の話し合い、調停、裁判。どの段階でも必要となるのがさまざまな書類の作成です。

専門家でなければ、どのようにして入手し、どのように記入すべきかなどわからないと思います。ご自身で調べたり作成したりしようとする方もいるのですが、時間がもったいないです。弁護士なら、書類の作成については熟知しています。

(5)精神的な拠り所となる

相続問題には、根気が必要です。正当な遺留分の権利を主張するには、多大なストレスを抱えることになるかもしれません。そんな中、雑務を担ってくれるだけでなく、ゴールへ導き、相談相手にもなる弁護士は心強い味方となってくれるはずです。

3.遺留分減殺請求を弁護士頼む場合いくらかかる?

弁護士費用は、ケースによって異なります。

事例をもとに下記サイトで解説しておりますので、費用が気になる方は、是非ご参照ください。

遺留分減殺請求を弁護士に頼んだ場合にかかる費用は?【事例付】

まとめ

遺留分減殺請求は、法定相続人に法律上保障されている権利です。そのため、適切な手続きを踏めば必ず成功へ導くことができます。悩む前に、実績や経験を持った専門家の力を借り、解決への一歩を踏み出しましょう。